途中清算ができるバイナリーオプション会社まとめ

今日もいつものブログじゃなくて、まとめの記事行っちゃうYO~

途中清算で資金の減りをマイルドに

1
もう知っている人も多いと思いますが、バイナリーオプションには「途中清算」という機能があります。

つい変なエントリーをした直後、激しく後悔したときに途中清算ができるという表示をみるとまるで砂漠でオアシスを見つけたように嬉しいですね。

その前に、そもそも変なエントリーを減らす努力が必要だとも思うのですが、人間、そうそう完璧なトレードができるとは限りません。

ちょっと「途中清算」についておさらいしてみましょう。

途中清算とは

2
途中清算とは「満期前に決済してしまうこと」です。
できるタイミングは、オプション回号がはじまってしばらくしてから(スタート後2分など)で、オプション回号の満期の前(満期の2分前など)にはできなくなります。

使い方の例:15分のバイナリーオプションで、10分くらい過ぎたところで

有効時間の例:15分のバイナリーオプションで、スタート後3分から途中清算可能、満期の3分前には途中清算可能時間終了

5分のバイナリーオプションをトレードしていたとします。

もし5分後に、買おうとしている銘柄(通貨ペアなど)が、今より上がるだろうと考えるなら、ハイを購入しますよね。

しかし、ハイを購入したけれど、2分くらいすぎたところでどうにも勝ち目がなさそうだと判断したとき、すでに購入していた「ハイなら当たり」という権利を途中で清算してしまうことです。

ハイローオーストラリアとTRADE200のペイアウト2倍のハイを10,000円で購入していたら、当たれば20,000円ですが、外れれば資金は戻ってきません。

マイナス10,000円です。

しかし、途中清算は、まだ結果が出る前なのでチケットの価値が残っています。そのハイのチケットは、当たりチケットになる可能性がまだありますよね。

だから途中清算すれば、お金が全部ではないですが戻ってくるのです。

いくら戻ってくるかは、そのときの価値によります。

その価値は、業者によって計算式が多少は違います。一般的には、「残り時間」と「当たりやすさ」の関係で決まります。

「すごく逆行している!」というときに途中清算して戻る金額は少ないのです。

イン・ザ・マネーのときも転売できる

3
「負けてしまいそうだ。少しでも資金を残したい」と考えたときに、途中清算を使うことが多いかもしれません。

しかし、途中清算はイン・ザ・マネーのときでも、大抵使えます。

イン・ザ・マネーとは「当たりの範囲にレートが来ている状態」です。このまま動かなければ、当たりでペイアウトがもらえる状態です。

このとき、「残り時間まで待っているとどう動くかわからないし、不安だ。少なくてもいいから利益を確定してしまいたい」と考えるかもしれません。

それでも、制限時間内なら、途中清算をして利益を確定することができるのです。戻ってくるお金は、プラスになりますので少しは儲かりましたよ、となります。

ただ、後で「あのまま持っていれば2倍になったのに」などと悔しがる人もいるかもしれません。(あまりそういう風に考えないほうが勝負運には良いようです)

ちなみに反対は、アウト・オブ・ザ・マネー

4
オプションという金融商品は、バイナリーオプションだけでなく色々あります。

そこでオプションの価格に関係する言葉で、さきほどの反対は、アウト・オブ・ザ・マネーといいます。為替ニュースなどでも時々出てくるので、この際覚えてしまいましょう。ターゲットにぴったりのレートで、これで決済してもプラスマイナスゼロのときは「アット・ザ・マネー」です。

負けている状態のことで、そのままレートが動かずに満期を迎えてしまったら負け確定です。

最初の例の「どうにも勝ち目がなさそうだ」と判断したのは、アウト・オブ・ザ・マネーのときですね。

業者ごとに違う呼び方

制限時間ですが、5分満期なら満期の2分前までなどと決まっています。

そして、業者ごとに呼び方が違います。特に海外バイナリーオプションだと、その国の言葉が日本語に直されるので、ちょっと混乱してしまいますね。また、ブロガーによって個性的な呼び方をする人もいるようです。

途中清算
転売
権利放棄
キャンセル機能
Buy-Me-Out

などの呼び方がありますが、同じ意味です。

使い慣れれば有効なテクニック

5

この途中清算機能も、トレーダーのメンタルとの関係が強いものです。

弱気になっているときには、何度も使ってしまうし、その後思ったほうにレートが進んでしまえば「途中清算するんじゃなかった」と考え、過去にとらわれてしまいます。

過去にとらわれると、成績が落ちていくというのは、多くのトレーダーが経験しています。

個人個人で、使うときのルールを決めておくといいかもしれません。たとえば、「エントリー根拠が破られたら躊躇なく途中清算をする」みたいなルールです。

「5MAを破ったからエントリーしたけど、戻ってしまった」

なんてときですね。

それで、メンタルもある程度コントロールしながら、ルール通りに使うことで、資金の減りをマイルドにしていくことができます。

あとは「5分をやっているんだけど、いつも3分くらいまでは調子いいのに、なんか判定時間になると負けちゃうんだよね」みたいな人は、3分のバイナリーオプションに転向するか、5分をやっていて「あれ~いつものパターンだ」と判断したら途中清算をするといいでしょう。

資金の減りがマイルドになるのは、意外と後で効いてくる

6

さきほどのメンタルの話に深くかかわります。なにか特殊な修行でも積んで感情を消したような人が居れば別ですが、誰でも必ず口座残高がメンタルを動かすという経験があるはずです。

口座にもし100,000円入れたとします。これは、一般のサラリーマンなら、普段やっているパチスロでも「大きいな」と感じる金額ではないでしょうか。そしてバイナリーオプションを始めたばかりの人にとっては、この大きい金額が未知の危険にさらされているように感じるかもしれません。

仮に50,000円BETして、はずしてしまいマイナス50,000円になってしまったとなると、残りは50,000円。当たり前ですが100,000円が半分に減ってしまったというメンタルはどうなっているでしょうか。

結構凹むはずです。パチスロなら「今日は50,000円負けちゃったな」という時点で、もう家に帰って気分を変えようと思うかもしれません。

それが途中清算で、20,000円でも戻ってくるのなら、これを今後のトレードに有効活用したいと思うでしょう。

途中清算の注意点

7
途中清算できるとホームページに書いてある業者は多いのですが、それぞれできる銘柄やオプションタイプが違います。

ざっくりですが主要通貨ペアの途中清算ができるところは多いです。しかし、コモディティーや海外株式などは、取引の休み時間もあり、途中清算もできない時間があります。また、コモディティーは全くできないという場合もあります。

「できるから大丈夫」と信じ込んでしまって、あとで出来ないと分かった時の落ち込みは想像するだけで怖いですね。

同じ業者でも仕様変更がある場合もあるので、お知らせメールをチェックする習慣をつけておきましょう。

途中清算ができる業者で安心なところ一覧

8
以前、ファイブスターズオプションを試した時に感じたのですが、業者によって途中清算の制限時間がたまに変わってしまうことがあります。原因は不明ですし、それから時間も経ってファイブスターズオプションもシステムが変わったようなので今は良いのかもしれません。

しかし、サイトのスタート時から安心して使えるところで「途中清算ができる業者」リストに載せられるところとなると、ちょっと考えてしまいます。なので以下に絞り込ませていただきました。

(ここ1年ほどは多くの業者に途中清算機能がついてきましたが、5分以下のバイナリーオプションには途中清算機能がないところがほとんどです)

JET OPTION こちらもたまにペイアウト2倍をやっています。途中清算値もペイアウト率の低い時より多めです。
Yバイナリー わかりやすいプラットフォームと、世の中の攻略法の多さも良い。ハイローオーストラリアなどとは少しルールの違うペイアウト2倍あり。ギリギリまで権利放棄できる銘柄あり。
ハイローオーストラリア オセアニア系バイナリーオプションの老舗で2倍ペイアウトが人気。プラットフォームも初心者向けだが、通貨ペアの選び間違い、押し間違いに注意(笑)。
TRADE200 オセアニア系バイナリーオプション、期待の新人。ペイアウト2倍はサイト名でも明らかです。
バイナリーティルト 最近注目のところ。
プライベートオプション 顧客にとても親切にメールを返してくれます。まさにプライベートなお付き合い。中の人がフレンドリーでやる気満々。
バイオプ こちらも老舗的存在。
ソニックオプション 使っている人多い。

途中清算ができる業者:日本

9
日本の業者で、バイナリーオプションができるところは、プラットフォームにほぼすべて途中清算機能も付いています。

しかし、会合時間が2時間とか3時間とか、とにかく長いので急な要人発言などを防ぎきれず、また途中清算を有効に使おうとするとずっとこの長い時間見ていなくてはなりません。

結構しんどいです。

FXTF 「バイトレ」でおなじみ。満期ギリギリまでOK。
IG証券 取引の最小金額が多いので注意。途中清算のルールと操作も慣れないとちょっとやりにくい。
ヒロセ通商 まったりLION FX。満期ギリギリまでOK。
GMOクリック証券 勝てるという人が多い。私はなぜか苦手。使いにくく感じました。満期ギリギリまでOK。
みんなのバイナリー 初心者向き。
FXプライムbyGMO 満期ギリギリまでOK。
YJ!FX 最近、顧客情報漏えい事件あり。私のところにも「漏れてました」と連絡が。おかげで家電に変な勧誘の電話が増えました。

シミュレーションして作戦は万全に

ルールが業者ごとに違うので「権利放棄で勝てる!」という情報に飛びつき、慣れない業者ですぐに取引をすると痛い目にあいそうです。

まずは使い慣れたところのルールを調べてみましょう。

サイトごとに「よくある質問」があり、そこには「途中清算できます」とは書いてあるのですが、細かいルールまでは書いてありません。これは、日本の業者でも同じで、たまにルール改定もあります。

一番いい方法は、トレード日誌に「途中清算」の項目を作ることです。自分のトレードの記録に途中清算をいつしたか、いくら(何%)戻ってきたかを残しておきます。その後は、トレードを始める前に「ここで途中清算をしたら、これだけ戻る」などの試算もしておき、暑くなりがちなトレード中にも試算結果を見ながら、途中清算すべきかどうかを判断します。

口座資金を有効に使う、残しやすくする、というメリットのある途中清算ですが、感情に流されず有効に活用したいものです。

バイナリーオプションランキングへ

↓ブログ村に再参戦する事にしました。目標500in!※1500in以上のブログは注意(*´ェ`*) にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
7位 プライベートオプション
最近できた(?)、シンプルで使いやすい業者!!
7位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ