織り込み済みとは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「織り込み済み」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「織り込み済み」と「材料出尽くし」はまあまあ似た意味です。いいニュースが出てもドル/円動かねえ!ってときによく使う言葉です。

為替市場の用語集はこちら

織り込み済みの基本的な意味


初めて聞いたとき、「は?意味不明~」と思いました。

織り込み済みとは?

例文があるとわかりやすいかも。たとえば、

「アメリカの政策金利が上がるのは、織り込み済みだ」「だから今回の政策金利の発表では、ドルが上昇することはない」
意味=「アメリカの政策金利が上がるって、みんなもう思ってるよね。ドル買っちゃってるよね」「上がるって予想して、買いたい人はみんな買っちゃってるんだから、発表でわざわざドル上がんないよね

こんなふうに使います。

つまり、こんな意味です。

織り込み済みとは、
事前に結果を予想済みであること

英語だとdiscounting the newsだそうです。

織り込み済みで市場はどう動くか?

もし「織り込み済み」じゃなければ、株や通貨ってこんなふうに動きますよね。

いいニュースが出ると上がる
悪いニュースが出ると下がる

でも、「織り込み済み」だと違います。

とにかく、「ドルの金利が上がるのは織り込み済みだから、金利上げるっていっても動かないよ」が基本です。
もちろん、ドルじゃなくてもなんでもそうです。

織り込み済みといわれるような、経済指標は、発表されても通貨ペアは動きません
織り込み済みといわれるような、決算が出ても株価は動きません(逆に動くことさえある)

「材料出尽くし」と似ていると最初に書きました。
「材料」は、ニュースとかネタとかで、ドルやなんかの価格を動かすようなもの。

たとえば「アメリカの政策金利が上がる」という「材料出尽くし」は、織り込み済みと同じように「みんながそれでドル買っちゃってる」っていう状態です。で、やっぱりドル/円はちょっとくらいの「材料」では動かなくなるのです。

織り込み済みの例いろいろ


せっかくなので、最近の織り込み済みいろいろを、FX市場でみてみましょう(´・ω・`)
2番目の「米(アメリカ)のFOMC」の話は、さっき書いた「政策金利」の話です。

毎回の米雇用統計(2016年くらいから) 織り込み済みチャンピオンといえばこれ。一時は「雇用統計が発表されれば、ドル/円が超動くから儲かる!」といわれたが、今やどんな結果が出ても「織り込み済み」に。毎月ぜんぜん動かない経済指標として有名になりました。
米(アメリカ)のFOMC(最近、2018年) 「織り込み済み」って言葉が良く出るのは「利上げするだろう」ってとき。利上げする予想が織り込み済みなら、FOMCで本当に利上げが発表されても、ドル/円はぜんぜん動かない。むしろ売られる。
武田薬品のシャイアー買収(2018年5月) 日本の武田薬品が、アイルランドのバイオ薬品メーカー(シャイアー)を買収するので、為替が動くといわれました。これは円をポンドに両替するだろうといわれて、ポンド円は「織り込み済み」に。上昇しましたね。結果、買収のお金はドルや円だというので、ポンド買いは無意味になり、ポンド円は下がってしまいました。
株の決算 株は、決算とかいうのがいいと買われるのですが、最近は情報が早く伝わるので、織り込み済みになることが多いです
国債の格付けの上方修正、下方修正 各国の国債を、ムーディズなどの会社が格付けをしています。それが下がると通貨が売られたりしますが、「織り込み済み」だと動きません

資料:武田のシャイアー買収のニュース
FOMCとは、FRBとは

織り込み済みって書いてあるニュースは、FXでどう使われているか


(これがドットチャートとかドットプロットとかいうやつ。2017年12月)

またFOMCの話をするんですけど、よく「ドットチャート」っていうのが発表されます。
これで点々が上のほうにあれば、「めっちゃ利上げしようぜ」っていう気持ちになっているということです。

誰がそんな気持ちになっているかというと、FOMCで話し合う偉い人たちです。
てことは、「ドットチャートが最近ずっと上だから、利上げは織り込み済みだよね」ってなるわけです。


(これは2018年5月のドットチャート。比べにくいけど、さっきの12月には2.5%のところが多かったのに、これは3.0%のところが多い。利上げしようぜのテンションが高いってこと)

資料:ドットチャートとは

織り込み済みは、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

経済指標って、良ければ必ず上がるというものでもないんです。
というのは、誰でも経験済みかも(;´Д`)

バイナリーオプションで経済指標トレードすることもあるんだけど、その前のニュースとかで「織り込み済み」って書いてあったら要注意ですね~(´・ω・`)

織り込み済みが良く出てくるサイト(FX情報サイト)

せっかくわかりにくい言葉と使い方がわかったので、どこを読むと出てくるのかも見つけたいですね。
バイナリーオプション業者は、登録したメールアドレスにメルマガを送ってくれます。そこで最近のいろんな通貨の様子を書いてくれていることがあります。

そんなときに「ドル/円は織り込み済み」なんて書かれているときがあるので、たまには読んであげましょう(笑)

他に、FX専門のニュースサイトがあるので、リンクを貼っておきます。使ってね!

クルークFX 為替ニュース
今日の目線
ひろこのボラタイルな日々

織り込み済みまとめ

織り込み済みの意味だけ覚えておけば、なにかで出てきたときに「ふ~ん」って思えるので、いちおう覚えておきましょう~。

織り込み済みに関係する専門用語解説

織り込み済み・・上がるって思ってるから、全員もう買っちゃってるよ、みたいな意味。
決算・・株でよく出てくる言葉。企業がどれだけ設けたかとかを発表するのが「決算発表」。決算って企業の成績表みたいなもん。

バイナリーオプションランキングへ

↓ブログ村に再参戦する事にしました。目標500in!※1500in以上のブログは注意(*´ェ`*) にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
7位 プライベートオプション
最近できた(?)、シンプルで使いやすい業者!!
7位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ