「押し目買い」「戻り売り」とは 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「押し目買い」「戻り売り」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「押し目買い」「戻り売り」でセットになっていわれますね。ちょっと下がったら買うのが「押し目買い」で対義語になってます。

為替市場の用語集はこちら

押し目買い戻り売りの基本的な意味


チャートが上がっているときに(上昇トレンド)、ちょっと下がって安くなったときに買うのが「押し目買い」です。

戻り売りはこの反対です。下がっているときにできるだけ高いところで売りたいということですね(*’▽’)

上昇トレンドの意味はこちら

参考にしたのはこのサイト「iFinance」

押し目買い戻り売り豆知識

英語でBuy on reactionっていうらしいです。
戻り売りはSelling on rally。これは聞いたことある!

FXの本なんかにも必ず書いてあるオーソドックスなトレードテクニック、それが「押し目買い」「戻り売り」。
でも心理的には「ナンピン」という失敗のもとになることと近いそうです。「安いから買う」だけではダメそうですね。

押し目買い戻り売りは、FXでどう使われているか

押し目買い戻り売りは、FXや株でよく使われます。
それから、システムトレードの基本の動きにもなっていますね。

最近は、人気者の小次郎講師の「移動平均線大循環分析」というのがあります。

押し目買い戻り売りの方法(ロジック)いろいろ

押し目買い戻り売りは、ファンダメンタル分析でなくてテクニカル分析でやるものです。

でもチャートが下がった時に買えば良いとだけ思っていると、ファンダメンタルの理由でバーンと下がってしまい、FXとかで失敗してしまいます。いちおう、基本としてニュースや経済指標は見ておくという前提で、テクニカル分析でよく使われる「押し目買い」をリストにしてみます。

この一覧は「押し目買い」だけですけど、「戻り売り」はこの反対になります。

押し目買いは上昇トレンドのときに行います

使うテクニカル 押し目買いの方法
移動平均線 移動平均線の上にある価格がちょっと下がって移動平均線に触ったときに買い
トレンドライン トレンドラインの上にある価格がちょっと下がってトレンドラインに触ったときに買い
ボリンジャーバンド ボリンジャーバンドの中央ラインより上に価格があれば上昇トレンドです。たとえば+1σを触っていた価格がちょっと下がって、中央ラインに触ったら買い。ほかに+2σと+1σの組み合わせ、+3σと+2σの組み合わせでも同じようにできます
RSIなどのオシレーター 売られすぎ買われすぎを見るオシレーター。売られすぎのときには下のほうにあるので、ここで買い

戻り売りのときは、この反対です。

押し目買い戻り売りの失敗例

上の画像だと、チャートがどんどん上がっているうちは、移動平均線に触るとか近づくとかのときに買えば成功です。
でも、最後の青い四角のときに「移動平均線に触ったから買おう」とやったら大失敗します。

押し目買い戻り売りは、チャートがそのままの方向に行ってしまうことも多く失敗することもある

難しいですけど、オシレーターなんかでダイバージェンスを見るとか、そんな方法で危険を察知するのがいいのかもですね。
この下の画像は、さっきのチャートの下にRSIを付けたものです。

いちおう、ダイバージェンスになっているので、「やばい!やめとこう!」と判断できそうです。

ダイバージェンスとは

押し目買い戻り売りは、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

「安いから買う」だけではダメそうだった「押し目買い」。
「高いから売る」だけではダメそうだった「戻り売り」。

海外バイナリーオプションは最短で30秒という短時間での取引です。

なので、「一瞬安かったから上を買ったら、30秒くらいは上がってくれた」ということはありえます。
とはいっても、実際はどうでしょうか。あとで「やってみた」もやってみます。


バイナリーオプションのライントレードとほぼ同じテクニックですね!!

とりあえずバイナリーオプションをするには押し目買い戻り売りという言葉は、意味だけわかっていれば良いと思います。

押し目買い戻り売りでバイナリーオプションやってみた!

今回もクイックデモを使わせていただきます。
チャートはポンド円の1分足です。

下がっていて、下降トレンドなので「戻り売り」です。
移動平均線にローソク足が触ったら「下」の予定です。

RSIもあるので、チャートが上昇しそうになったらたぶん、わかる。

移動平均線に触りそうです。


「30秒」と「1分」をやってみたら、負けました。
デモでよかった……。

あとでちゃんと下がったので、3分とか5分なら勝てたかなと思いました。

よく考えたら、下降トレンドがずっと続くなら、長めのバイナリーオプションのほうが安定感がありますね。

押し目買い戻り売り何時間足が使いやすい?

FXや株の人は、日足とかで使っています。株の人は特に25日線とか75日線とか好きですね。

バイナリーオプションなら1分足~どれでも使えます。

押し目買い戻り売りまとめ

トレンドの方向に素直に買うので、長めのバイナリーオプションのほうが安定感があった

失敗を避けないと。ここがポイントかも。

海外バイナリーオプションで使うときは、オシレーターと一緒に使ってダイバージェンスに気を付けましょう。
あと、買うタイミング。30秒みたいに短いのは、もっと細かいチャートか業者のチャートで見たほうがいいかも。(MT4では1分足より細かいのはティックというのになります)

押し目買い戻り売りに関係する専門用語解説

押し目買い・・上昇トレンドのときに、ちょっと下がった時に買う方法
戻り売り・・下降トレンドのときに、ちょっと上がった時に売る方法

バイナリーオプションランキングへ

↓ブログ村に再参戦する事にしました。目標500in!※1500in以上のブログは注意(*´ェ`*) にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
7位 プライベートオプション
最近できた(?)、シンプルで使いやすい業者!!
7位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ