ポートフォリオとは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「ポートフォリオ」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「ポートフォリオ」とは金融用語ではいくつかの金融商品の組み合わせをいいます。

為替市場の用語集はこちら

ポートフォリオの基本的な意味

ポートフォリオの読み方は、「ぽーとふぉりお」です。

・今回は、金融のポートフォリオなので、ある投資家の持っている金融商品の全部のこと、資産構成のことをいいます
(その人の持ってる投資信託や株の詰まったフォルダをイメージするといいかも)

ついでに豆知識です。

・「ポートフォリオ」の元の意味は「書類入れ」
・転職活動で使うときは「できることをまとめた書類」みたいな意味で使い、イラストレーターなどの職業では作品を何点かまとめたものをいうこともある
・教師が学生のポートフォリオというときは、個人の活動結果(写真など)をまとめたファイルのこと

ポートフォリオは英語でなんていう?

似た言葉(類義語) ファイル、フォルダ、資産構成
反対の言葉 探しましたがたぶんない
英語 portfolio

「ポートフォリオリバランス」というのがあって、それだと「資産の再配分」になるので反対の言葉ともちょっと違うかなと思います。これも豆知識ですね(‘ω’)ノ

例文とグラフでイメージ湧かそう


(ポートフォリオをグラフにするときは、円グラフが多い気がする)

ポートフォリオってはじめて聞くと漠然としていてイメージわかないですよね。
なので例文です。
個人が自分のポートフォリオについて語るとしたら…。

”私はリスクをとってもいいと思っているので、ポートフォリオの構成比は、株式が60%、債券が30%、貯蓄が10%です。”

こんな感じでしょうか。
(この人は貯金が少なすぎるので、真似しないほうが良いと思いますがw)
で、上の図がこの例をグラフにしたところです。エクセルに左上にあるみたいに表を書いて「挿入」「グラフ」と選ぶと簡単に作れます。

一般的なポートフォリオの作り方


もし個人が金融商品(投資対象と貯金)のポートフォリオを作るとしたらどうしたらいいでしょうか。
ほかに不動産や貴金属があるかもしれませんね。

作り方は正直、人それぞれです。

ポートフォリオ理論とかあって、難しい計算をする方法もありますが、個人ではあんまりしなくてもいいのではと思います。
というわけで、とりあえず一般的なことだけ書いておきます。(FXについては後で書きます)

ポートフォリオ作りの基本

最初に「資産形成」「資産運用」に分けます。
「資産形成」のほうは守り、「資産運用」のほうが攻めです。

一応、これのバランスを適切にとることが大切だとされています。
また、若年層の人は、積極的にリスクのある投資活動をしても大丈夫ですが、年齢が上がるにつれて減らすといいと言われています(‘ω’)ノ

資産形成 貯金、保険など
資産運用 株式や投資信託への投資、ほか投資活動

若年層の人はポートフォリオに多めに株やFXを入れてもいいってことですね。
何割かは、簡単にはいえないです。でもこんな計算式があるので、一応書いておきます。株式の話です。

ポートフォリオ内の株式の比率=(100-年齢)%

たとえば、30歳なら100-30なので70%は組み入れていいですよ、ということです。
今の日本人には多すぎに思えますね。

ただし、日本人の寿命がまだまだ伸びるようなので、今後はもっと多めになるのかもしれません。

ポートフォリオは人それぞれ

個人の状況でポートフォリオの内容は全然違います。

収入でも違うし、性格、家族構成でも違います。

上に書いた株式の比率の式も、当てはまらない人も居るということです。

でも、すべての人にいえるのは、未来の目標というかビジョンみたいなのを決めておかないとポートフォリオ作りもいい加減なものになるということです。

ここでは主旨が違うので深堀りしませんが、なにかの機会に将来について考えるのもいいかもしれませんね。

FXのポートフォリオ作り


FXでは、持っている通貨の種類をまとめてポートフォリオという人もいるし、「貯金と株とFX」の組み合わせをポートフォリオと言っている人もいます。
それはそれとして。

投資活動の中のポートフォリオについては、上の計算式の例だと、70%の比率で株式を持つとして、そのうちのいくらかをFX(為替)で持ってもいいんじゃないでしょうか。

FXはレバレッジがかかるのでリスクは大きめです。なので70%のなかの30%くらいが上限な気がしますが、これも人それぞれです。
(お金がありすぎて困っているような人は、もっと多くても良いですw)

次にFXの銘柄の組み合わせを考えます。

FX銘柄のポートフォリオの例


上の図は、あくまで例で正解ではないです。「あったまわる~~~爆爆」とかいわないでねw
人によって違いますし。

とにかくこんなふうに考えておくと、無駄なトレードを減らせるかもしれないのでいいのかもです。

この上の図は、いちおう中長期で持つイメージですが、下がりはじめているドルは金利目当てでも多すぎるかもしれません。
「円のみ」というのは現金のまま持っていましょうという意味で、レバレッジが大きいので追証用にも多めに現金を持っていたほうが良いということでこれは40%くらいにしてみました。

みなみにこの例は、スキャルピングの人には全然あっていませんし、スキャルピングならこういうのは作る必要ないと思います。(FX口座と株口座、貯金との比率くらいは考えたほうが良いかも)

ポートフォリオは、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

海外バイナリーオプションは、ポジションを持っている時間が数分間とかです。
でも、同時に複数の通貨のバイナリーオプションをするときもありますから、多少は役に立つかも。

ポートフォリオの考え方を応用してポジションを持つのはありかもしれません。
たとえば、似たような通貨を同時にいくつも下ばかり買うというのは、良くないよね、とか。

「オセアニア通貨ばかりをを同時に下」みたいなことですが、これも状況によっては全力でつぎ込むこともあるかと思いますから、絶対そうだとはいえないです。

それから、個人のポートフォリオの中で、株やFXと比べて海外バイナリーオプションはどのくらいの比率で持てばいいのかという例も書いておきます。あくまで例です。

FXと海外バイナリーオプションを50%ずつ
得意なほうを80%や100%にするなど臨機応変に

得意なほうを増やすときも、だんだん勝てなくなったら見直すなど、定期的にメンテナンスするのがベストです。
ポートフォリオマネジメントってやつですね!

ポートフォリオまとめ

海外バイナリーオプションでは、参考にする程度でしたが、いろいろ考えるのは面白いし、思考実験になります。
思考実験はトレードアイデアを生み出すので、どんどんするのをおススメしますよ(‘ω’)ノ

円グラフを作りたいときは、家計簿アプリやポートフォリオアプリを使うのも良いと思います。費目を自分で設定できるのを選んでください(‘ω’)ノ

ポートフォリオに関係する専門用語解説

ポートフォリオ・・人生の節目節目で出てくる言葉だよね。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ