ダボス会議とは? 為替・金融FX用語解説

今年、よく話題になっていた言葉、「ダボス会議」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「ダボス会議」は「World Economic Forum」というらしいですが、会議がダボスというところで行われるので、こんな呼び名だそうです。

世界中から黒田日銀総裁クラス(やそれ以上)の偉い人、セレブ、VIPがが集まって行う会議です。

為替市場の用語集はこちら

ダボス会議の基本的な意味


世界の頭脳が集まって「これからの世界」をより良くする話し合いをする会議です。

ダボス会議の歴史や場所

場所は、「どうせやるなら景色がよくてバケーションも兼ねられるような場所でやろうよ」ということで、スイスのダボスに決まったらしいですよ(;’∀’)

そうとう素敵な観光地らしいです。さすがVIP。

WEF創設者スイスの経済学者クラウス・シュワブ

主催者 WEF(World Economic Forum)世界経済フォーラム
WEF創設時期 1971年
開催場所 スイスの観光地ダボス
開催時期と期間 毎年1月末に4日間ほど行われます(2014年までは5日間だったらしい)
主な出席者 各国の財界人、政府関係者、学者。黒田日銀総裁、イエレンFRB議長、ドラギECB総裁も居ましたよ!
出席者は何人? 91か国から2,500名を超えるVIPが集まる!
なんの会議?話し合い内容 世界、地域、産業をより良くするようなことが話し合われます

ダボス会議での黒田日銀総裁の様子

ニュースで、イエレンさんとドラギさんと3人で過ごしている様子がよく報道されていましたね。

空気の良さそうな観光地で、機嫌よく笑っておられました。

2016年の後半、利回り曲線(イールドカーブ)をコントロールするなどの日銀の政策を見直していましたが、2017年になっても続けることが決まっていました。日銀は特に注目されていない時期でしたから、気持ちも重くなかったのかもしれませんね(;^_^A

ダボス会議での要人発言

黒田日銀総裁 「世界経済は転換期にあるようだ。世界の経済成長率、商品相場、インフレ期待、長期金利が昨年上期にそろって底を打ったのは 偶然ではない」
イエレンFRB議長 「次回利上げの時期については言えない」「次回利上げは今後数カ月の経済次第」
ドラギECB ダボス会議中にあったECB総裁会見の発言のほうが、報道されました。「インフレは際立って上昇」というような発言でした。利上げを期待させる発言だったので、今年前半はよくユーロが上がったな~と思い出します。

ダボス会議で話し合われた印象的な内容


2017年の1月には、20日にはトランプ大統領の新政権が誕生、そして前の年にはイギリスでユーロからの離脱が決まったというのでそういう話題も出たようです。

でも本題は、未来の世界。

大昔には、手で仕事をしていたのに、機械がするようになってから、時代は過ぎて、今は「第4次産業革命」の時代だそうです。

そこで、未来の新しい技術も話題にのぼりました。バイナリーオプションと直接関係ないのですが、面白いのでちょっとあげてみますね(‘ω’)ノ

スマートシティ街がインターネットで繋がっていて信号機さえなくなるビットコインダボス会議の参加者の58%が「この技術(ブロックチェーン)が、今後GDPに影響する」と答えましたデザイナーベビー遺伝子を人工的に設計した赤ちゃん。怖い( ;∀;)

体内埋め込み技術 体のなかに小さなスマホみたいな機械を埋め込んで、自動で健康診断や通信なんかをしてくれるという技術
ウェアラブル・インターネット インターネットに繋がっている服など

ブロックチェーンというのは、ビットコインのような仮想通貨を決済する技術です。

用語集です

ダボス会議は、海外バイナリーオプションにどう関係するか?

こんなふうにすごい未来っぽい話し合いがあったダボス会議ですが、バイナリーオプションには関係するでしょうか。

関係するとすれば、こういう最新技術に強い国や企業が発展すれば、バイナリーオプションでも「上」を買うタイミングを見つけやすいみたいなことでしょうか。

アマゾンは自動運転を研究していますし、Googleもです。アメリカ経済にとって良いので、ドル/円には良い話です。
それから、ビットコインのような仮想通貨の技術がそうとう進んでいるようです。バイナリーオプションでビットコインのある業者もありますね。

バイナリーオプションなので、タイミングはまた別になりますけど。

ダボス会議まとめ

中央銀行総裁もにこやかに参加したダボス会議でしたが、びっくりな最新技術も話し合われました。

バイナリーオプションに対しては、中央銀行総裁の皆さんも為替を強く動かすような発言はされず、無難に終わった2017年のダボス会議だったのでした。

ダボス会議に関係する専門用語解説

ダボス会議・・世界経済フォーラムのこと。世界中から経済界ほかのセレブが集まる。企業、団体あわせて1200以上といわれている。
WEF・・World Economic Forumの略。非営利の公益財団である。1971年創設。
ビットコイン・・仮想通貨のひとつ。最初に考え出されて数も多い。
ブロックチェーン・・ビットコインのような仮想通貨を流通させる通信方法

用語集も見てね。

バイナリーオプションランキングへ

↓ブログ村に再参戦する事にしました。目標500in!※1500in以上のブログは注意(*´ェ`*) にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
7位 プライベートオプション
最近できた(?)、シンプルで使いやすい業者!!
7位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ