実効為替レートとは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「実効為替レート」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。
ドル円の値と、ドルインデックスの値って違うよねって話です。ドルインデックスのことを「ドルの実効為替レート」といいます。

為替市場の用語集はこちら

実効為替レートの基本的な意味


(トレーディングビューで円インデックスを検索。https://jp.tradingview.com/symbols/TVC-JXY/

難しいことはさておき、使うなら「ドル/円は高いけど、実効為替レートだとドルってあんまり高くないんだな~」とか考えるときに使います。

実効為替レートとは

円について、実効為替レートの説明を書いておきます。
ほかの通貨も考え方は同じです。

円といくつもの他国通貨をきっちり比べて、円の本当の価値を出そうとがんばった数値
(ドル円とかユーロ円とかっていっぱいあってわかんないよねってことで)

具体的には、各国通貨と円とのペアの値(ドル円112円とかのやつ)に貿易の比率をかけて加重平均という計算をします。
それぞれの相手国との貿易関係の強さが違うので、強い国の比率を大きめにして最終的な円の価値をだそうね、ってことです。
なので貿易の強弱の数値を計算に使います。

これは「へえ~なんか計算してそれらしく出てるんだ~」くらいに思っておいてください。

テクニカル分析が好きな人は「加重平均」っていうと移動平均線のWMAの名前だなって気づくと思いますが、計算の方法は似ています。

日銀の実効為替レートの説明
円インデックス発表ページ

実効為替レートは英語でなんていう?

似た言葉 円インデックス、ドルインデックス、などともいいますね
反対の言葉 ふつうの為替レートが反対の言葉になるのかな~
英語 Effective exchange rates

英語は、イギリスのところを見たのでもしかしたらほかの国では別のいいかたをするかもしれません。

実効為替レート日銀(日本銀行)の解説


日銀にある計算式。ようするに、さっき書いたことですw


でも最近、日銀がどんどん親切になっているのです。ここで「為替」を選ぶとチャートがみつかります。
この上の図は、日銀にあるドル/円と円インデックスの比較グラフ。時期とかも設定を変えられます!

日銀の説明文を引用しておきます。せっかくなので。
わっかりにくいですね~(;^_^A

ようするに、さっき書いたことですw

実効為替レートは、特定の2通貨間の為替レートをみているだけでは捉えられない、相対的な通貨の実力を測るための総合的な指標です。具体的には、対象となる全ての通貨と日本円との間の2通貨間為替レートを、貿易額等で計った相対的な重要度でウエイト付けして集計・算出します。

3つある!実効為替レート、名目実効為替レート、実質実効為替レート

使い方と計算のしかたで、この3つを使い分けています。
覚えなくてもいいけど、面白いですよね。

3つの実効為替レートの意味

実効為替レート いろんな国と比べてがんばって出した通貨の価値、指数
名目実効為替レート 実効為替レートを出すときに各国の貿易の強弱を入れる。
国の通貨の強弱がわかりやすい。
実質実効為替レート 名目実効為替レートの計算に加えて、物価も計算に入れる。
名目実効為替レートが変わらないのに、日本の物価だけが上がれば、円の価値は下がる、てきな。
これも国の貿易収支を比較するのに使いやすいです。

実効為替レートが見られるところ


(finvizの実効為替レートの先物のチャートhttps://finviz.com/futures_charts.ashx?t=CURRENCIES&p=d1

ざざっとチャートを見たいなら、出てくる広告を消しながらがんばって見るfinvizがいいかも?
実効為替レートの値はどうやら先物のものみたいです。上のほうに「future」って書いてあります。だいたいのところはわかるのでひとまずこれでも充分な気がする。

各国の実効為替レートを探そう

ドルの実効為替レートはドルインデックスといって、「世界の株価」サイトでもチャートを見ることができます。
円は円インデックスといって、チャートを探すために検索すると誰かが載せてます。


上の図のようにトレーディングビューで見られるなら便利ですね。
探すときは「JXY」と入力して探します。

各国の実効為替レートなど


(ユーロの実効為替レートは、ECBにある!親切!)
さっとチャートになっているものを見つけるのは、面倒です。

各国の中央銀行が発表しているページを探しましたが、データだけエクセルかなんかでポーンと置いてあるだけのところが多いです。

そうすると、せっかく見つけても、そこにある数値の一覧表から自分でチャートを作らないといけません。
いちおう、わかるところだけまとめておきます。
見る予定のある人は参考にしてくださいね(;^_^A

サラリーマンや主婦(きゃべつもそうです)でバイナリーオプションをする人にとっては、あんまり使うときないと思いますけど。

日銀かトレーディングビューかなー
ドル FRBのここ
ユーロ ECBです
ポンド たぶんここですw

一気にチャートで見たい人用の「finviz」のURLです

実効為替レートに関係する現在の状況ーFXでどう使われているか

FXの人は、定期的に見る人が多いです。
ドル円をトレードする人なら、ドルインデックスも円インデックスも見ています。

ただしテクニカル分析が中心の人は見ない人も。

ファンダメンタルズの人は、ほかの経済指標やシカゴのポジションの方よりなどと合わせて見て「ドルインデックスはドル円に比べて低いから、そのうちドル円は下がるかもしれない。注意しよう」などと長期の予想を立てるのに使います。

必ず当たるとは限りません。
ほかの分析と総合して判断してるみたいです。

実効為替レートは、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

FXと使い方は同じです。これだけ見ても海外バイナリーオプションで「上だああああ!」とかできません。

実効為替レートまとめ

実質実効為替レートという言葉は、2015年に黒田さんが言いだして、有名になりました。
物価がどうのこうの、とよく話題になっていたのでマスコミに難しい言葉を言ってやれって思ったのかもしれませんね。

誰かを黙らせたいときなんか「実効為替レートっていっても、実質実効為替レートとは違うんだよね~」とか言うと効果的かもしれません。

実効為替レートに関係する専門用語解説


実効為替レート・・
国同士の強さを比べるときに便利だけど、上がってるから「上」とか簡単にトレードには使えない。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ