原油安とは? 為替・金融FX用語解説

為替市場と原油安はどう関係あるのか?初心者向けファンダメンタルズの解説です。

2017年の最初くらいまで「原油安」になると、ドル/円も安くなっていましたが、最近はあまり関係なくなっているようです。

為替市場の用語集はこちら

原油安の基本的な意味


「原油安」は、「原油が安い」という意味です。

でも「どこで取れた原油?」「いくらなら安くないの?」などなど疑問がいっぱいです。
当然、バイナリーオプションとどう関係してくるかも気になります。

原油安の「原油」とは?

原油というのは、掘ったら出てくるガソリンとかの原料のことで、みんな知っていると思います。で、為替市場などで市場関係者が見ていろんな取引の基準にしている価格があるのですが、これです。

国際指標は「米国産標準油種価格」で、「WTI」と呼ばれているものです。

でも、チャートを見たいなと思って「WTI価格」とかで検索してしまうと、上の図のサイトみたいにちょっと難しそうなところが出てきます。

それよりも楽天証券とかのチャートが見やすいかもしれません。
ローソク足を使ってあります。

それから、日本経済新聞のオンラインサイトでも「海外商品先物・現物」というところがあります。ここはチャートが見られないのが残念。

で、これは「先物価格」といって現物の原油の価格とは少し違うのですが、為替市場で気にされるのはこちらです。
先物の意味はあまり考えなくてOKです。

つまり「WTIっていう先物価格を見ておけばとりあえずOK」ということになります。

原油安チェック用一覧表

もし、為替に対して原油安が影響しているみたいなニュースが気になったら、この一覧表を見てください。
先物価格なので「NY原油先物12月限」というように書いてあります。この「12月」というのは先物についている宿命的なもの。必ず何月かがついているのですが、気にしなくて大丈夫です。

見る原油価格 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)
どこで取引してるやつ? ニューヨーク・マーカンタイル取引所の先物市場です。アメリカです。
どのくらいで安いと言われる? 2007年のリーマン・ショック以来は、50ドルが気にされるようです。52ドルなのに50ドルに近づいたら「下がった」と危機感を持たれます。アメリカの石油会社が長期に渡って維持できる価格が50ドルといわれています
原油安の理由は? 2016年くらいまでは、アメリカに対しシェールオイルという材料で儲けさせないように、中東各国がわざと原油を安くしていました。2017年になってだいぶ修正されてきました
バイナリーオプションにはどう関係する? ドルに影響します。あまりにもひどい原油安が続くと、ドル/円が下がります

まとめると、為替市場で騒がれる原油安の価格は、この2つです。この価格になれば、ドルが弱くなる理由になります。

・WTI原油が50ドル以下だと石油会社が困る
・WTI原油が30ドル以下だとアメリカのシェールオイル工場が困る

他によく出てくる原油の種類


「原油価格」で検索するとWTIの他にもいろいろ出てきます。
バイナリーオプションにはまず関係してきませんが、ニュースで「ドバイのオイル」とか出てくると頭がごちゃごちゃになるので、いちおう簡単な解説だけしておきますね(‘ω’)ノ

ここはざーっと見ておくだけでOKです(‘ω’)ノ

WTI ニューヨーク市場の先物価格
ドバイ 東京の業者間取引のスポット現物先渡し原油価格
ブレント ロンドン市場の先物価格

そうだ!

「ブレント」は海外バイナリーの銘柄に入っていたりするので、ここで知っておくと良いかもしれないですね(‘ω’)ノ

原油安に関係する話題の出来事OPEC「減産」


一覧表で「アメリカ産のシェールオイル」というのが出てきたので、ちょっと説明します。

シェールオイルというのは、近年になって採掘できるようになったアメリカ産の石油です。採掘しにくいところにあったのが、技術の発達で採掘できるようになったのです。

しかし、それまで大儲けをしていた石油王の国々、は「ライバルを潰したい!」と考え始めました。

OPECというグループに入っている国は、とうとう 「それなら俺たちは石油の採掘を増やして、価格を下げてしまおう」と増産をしたのです。

これが、為替市場の人たちも困っていた「原油安」の流れでした。

原油安を誘導した「減産」は現在落ち着いた


こんなふうにOPECの国々が「アメリカのシェールオイル潰し」をして、原油価格が下がり、経済が悪化しそうだということでドルの価格も下がりました。

アメリカのシェールオイルは採掘にお金がかかります。

「原油価格30ドルで採算が取れる」とされているので、一定以上下がればアメリカ経済が危機に陥ります。そこで、OPECに対し「減産してくれ」とお願いをしました。

2017年、「減産」の約束ができて、最近は原油価格は上がりつつあります。

一時はWTIが27ドルくらいになっていましたね。

原油安は、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

業者によっては「OIL」という銘柄もあるから、たまにはチェックしても良いのかな?

で、今は「シェールオイル潰し」の原油安はある程度落ち着いてしまいました。

また今度「サウジアラビアが原油をすごく増産してるぞ?!」みたいなニュースがあれば、「ドル/円をトレードするときは一応、注意しておこうかな」って気を付けておけばいいかな?!

海外バイナリーといっても原油銘柄を直接、トレードする人はあんまりいないと思うけど、やるなら最初に書いた楽天のページとかをチェックしてみてください(‘ω’)ノ

原油安まとめ

電気自動車の時代が来るといっても、まだまだ世界経済には影響大な原油価格。

WTIって言葉だけでも覚えて帰ってくださいね~(笑)

原油安に関係する専門用語解説

原油安・・原油が安くなること。基準はWTIの価格。
WTI・・ニューヨークの商品取引所で取引されている原油の先物価格。世界的な指標。
OPEC・・石油輸出国機構の略。産油国の利益を守るために結成された組織。
シェールオイル・・シェールという層に含まれている石油の一種。

用語集も見てね。

バイナリーオプションランキングへ

↓ブログ村に再参戦する事にしました。目標500in!※1500in以上のブログは注意(*´ェ`*) にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
7位 プライベートオプション
最近できた(?)、シンプルで使いやすい業者!!
7位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ