為替介入とは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「為替介入」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「為替介入」といえば為替が大きく動くイメージあります。

用語集
MT4の用語集を探している人はこちらへどうぞ

為替介入の基本的な意味と疑問


為替介入とは、

なにか困ったことがあるときに、通貨当局が為替市場で売買をすることです。ドル/円のレートがボーンと変わったりします

この目的は、為替相場に影響を与えること。国の経済的危機のときなどに行われます。
別名「外国為替平衡操作」。

日銀では、こんなふうに説明されています。なかなかシンプルでわかりやすい説明です。

為替介入とは、一般に、通貨当局が外国為替市場において、外国為替相場に影響を与えることを目的に外国為替の売買を行なうことを言います。

為替介入は誰が実行する?

日銀の為替介入のページ

為替介入は、財務大臣の権限で行われます。なので、「介入やりましたよ~」という発表は財務省のホームページにあります。
為替介入の実施状況(外国為替平衡操作の実施状況)

実際は、日銀が動きます。主に、

「円高になりすぎている!レートを変えないと!円安にしないと!」という理由です。

為替市場って莫大な額がいつも動いているので、それを動かすとなると日銀のほうも大金を使わなくてはなりません。よく何兆円とかいってますね。

国を挙げての大騒ぎのイメージはここから来ているのかも(;^_^A

為替介入の目的は?どんな種類がある?

これまでにも書いたように、為替介入の目的は「為替相場を動かすこと」です。

「円高になりすぎたから、円安にしないと!!!」

という目的なら、日銀が

単独介入 1国だけで為替介入すること
協調介入 複数の国で為替介入すること。

この一覧にない口先介入、覆面介入は厳密には公の意味とは違います。

口先介入は要人発言によって為替が動くときにいいますが、その要人がそのつもりがなくてもニュースだけで勝手にそういわれてしまうこともあります。

覆面介入は、単独介入の一種です。介入をしていることを発表せずに行うことです。それでも、後で「○○日に為替介入をしました」という発表があるので、介入があったことがわかります。

為替介入は勝手に何度もやっていいことなの?

たとえば、円の相場を変えたくて日銀が為替介入をすると、ほかの通貨にも影響を与えます。

そうすると外国から文句を言われます。普通は、他国に気を使ってするべきものなのです。

(ぜんぜん気を遣わず無視してやってる国もありますね)

過去に印象に残った各国の為替介入


きゃべつ目線なので、「あれがないぞ?!」というのがあればごめんなさい。

2011年、東北大震災のときの協調介入 2011年3月11日、東北地方に未曽有の大震災が起こりました。この後、為替市場も混乱し円が買われすぎ歴史的な円高になりました。そこで、日本以外のG7各国も為替介入をして、なんとか円高をおさめたのです。1度では思うように動かせなかったため、数回にわたって行われました
スイスの継続的な為替介入 2015年まで、スイスは対ユーロで1.20スイスフランになるように介入を続けていました。そして突然やめてしまいました。市場が大混乱し、廃業に追い込まれたFX業者も出ました。その後、また何度も「介入をする」と平気で言っています
現在の中国の為替介入 どの国も自国通貨が安いほうが良いのです。中国は何年も元が安くなるように介入を行っていました。ただし、2016年ごろから元が対ドルで安くなりすぎたため、元買いの介入をして元高にしたりしています。

これをまとめていて思い出したのですが、アメリカのトランプ大統領は、日本と中国を「為替操作国」といって文句を言っていましたね。

為替介入は、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

為替介入をそのままバイナリーオプションで利用することはできません。

為替介入の情報を手に入れても、相場の荒さがわかる程度になります。

為替介入は、たま~に事前に知れ渡ることがあります。しかし、事前に知られると思うように為替レートを動かせないので、ふつうは知らせません。

もし、時間や規模まで事前にわかっていれば、「日銀が円安に誘導するらしいから、ドル/円の上だ!」と簡単にバイナリーオプションができるのですが。

ただし、チャートの動きがいつもと違うように動きます。最近はAIの動きが邪魔ですが、いちおうこういわれています。まず、「介入があるのではないか」と噂されるような状況で、あるとしたら東京時間だとします。すると朝9時前からこんな動きが起きます。

1 売っても売っても、少しずつ少しずつ、しつこく買ってくる。
2 チャートの形は蛇が上へ上へはっていくような、にょろにょろした形だといわれています。

3 介入の数分前までに、いったん下落するなどなぜこんなに動いたのかわからない動きをする。

介入の直前の動きは、わざと下落を演出して介入がないように見せかけるためだといわれています。
また、にょろにょろした動きは、関係者の奥さんなどが「ドルを買っておきなさい」などといわれて、為替取引を少しずつ目立たないようにしているからだともいわれています。

いずれも、噂ですが確かに介入の前には変なチャートの動きがあります。

為替介入まとめ

なかなか為替介入の瞬間を予知するのは、難しいのですが、ふだんから自分のFX口座からのメールマガジンをチェックしていると「〇〇国が為替介入をする可能性があります。お客様お気を付けください」というのが届くことがあり、助かるものです。

為替介入を使ってバイナリーオプションですぐに勝てるわけではないですが、知っておいて損はない知識カモ。

為替介入に関係する専門用語解説

為替介入・・通貨を安定させるために国家レベルで為替の売買をすること。

用語集もみてくださいね!

MT4の用語集はこちら

バイナリーオプションランキングへ

↓ブログ村に再参戦する事にしました。目標500in!※1500in以上のブログは注意(*´ェ`*) にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
7位 プライベートオプション
最近できた(?)、シンプルで使いやすい業者!!
7位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ