変動相場制(フロート制)とは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「変動相場制」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「変動相場制」とは今のドル円みたいに自由に為替が動くルールのことです。

為替市場の用語集はこちら

変動相場制の基本的な意味(メリット・デメリット)

変動相場制の読み方は、「へんどうそうばせい」です。

できるだけ、わかりやすく意味をまとめてみます。

為替レートを自由に変動させる制度です。(やり方はいろいろ)
変動相場制を取り入れている国にとっては、金融政策を行いやすくするメリットがあります。為替レートの大幅な変化がないため貿易も安定して行えます。
デメリットとしては、投機の対象にされてしまうと通貨のレートが荒れて安定した経済活動を行うさまたげになるといったことがあります。

各国の財政政策の一環としてやっています。上に書いたメリットやデメリットもその国にとってのものです。
トレーダーにとっては、固定相場制と変動相場制の転換の時期がとてもやっかいです。
最近ではスイスフランショックというのがありました。これは、下のほうの「変動相場制はFXでどう使われているか」のところに書きます。

変動相場制は英語でなんていう?

似た言葉(類義語) フロート制
反対の言葉 固定相場制、ペッグ制
英語 Floating Exchange Rate System

変動相場制の採用国について

2019年現在、先進国のほとんどは変動相場制です。
FXでユーロドルやドル円、オーストラリアドル円などをトレードすると情勢や需給によって動くので、わかると思います。

それよりも、変動相場制を取り入れていない国をピックアップしてみましょう。

【変動相場制を導入していない国=固定相場制の国】
・欧州連合のうち、ユーロを導入していない一部の国(準固定為替相場制)
・中国(中国元がドルとの間で固定相場になっています)
・香港(国ではないですが、香港ドルは固定相場制で有名です)

変動相場制に関係する過去の出来事


大昔にアメリカが他の国との間で実質固定相場制にしていたときがありました。
それが1971年に崩れて変動相場制に移行しました。昭和の時代ですね。

日本とアメリカの変動相場制の過去

1944年 ブレトンウッズ体制により1ドルが360円の固定相場制になる
1971年8月 ブレトンウッズ体制崩壊(ニクソンショック)のため先進国が変動相場制への移行をせまられる
1971年 各国が「スミソニアン体制」で一時的に固定相場制に戻ることができる
1973年 「スミソニアン体制」が崩れ、日本も変動相場制に移行

1978年のニクソンショックとは、それまで金本位制(ドルをいつでも金と交換するからねという約束)だったのを停止してしまった事件です。

変動相場制はFXでどう使われているか


変動相場制の通貨ペアは、FXの人は一般的なテクニカル分析やファンダメンタル分析でトレードしています。ふつうのFXということですね。
いっぽう固定相場制では「これ以上下がらない」または「これ以上上がらない」という前提のもと、スワップをとるために買ったり、狭いレンジで売買を繰り替えす方法があります。

とつぜん変動相場制にしたスイスフランショック


固定相場制を利用していた人が2015年1月15日のスイスフランショックで大損をしました。

経緯は、まず2011年に欧州債務危機というのがあってその影響で安全資産といわれるスイスフランがユーロに対してすごく買われたことからはじまります。
ふつう、その国は通貨が上昇するのは嫌なのでスイス中銀は2011年9月6日に無制限の介入をすることにしました。
介入の内容は、スイスフランを売ってユーロを買うというものです。(これをペッグする=固定相場にする、といいます)

こんなにハッキリと相場が安定するなら、と世界中でスイスフランを売るトレードが流行しました。

そして、欧州の緩和政策の影響もあって介入を続けることが苦しくなったスイス中銀が2015年1月15日にとつぜん「介入をやめる」と言い出してスイスフランが暴騰、個人トレーダーや金融機関に多大な損失を与えました。

変動相場制は、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

スイスフランショックほどのことはめったにないので、ふつうにバイナリーオプションをしていれば大丈夫だと思います。
また、固定相場制の香港ドル米ドルのペアができるところがあれば、レンジの範囲がきまっているので上限と下限が予想しやすいでしょう。
(海外バイナリーオプション業者でありそうだと思ったのですが、いまのところみつかりませんでした)

変動相場制まとめ

中国はオフショア人民元(固定相場)といって、日本でもトレードできる種類のものがありますし、バイナリーオプションでもできるようになるかもしれません。
なんとなく知っておくのもいいかもしれないですね。

変動相場制に関係する専門用語解説

変動相場制・・為替の価値が自由に動く制度
固定相場制・・為替を特定または複数の国の通貨に対して価値を動かないようにする制度。方法は介入などいろいろある。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ