トレーディングビュー(無料版)のレート選びの悩みを解決【ソニックオプション用】

トレーディングビュー(TradingView)はドル円などの通貨ペアの価格をいくつもの業者が提供しています。
そのなかで日本でおなじみの業者の5社のうち、どこが一番バイナリーオプションで使いやすいか調べました。
今回はソニックオプションです。
面倒な人は結論のところだけ読んでください。

導入方法
トレーディングビューのサイトはこちら

銘柄問題:どれを選ぶ?


トレーディングビューで目的の銘柄のチャートを見たいときにUSDJPYなどと入力します。
USみたいに途中まで入力すると、候補がでるので楽なのですが同じUSDJPYでも何種類も出てきてびっくりします。

右のほうを見ると違った業者名が書いてあるので、業者で選べばいいのでしょうけど困りますね。

業者によってレートが違うという問題

トレーディングビューでは、各業者が提供する別々の価格でチャートが表示されます

業者の選び方でチャートの形が変わるという特徴があり、間違った業者を選んでしまうとテクニカル分析が狂ったりしてトレード成績に影響が出ます。

日本でも営業している(?)5業者の週末終値


日本では土曜日の朝、ニューヨーク時間では夕方にその週の終値が出ます。
でも、トレーディングビューで見ることのできる業者は、それぞれ営業時間もレートも違うので上の図のようにチャートの形がぜんぜん違っています。

全部のレートを比べ続けるのは大変ですが、ドル円の週の終値だけでも比べてみましょう。

週の終わりが同じ時間のところも最高7.5pips違っています。

業者 週が終わる時間 終値
forex.com 20:59(日本時間05:59) 108.356
FXCM 20:59(日本時間05:59) 108.437
ICE 21:00(日本時間06:00) 108.360
OANDA 20:59(日本時間05:59) 108.431
Saxo 20:57(日本時間05:57) 108.443

※FXCMは2015年のスイスフランショックのときに危なくなったけど楽天証券が買収して持ちこたえたところ。
※ICEを調べると今は日本語対応していないようですが、トレーディングビューで出てくるのでいちおう仲間に入れました。
(トレーディングビューを日本語に設定すると、日本で使える業者が出てくるのですが)
※Saxoはサクソバンクのこと。

バイナリーオプション業者と相性のいいレートを探す【ソニックオプション】


早送りみたいなマークをクリックして、ローソク足が一番敏感に動くようにしてから、調べます。

どこが一番バイナリーオプションに合うか決めるのは、チャートを突き合わせて見ることにします。
今はまだ夏時間で、水曜日の15時です。
欧州時間のドル円の1分足です。
有料版では秒足も見られるのですが、ここではあくまで無料版を調べるので1分足です。
できるだけ双方のチャートが同時に動くのが理想です。

もちろん、バイナリーオプションのチャートよりも先に動きが出るのがあれば最高です。

Forexcomのレートとソニックオプションのチャートとの相性


ちょうど急騰したときの様子です。
トレーディングビューのほうが2秒くらい先に動きます。
バイナリーオプションで有利かもしれません。ただし、すべての銘柄と時間帯でこうなるかはわかりません。

FXCMのレートとソニックオプションのチャートとの相性


並べてくらべているとソニックオプションのチャートのほうが先に鋭く動き、2~3秒以上経ってトレーディングビューの1分足が動きます。
しかも毎回そうでもないので使いにくいです。
エントリーのタイミングはソニックオプションのチャートをしっかり見ないと危ないです。

ICEのレートとソニックオプションのチャートとの相性


ICEのレートはどの時間足も、どの銘柄もこんなふうに長いヒゲがよく出ます。
とても見づらいし、上昇と下降が逆に動くように見えます。いつ見てもこうなのでテクニカル分析ができません。
これはちょっと使いづらいですね。

OANDAのレートとソニックオプションのチャートとの相性


オアンダは日本で口座を持っている人も多いのではないでしょうか。
比べてみるとほぼ同じように動きます。
ポンと上がったり下がったりして長い陽線や陰線ができるときは、1秒くらいトレーディングビューのほうが先です。
いつも安定してこうなら、海外バイナリーオプションはとてもやりやすいと思います。

Saxoのレートとソニックオプションのチャートとの相性


ほぼ同じように動きますが、若干ソニックオプションのほうが速いときがあります。
また、ソニックオプションのチャートがそうとう活発に動いているのにトレーディングビューのローソク足の形が全然変わらないときがあります。
いまひとつ、使えるかどうか不安なようです。

※ソニックオプションなどの海外バイナリーオプションのチャートは細かく動きます。
ローソク足があまり動かないときも活発に動くのが普通ですが、それでもほぼ同じように動くものが見つかりました。
※この結果は、PC環境や通信環境にも影響を受けていると思います。そういうことも割り引いて参考にしてください。

結論

ソニックオプションと相性が良さそうなのはOANDAでした

Forexcomもバイナリーオプションには良さそうなのですが、週の終値を見ると他と違いすぎるのが不安です。
価格が飛ぶことがあるのなら、テクニカル分析が不安定になりそうです。

参考資料

今回はバイナリーオプションという短期間のトレードについて見ました。
FXのトレードでは4時間足などを使いますが、そういう足だともっと業者間のずれができるようです。

小次郎講師という人のサイトで詳しく検証していますので、FXでも検証したい人は読むといいと思います。

専門用語

用語集はこちら

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ