トレーディングビュー(無料版)の海外BO用インディケータ3つ(初心者向け)と手法

ダウンロードせずブラウザで無料チャート分析ができるトレーディングビュー(TradingView)で海外バイナリーをするときにおすすめのインディケータ3個(例)と使い方です。
チャート画面で説明します。

導入方法
トレーディングビューのサイトはこちら

初心者におすすめインディケータ

無料版ではチャートにはインディケータは3つしか表示できないので最善のものを使いたいですね。

この3つはちゃんとしたテクニカル分析の基本どおりでかつ、あまり苦労せずにバイナリーオプションをすることができるようになっています。

初心者にわかりやすく使いやすく、海外バイナリーオプションにも合っているインディケータのうち下の3つを選びました。
完璧というのではないですが何もわからないという状態なら一度デモかなにかでやってみてください。

下のほうにトレード方法の例も書きます。
この3つは
「トレンドのないときに」
「買われすぎなら下を、売られすぎなら上を買う」
というときに使います。

ドンチャンチャネル(DC) 高値と安値のラインがでるので、反対向きを買うときに使います(高値のラインに触ったら下、という使い方)
アルティメット・オシレーター(UO) 上に行き過ぎたら買われすぎ、下に行き過ぎたら売られすぎです(ストキャスティクスやRSIと同じ使い方です)
オウサム・オシレーター(AO) オシレーターです。ただし、ここではレンジ相場かどうかを見ます。棒グラフの短いのが続いて0のところにずっと近ければレンジ相場です。

※売られすぎ買われすぎでバイナリーオプションするときはレンジ相場でないとうまくいきません。
※設定はさわらず最初のままで使います。

表示のしかた

波みたいなマークを選んで虫メガネのマークのところで出したいインディケータの綴りを書くとすぐ出ます。
半角英字にしておかないと出ないので注意です。

「内蔵」の中から選んでください。
(公開ライブラリなどから選ぶと設定の違うものになってしまいます)

銘柄の出し方

出したいインディケータ 綴り
ドンチャンチャネル(DC) DC
アルティメット・オシレーター UO
オウサム・オシレーター AO

3つのインディケータの使い方、トレード手法

あくまで一例とはいえ、初心者の方はやってみると感覚が磨けると思います。
ぜひ実際に(デモで)やってみてください。

トレード方法

上を買うときと下を買うときの手法です。

【海外バイナリーオプションで下を買うとき】

1、オウサム・オシレーターが0の近くで行ったり来たり、上下幅も狭くなっている(=レンジ相場)
2、アルティメット・オシレータが60よりも上に行った後、下がって60の下になったとき
3、ドンチャンチャネルの上のラインまで価格が上がってから、下がってきたらバイナリーオプションの下を買う

【海外バイナリーオプションで上を買うとき】

1、オウサム・オシレーターが0の近くで行ったり来たり、上下幅も狭くなっている(=レンジ相場)
2、アルティメット・オシレータが40よりも下に行った後、上がって40の上になったとき
3、ドンチャンチャネルの下のラインまで価格が下がってから、上がってきたらバイナリーオプションの上を買う

※ごくふつうの使い方で、やりやすいと思います。
※レンジ相場かどうかははっきりした数値が決まっていませんので、オウサム・オシレーターとドンチャンチャネルの形を見てずっと横ばいと感じたらバイナリーオプションしてみてください。
※デモで練習するとだいたいの感覚がつかめてきます。
※実際のローソク足の動きとバイナリーオプション業者のチャートをよく見ながらエントリー(上か下を買うこと)しましょう。

実際のトレードの例

上に書いた方法で15分のバイナリーオプションをやります。
チャートは5分足を表示しています。

海外バイナリーオプション実践(クイックデモ)

ユーロドルの5分足では、しばらくの間1.10242~1.10295のへんのレンジ相場でした。
今、ちょっと上昇をはじめたかなという雰囲気もありますが、ドンチャンチャネルの上のラインに当たって(1.10354で当たった)下がったので下を買うことにします。
トレーディングビューだと1.10330のへんです。
ハイローオーストラリアのデモでは1.10328で下を買ったとなっています。
(HighLowスプレッドなので、スプレッドの範囲内です。トレードには支障ないようです)

これは上昇の勢いが強くないし、まだレンジ相場のだらけた感じが残ってると思ったからだったのですが、あまりにも上に強く動くようならやめましょう。

買ったときの条件をまとめます。
上のチャートと見比べて読んでください。

・ドンチャンチャネルも横ばいの形だった(ちょっと上がり始めていたけど許す)
・オウサム・オシレーターは0の近くでレンジ相場を意味していた(ちょっと上がり始めていたけど許す)
・アルティメット・オシレータは、60より上にいってから下がって60の下になった
・よく見るとオウサム・オシレーターも上に行っていたけど、ちょっと下がり始めている

アルティメット・オシレーターが下を買った決め手です。

良かった。下がってきました。

下を買ってから5分足が3本下がっているので余裕で15分のバイナリーオプションで勝てました。
(15分間にローソク足は3本描かれます)

※この時間のHighLowスプレッドのユーロドルのスプレッドは6pipsでした。

まとめ

世の中には神業みたいなトレードをしてほんとうに稼ぐ人もいるのですが、ふつうは真似できません。

これはテクニカル分析の教科書からはずれない使い方です。
それでも結構使えると思うのでよかったら使ってみてください。

ポイントは反転のタイミングを見つけることなので、高値と安値にラインを引くドンチャンチャネルでおおよその目安がつきます。
なので自分で苦労してトレンドラインとか引かなくていいのです。

あとはアルティメット・オシレータで最終決意をすればいいです。

ただしもっと正確なトレードを目指すなら過去の高値や安値に水平トレンドラインを引くといいです。

ここで出てきた専門用語

・レンジ相場 横ばいのチャートの状態。トレンドのない相場。

その他用語集はこちら

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ