BW MFI(マーケット・ファシリテーション・インデックス)の設定の仕方と使い方(攻略法)

MT4とMT5のインディケータ、「BW MFI」(マーケットファシリテーションインデックス)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。

BW MFIは相場のテンション、過熱ぐあいなどを見るインディケータです。

MT4を導入していない人はコチラ↓
関連リンク「MT4導入方法」
MT5ダウンロードページはここ↓
MT5ダウンロードページ

え、インディケータってなに?っていう人はこちら
用語集はこちら

BW MFIの入手方法と基本パラメータ設定


出来高と価格とを計算に入れて、市場心理をあらわしたオシレータです。
名前が長くて呼び方がめんどくさいですね。
そのかわり、使い方は簡単です。

あと、MFI(マネーフローインデックス)は、ぜんぜん違う別のインディケータです。
頭文字が同じなので「BW」(ビル・ウィリアムスの頭文字)をつけています。

入手場所とチャートに表示させる方法

「ナビゲーター」→「インディケータ」→「ビル・ウィリアムス」からチャート上にドラッグ

名前(別名) BW MFI(マーケット・ファシリテーション・インデックス)(びーだぶりゅえむえふあい)
入手場所 MT4とMT5に標準装備
種類 ビル・ウィリアムズ系
英語表記 Market Facilitation Index
表示させる方法 「ナビゲーター」→「インディケータ」→「ビル・ウィリアムス」からチャート上にドラッグ

基本パラメータ設定


4種類の棒がありますが、その色を変えるくらいです。

MFIアップ、ボリュームアップ 好きな色と太さにしよう!(標準はライム)
MFIダウン、ボリュームダウン 好きな色と太さにしよう!(標準はなんとかブラウン)
MFIアップ、ボリュームダウン 好きな色と太さにしよう!(標準はブルー)
MFIダウン、ボリュームアップ 好きな色と太さにしよう!(標準はピンク)

アップとダウンの組み合わせで、4パターンあるのですが、意味は次に。

BW MFIの意味


このBW MFIは、ボリュームを計算に使っているので、参考用にボリュームというインディケータを表示させてみます。
このボリューム(出来高ともいいます)と価格の関係から、相場が熱くなっているのか、売り買いの戦いが激しいのか、みたいなことを見抜くためのインディケータです。

BW MFIとは


ちょっとボリュームについてです。
FXだとこれが「出来高」として使われます。

過去記事:ボリュームについて。一度読んでおいてください(‘ω’)ノ

出来高が多ければ、市場参加者がお金をいっぱい使っているということなので、相場が盛り上がっているというように判断します。

「MFIアップ、ボリュームアップ」の意味は「MFIも上がってるし、ボリュームも上がってるよ」という意味です。

BW MFIの計算式ざっくり


ボリュームと価格の高低差の関係を出しています。

MT5の公式の計算式

足の高値と安値の差を出して、出来高(ボリューム)で割る

BW MFIの一般的な使い方


(一般的=FXでの使い方)
予想や、相場のテンションを見るのに使います。

FXでも「さてここで買いだ!!」ってやれるわけではありません。

BW MFIの4色の棒の意味

パラメータ設定で、4種の色の違う棒がありました。
それぞれ意味があって、こうなっています。

MFIアップ、ボリュームアップ(ライム MFIも上がっていて、出来高も増えている 今動いている方向に勢いよく動きそう
MFIダウン、ボリュームダウン(なんとかブラウン MFIが下がっていて、出来高も減っている 参加者が資金を入れてこなくなったので、トレンドは終わりそう
MFIアップ、ボリュームダウン(ブルー MFIが上がっているけど、出来高は減っている 需給のバランスが悪くて上がっているだけで、反転する可能性がある
MFIダウン、ボリュームアップ(ピンク MFIが下がっているけど、出来高は増えている 出来高だけがぐんぐん上がっているのは、売り買いの戦いが激しいということで、どちらかに大きく動く可能性がある

たとえば、ピンクの棒が短いのに、ボリュームの棒が長いと「売り買いの戦いが激しく起きているんだな」っていう判断をするってことです。

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

どう考えても、バイナリーオプションで「上」「下」を知ることはできなさそう。

相場が次にどうなるかの予想に使って、反転のタイミングを待つとか、失敗を減らすとか、そういうことには使えそうです。

さっきのFXの使い方では、棒の色で判断することになっています。でももし、棒が1本だけなんとかブラウンだとしても、すぐに「反転だ!」ってならないです。
チャートを見ると当たってないですよね。

で、

同じ色の棒が多いなってときに、そうなるかも、って判断する

という使い方になると思います。

何時間足が使いやすい?

何時間足でも使えます。
たぶん、長期のほうが予想に向くでしょうね~(‘ω’)ノ

1分とかだと「反転の可能性」ってのがぜんぜん当たっていないです。

BW MFIの総評・まとめ


(この図の長いライムのときに、買いだ~ってやってたら大損している)

これだけだとバイナリーオプションではうまくいかないかもしれません。
相性の良いインディケータは、移動平均線やジグザグみたいにチャートに表示させるインディケータ。
移動平均線を使うなら、同じビル・ウィリアムス系のアリゲーターなんていいかも。

他に、ふだん自分が使っているものにプラスしてBW MFIを表示させるのが良さそう。

今回、一緒に表示していたボリュームなんですけど、これは参考用に表示させたので、バイナリーオプションをするときには不要です。
(ボリュームが好きな人は出しといても良いかも)

BW MFIにおける専門用語解説

BW MFI・・マーケット・ファシリテーション・インデックスのこと。ビル・ウィリアムス系のインディケータ。相場のテンションがわかります。

用語集も見てね。

バイナリーオプションランキングへ

↓ブログ村に再参戦する事にしました。目標500in!※1500in以上のブログは注意(*´ェ`*) にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
7位 プライベートオプション
最近できた(?)、シンプルで使いやすい業者!!
7位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ