ストキャスティクスのBOでの使い方と評価|MT4標準オシレーター

売られすぎ買われすぎを見るテクニカルツールオシレーター系の「ストキャスティクス」の導入・設定などのガイドと、バイナリーオプションの攻略への使い方を。

関連リンク「MT4導入方法」

ストキャスティクスの入手方法と基本パラメータ設定、計算式


チャートの下に新たなウィンドウが出て表示されます。
ストキャスティクスは、作られた経緯から「スローストキャスティクス」と「ファストストキャスティクス」がありますが、MT4で「シグナル」を出しているのは、ダマシの少ない「スローストキャスティクス」です。

入手場所とチャートに表示させる方法

名前 ストキャスティクス(Slow Stochastic Oscillator)
入手場所 MT4に標準装備
英語表記 Stochastic Oscillator(Slow Stochastic Oscillator)
表示させる方法 「ナビゲーター」→「オシレーター」からチャート上にドラッグ

基本パラメータ設定


基本的にはこのようにパラメータ設定しておきます。

というよりもMT4に入ってるままにしておけばOK!

+%K期間 8
+%D期間 3
スローイング 3
価格欄 Low/High
移動平均の種別 Exponential
下限設定 (チェックする)0
上限設定 (チェックする)100

※%K期間で他に多く使われるのは、5、7、9、13、14など。そんなに触らなくても良いんじゃないかな?!

計算式

いちおう。覚えなくてもいいし、読まなくてもいいかも笑

%K (当日終値-当日を含むn日間における最安値)÷(当日を含むn日間における最高値)x100
%D {(当日終値-当日を含むn日間における最安値)の直近3日分の合計}÷{(当日を含むn日間における最高値-当日を含むn日間における最安値)の直近3日分の合計}x100

・%Dの「3日」は増やすとシグナルがより遅く出る。普通は「3日」のまま使います。
・「スロー%D」は、%Dの3MAです。

%Kは、その足の終値が、一定期間の高値と安値の間のどのくらいの位置にあるか。
%Dは、%Kを平準化したもの。

ストキャスティクスは、最近の高値とか安値の範囲を意識して、「うわ!めっちゃ売られすぎやん」とか一目で見せてくれるていうことです。 売られすぎているなら、HIGH狙いと行きたい所ですよね?

バイナリーオプションでのストキャスティクスの基本的な使い方


ストキャスティクスはMT4では点線と実線の2本のラインで分析します。
点線を「メイン」
実線を「シグナル」と呼びます。
上のほうに「80%」以上の範囲、下のほうに「20%以下」の範囲が示されています。

順張り

相場の天底で、上がり始めと下がり始めのときに有効です。
・【上】2本とも20%以下の後、2本とも20%の線を越えて上に上がってきたら
・【下】2本とも80%以上の後、2本とも80%の線を下抜けて下に下がってきたら

※先に「シグナル」のほうが線から出始めるので、そこからトレード準備をすると効率的です。

逆張り

レンジ相場のときだけ有効です。
・【上】2本とも20%以下のとき、シグナルがメインを下から上抜いたら
・【下】2本とも80%以上のとき、シグナルがメインを上から下抜いたら

相場判断


ストキャスティクスは、トレンドの転換や、天底を見極めるためにも使います。
ダイバージェンスが出たら、トレンドが反対方向に行くかもしれないと考え、順張りをストップします。
また、すぐではないですが、転換の可能性を見て逆張りの準備をします。

・【底から上昇の可能性】ポジティブダイバージェンス チャートの下値がきり下がっているのに、ストキャスティクスの下値が上がっている

・【天井から下降の可能性】ネガティブダイバージェンス チャートの上値がきり上がっているのに、ストキャスティクスの上値が下がっている

※図を見ていただくとわかると思います。ダイバージェンスといえばRSIが有名ですが、経験上ストキャスティクスのほうがダマシが少ないです。

ただし必ず天底をシグナルするとは限りません。ストキャスティクスにもダマシはあります。

オプションタイプ別ストキャスティクス(単独使用)の評価


ストキャスティクスを単独で使用した場合(チャートは表示する)の評価です。10点満点です。

海外バイナリーでの評価

短期取引(30秒~5分) 8.0 レンジ内での逆張りに、相当な効力を発揮する
15分取引 7.5 レンジ内の逆張りのほか、ダイバージェンス分析で勝率を上げる
スプレッド取引 7.0 レンジ内の逆張りのほか、ダイバージェンス分析ができる

国内バイナリーでの評価

2時間以上のラダー 7.5 売られすぎと買われすぎの判断、GC、DC、ダイバージェンスを使う
2時間以上のレンジ、タッチ 8.0 0%か100%付近にしばらく張り付いた後に、レンジ外やタッチを狙う。

ストキャスティクスと一緒に使いたいテクニカル

一緒に使いたいテクニカル

オシレータ 同じサブウィンドウに重ねずに使うほうが見やすいです。ストキャスティクスの繊細すぎる動きを補うためにトレンドも見られるMACDと一緒に見るのもおすすめです。
トレンド 各MA、一目均衡表などなんでも合わせることができます。おすすめはボリンジャーバンドかエンベロープで、レンジかどうかを判断しながらの逆張りにピッタリです。
ボリューム ストキャスティクスでは、瞬間の相場心理が見えますが、A/Dも見ると、買われすぎ売られすぎも相場過熱によるものかどうかが分かります。

一緒に使うときのコツ

他のテクニカルでも「上」や「下」のシグナルが出ているときを狙えば、より強いです。
A/Dと一緒に見るときは、ストキャスティクスが上下に動いているのに、A/Dは下のほうなら「相場があまり加熱していない」と判断して、あまり大きな動きを期待しないでおくといった使い方ができます。

ストキャスティクスをBOに使ったときの総合評価|向いているかどうか


ストキャスティクスは、バイナリーオプションに非常に合ったオシレーターといえます。RSIよりもダマシが少なく、計算式も時代と共に精度を増してきたため、「買われすぎ売られすぎ」をよくシグナルしてくれます。

シグナルの先行性も高く、早めに動いてくれるため、一瞬の判断が要求される短期取引にも使えます。

バイナリーオプションに向くオシレーターといえるかどうか

オシレーターとしては何に使っても優秀。バイナリーオプションにも合っている。使う場面を間違えず使いこなせば強力な武器になる。

使う前に「今ってトレンドあるかな?レンジかな?」とみる癖をつけておこう!

総合評価

メインのオシレーターとして使えます!特にレンジのときの逆張りと天底判断には強力な武器になる。初心者にも使いやすく覚えやすい。
中、上級者はパラメータ設定を変えてテストしてみるのも有意義で、時間の無駄を防げる。初心者は、まずは逆張り用のオシレーターとして使おう!
バイナリーオプションランキングへ

↓ブログ村に再参戦する事にしました。目標500in!※1500in以上のブログは注意(*´ェ`*) にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

2位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

3位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

4位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

1位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
7位 プライベートオプション
最近できた(?)、シンプルで使いやすい業者!!
7位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ