リパトリとは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「リパトリ」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

最近では、トランプ大統領で有名になった「リパトリ減税」ってやつとか。

MT4の用語集を探している人はこちらへどうぞ

リパトリの基本的な意味

「リパトリエーション」という言葉を略したのが「リパトリ」です。英語だとRepatriationです。

意味は、海外に出していた資金を本国に戻すこと。

なので、為替のレートが動いちゃいますね。トヨタ自動車が米国での儲けを日本に戻すと、ドルから円への為替の両替が起こりますから、円高になります。

日本円のリパトリを図で説明します

この図のように、トヨタ自動車の米工場で作った車が売れたら、ドルが儲かります。そのあと、本社にお金を送る時には円に両替して送ります。

ドバっと一気に両替したら、需要と供給の関係で、ドル/円のレートが変わります。

だから「リパトリ」は騒がれるのです。この図のお金の流れでは、ドバっとやると円高(ドル/円は下がる)になってしまいます。

リパトリをする企業や機関投資家はいっぱいいる

最初にトヨタ自動車がリパトリする例を書きましたが、機関投資家や金融機関もリパトリをします。海外と資金のやりとりがある主体はみんな関係あるのですね。

日本円をリパトリをするいろんな組織

・トヨタ自動車など海外に子会社がある企業
・機関投資家
・個人投資家
・金融機関
・その他法人など

日本とリパトリの関係のアノマリー

日本とリパトリの関係としてよく耳にするのは、「決算の関係で2月~3月までにリパトリが増えるので円高になる」といわれるものです。

これがアノマリーとしてまことしやかに語られたりします。2月と3月の、ドル/円はどうなっているでしょうか。

2006年~2015年までの10年間では、


2月の陰線(円高)は、60%の確率で出現しています。ちなみに2016年は陰線、2017年年はヒゲの長い十字線でした。

3月の陰線(円高)は、20%でした。円高にはなりにくいようです。2016年は十字線、2017年年は陰線でした。

2月はちょっと覚えておいても良いのかもしれませんが、これがリパトリによるものかどうかは、証明するのがすごくめんどくさいし難しいのではないかなと思います。

もう一つ印象深いのは、2011年3月11日、東北大震災のときでした。日本で起きた災害なのに円がどんどん買われ、ドル/円は70円台にまで落ち込みました。

これが、災害のせいで慌てて日本に送金する企業のリパトリのせいだといわれていました。

しかし、この説もあとで別な意見が出ていました。(実際、理由が分かったところで未来の動きはわからないですよね)

リパトリとトランプ大統領

ところで、リパトリという言葉、アメリカでトランプ大統領が誕生してからまたまたよく聞くようになりました。例の「リパトリ減税」というやつです。

「減税」するので、経済が活性化して米株は上がりそうです。では、ドル/円はどうでしょうか。

リパトリ減税を図で説明


元々、アメリカはリパトリのときにも高い税金をとっていました。

それでアメリカ以外の国でせっかくお金を稼いでも、本国に戻せずに溜まっていたお金が多かったのだそうです。

そこでトランプ大統領は大統領選のときから、公約として「リパトリ減税をする」と言っていました。

2016年の11月8日の米大統領選では、意外なことにトランプ大統領が当選しましたが、これで減税が実現して景気が良くなるだろうというので、ドル/円も急上昇しました。

リパトリをするのは、日本と同じように大企業や機関投資家などです。

リパトリ減税はドル高要因

日本のリパトリのときに見たように、自国の通貨がドバっと戻ってくると通貨高になります。

それで、トランプ大統領がアメリカでリパトリ減税をすれば、ドル高(ドル/円が上がる)になります。

ただ、選挙と実際の税制改革の時期が離れすぎていたので、2017年になったらドル高も静かになってしまいましたね。

(9月から新年度なので、そろそろ実現するかというので、秋にはまたドル/円が上がり始めています)

リパトリは、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

いつものことですが、期待されている間には、ドル/円が上がります。

期待が大きすぎてドル/円が上がりすぎていたら、実際にリパトリ減税スタートで一瞬下がるだろうというのが、多くのアナリストさんの意見。

ただし実際に減税がはじまれば、減税されている間、集中してドルがアメリカに戻ってくるので、ドルを上げます。
リパトリ減税は、ふつう期間を限定して行うものなので、企業は「今のうちに」というので、ドルの流れも集中するのです。

で、海外バイナリーオプションにとって、リパトリ減税の影響は長期すぎるので、そのままトレードには使えません。

いちおう、土台としてこういうことがあるんだって覚えておくくらいになります。(知らないよりは10000倍良いですよね)

逆になにかで「リパトリ減税が危機にさらされた!」というニュースが出たら用心するとか。

リパトリまとめ

バイナリーオプションをするときにすぐに「上!」とかいう合図は出してくれません。

一応、

リパトリはその国の通貨価値を上げるよ

って覚えておけばいいのでは(/・ω・)/

リパトリに関係する専門用語解説

リパトリ・・リパトリエーションの略。ある国の企業が他国で稼いだお金を本国に戻すこと。通貨高の一因。
需要・・「ちょうだい」「ほしい」という欲求
供給・・需要に対して、「これだけあるよ」「売ってあげるね」とモノやサービスを市場に出すこと。

用語集もみてくださいね!

MT4の用語集はこちら

バイナリーオプションランキングへ

↓ブログ村に再参戦する事にしました。目標500in!※1500in以上のブログは注意(*´ェ`*) にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
7位 プライベートオプション
最近できた(?)、シンプルで使いやすい業者!!
7位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ