誰も教えてくれない為替用語集

そんなに重要ではないけど、意味の分からない為替関係の言葉を取り上げます。
元銀行員のアナリストがラジオなどで独特の言い回しをしていると普通に使う言葉ではないため、
「上がるの?下がるの?」とイライラすることがあります。多くはないですが気になったものを集めてみました。

ここには、
相場の上下や強弱についての言い方
経済指標や銀行関係の言い方
政治などが絡む言い方、そのた
について書いてあります。

相場の上下や強弱についての言い方


「レンジ相場です」って言ってくれればいいのに、とよくラジオ日経を聞いていて思います。

用語

地合い、場味 (ぢあい)(ばあじ)
明確な数値があるわけでもなく、全体の雰囲気をいう。
市場参加者の気分。モメンタムに近いのかも。
ゴルディロックス相場 「適温相場」と訳されます。
暴落などがなく穏やかに上昇しているような誰もが気持ちのいい相場。
ちゃぶつく 方向性もモメンタムも一定ではなく、買えば上がるし売れば下がる、みたいな相場。
ふつうのレンジ相場よりもよりやりにくい印象を与えるチャート形状。
シカゴが〇〇円で戻ってくる 日経平均の先物は米国のシカゴの市場でも取引されています。
そこで、シカゴ市場の終値が〇〇円だったというときにこう言ったりします。
前日の東京市場からバトンを渡されたシカゴがそれを返してくるというニュアンスでいわれているようです。

経済指標や銀行関係の言い方


この分野はそんなになさそうですが元銀行員のアナリストさんなんかがたまに変わったことをおっしゃいます。

用語

鉛筆なめなめ 経済指標の結果を意図的に(自国の都合がいいように)変えて嘘を発表すること
〇〇経済指標はぶれる ぶれるというのは、安定して右肩上がりにならなかったり、予想と大きくかけ離れていたりすることです。
経済指標で毎月発表されるようなものなら前回とそんなに変わらない数値のはずですが、かけ離れやすいものもあります。
そういうのをアナリストさんとかが「この指標はぶれるんです」と言っています。
トレードはしにくいです。
ユアーズ、マイン 銀行のディーリング業務などで「買った」「売った」と伝えると聞き違いが起こりやすいため、
英語で「買った」をマイン(Mine)、「売った」をユアーズ(Yours)と言っていたらしいです
~を背に トレーダーが戦略や手法を説明するときにたまに言います。
背というのはおおよそのストップロスの水準のことのようです。
(ブロガーによって使い方が違うことがある)
たとえば「いま111円だが110円を背にしてロング」といえば
ストップロスを110円くらいにするということで、見ている方向の反対だから「背」と言っているようです。
発射台が低い ロケットなどを例えたもの。到達点よりもそのぶん遠いということ。
2%が到達点なら1%よりも0%のほうが低い。

例文

発射台が低い

政治などが絡む言い方、そのた


2016年にトランプ大統領が誕生してから、為替も政治要因で動くようになりました。
FXサイトにも選挙用語とか出てきていちいち調べなきゃって思ってしまいます。

用語

落下傘候補 地域と関係ないのに立候補すること
炭鉱のカナリア 昔、炭鉱といって石炭を掘る場所があったのですがそこは危険なガスも出るので敏感なカナリアを鳥かごに入れて
入口に持っていくみたいなことをしていたそうです。
今ならアウトですがカナリアが死んでしまったらそこは危険、という判断材料にしていたようです。
相場では、暴落など危険が迫る前兆のことをいいます。
経済指標の変化や国債金利の変化があるといわれることがあります。
プレーヤー トレーダーや機関投資家など相場で売買している人たちのことをこう言ったりします
ゲームチェンジャー 相場で売買することはゲームと呼ばれます。
そのゲームの雰囲気やルールをかえてしまうほどインパクトのある出来事や人をいいます。
ポンドに対するEU離脱決定はゲームチェンジャーでした。
プライスアクション 昔はローソク足分析(アイランドリバーサルなど)のことを呼んでいました。
英語のFXサイトとかではいまもそういう意味で書かれていることがあります。
しかし最近では、実際に動いているローソク足を眺めて動きが速いとかピクピク動くとか、
そういうのを呼ぶようです。
そしてその動きで次に上がるか下がるかがわかるというような人もいます。
ラウンドナンバー ピッタリできりのいい価格のこと。
100円、110円、200円など。

参考

トレーダー ジュンさん(プライスアクションを使う)

用語集はこちら

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ