東京オフショア市場とは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「東京オフショア市場」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「東京オフショア市場」とは日本の市場とは切り離された国際的な市場のこと。

為替市場の用語集はこちら

東京オフショア市場の基本的な意味

国内市場とは切り離した、国際金融市場。
主に非居住者向けで、制度や規則に制約が少ない。
日本の金融機関等が取引したいときは、財務大臣の承認が必要。

わかりにくいですね~。えっと、いつも東京市場と呼んでいる市場とは別に、国境を越え国際的な取引をするために規制をゆるめた市場があるということです。
内外遮断型という市場です。

非居住者というのは、外国に住んでいる個人や外国企業、金融機関のことです。
https://www.mof.go.jp/international_policy/reference/offshore/index.htm

東京オフショア市場は英語でなんていう?

オフショア(Offshore)という単語が「岸から離れた」「沖合いの」という意味があります。
で、東京のほかにもオフショア市場というのはあって、香港やケイマンその他ですが場所は必ずしも島というわけではないです。

似た言葉 「外-外取引」
タックスヘイブンは租税回避地という意味で、東京オフショア市場はタックスヘイブンではないです。
他の国のオフショア市場では租税回避できるところがあります。
反対の言葉 オンショア市場
英語 Japan Offshore Market(JOM)

オンショア市場の解説は、すぐ下を見てくださいね(‘ω’)ノ

東京オフショア市場は「外-外取引」

「外-外取引」は、その国(取引が行われる国のことで、東京オフショア市場なら日本)に住んでない投資家や企業どうしの取引です。

「内-内取引」と「内-外取引」が行われるのが、オンショア市場です。
オンショア市場では原則として、その国の金融規制や税制が適用されます。
「内」がその国の投資家や企業。
「外」が外国の投資家や企業。

東京オフショア市場豆知識


歴史です。

東京オフショア市場の創設年とかできた理由

1983年11月 レーガン大統領訪日で、
日米蔵相会談で「日米共同円・ドル・レート、金融・資本市場問題特別会合」の設置が決定
1984年5月 日本円、ドル委員会報告書提出
1986年12月 東京オフショア市場創設

理由は、日本の金融市場の自由化・国際化を目的とするとされています。

東京オフショア市場の参加者、メリット、入超規制

最近よく目にする言葉と東京オフショア市場との関係を調べてみました。

参加者 主な参加者は非居住者です。国内の金融機関などが参加するためには、
財務大臣の承認で特別国際金融取引勘定(オフショア勘定)を所有する。
オフショア市場とオンショア市場の勘定は別勘定にしなくてはならない。
メリット この市場の参加者には預金準備率や源泉税などが課されない。
ただしこういうルールもいつ急に変更になるかわからない。
入超規制 オフショア市場とオンショア市場との間で資金のやり取りをするときの規制。
「オフショア勘定とその他の勘定との間の資金の振替に係る規制」ともいう。
勝手にオフショア市場とオンショア市場との間でお金のやりとりをすると叱られる。

財務省の東京オフショア市場の説明

東京オフショア市場はFXでどう使われているか

勉強不足ですみませんが、FXニュースなどで「東京オフショア市場の資金がどうのこうの」というのはあまり聞いたことがないです。

東京オフショア市場は、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

バイナリーオプションでもあまり聞かないです。
なぜか仮想通貨の人が、オフショア市場のことを書いているのを見かけます。
タックスヘイブンのこともよく書いていて、不思議に思います。仮想通貨ですごく儲かったのかもしれませんね……。

(現在、ビットコインをはじめとする仮想通貨は下落しています。今から参入するのはよく考えてくださいね(‘ω’)ノ)

東京オフショア市場まとめ


バイナリーオプションで特別必要な気がしません。

東京オフショア市場のほかにも世界にオフショア市場があります。例をあげておきます。

シンガポール
英国
アメリカ合衆国
ルクセンブルク
バハマ
ケイマン
香港
マレーシア
バーレン島

東京オフショア市場に関係する専門用語解説

東京オフショア市場・・東京ってついてるけど、東京在住の人が参加しようとすると大変!

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ