プラザ合意とは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「プラザ合意」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「プラザ合意」とは、1985年にいきすぎたドル高をなんとかするために集まった国々の話合いの結果で、日本のバブル景気のもとになったといわれています。

為替市場の用語集はこちら

プラザ合意の基本的な意味

プラザ合意の読み方は、「ぷらざごうい」です。

1985年9月22日に、当時の先進国5か国(G5)がニューヨークのプラザホテルに集まって開かれた会議で合意された内容のこと。
その頃、米ドルが高騰していたので「みんななんとかしてくれ」と米国の呼びかけで中央銀行総裁などが集まった。

(自国の為替が高騰すると貿易で不利になるので困っていたのです)

プラザ合意は英語でなんていう?

似た言葉(類義語) 似た言葉というよりも、よく一緒に書かれているのが、
日本のバブル、円高不況、などの言葉です。
原因がプラザ合意だからです。
反対の言葉 なし
英語 Plaza Accord

プラザ合意に参加した国、内容、原因


どうしてプラザ合意まで至ったかというとドル高のせいですが、それは1980年代のレーガン政権で金融引き締め(利上げ)が行われたからでした。
参加国などは下の一覧にまとめます。

プラザ合意まとめ

言いだした国 アメリカ合衆国
会議の呼び方、名前 先進5カ国蔵相・中央銀行総裁会議
会議の行われた日時と場所 1985年9月22日
アメリカ合衆国のニューヨークのプラザホテル
(768 5th Ave, New York, NY 10019, USA)
目的 ドル高の是正(ドル安にして欲しい、そうすれば米国は貿易で儲かる)
出席者 G5の財務長官、日本は大蔵大臣(竹下登)、中央銀行総裁
主催者はベーカー米財務長官
G5の国は、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、日本
決まったこと ・ドルに対してG5各国の通貨を10~12%切り上げる
・切り上げる方法は、参加各国の協調介入
日本への影響 日本は輸出企業がダメージを受けました。円高だと基本そうなります(円高不況)。
不況になったので日銀が緩和策(金利を下げる)をやったので円安に向かい、景気は安定、
しかしそれが行き過ぎて不動産などが高騰、バブル景気となりました。

故竹下登氏はミュージシャンのDAIGOさんのおじいさんです。

プラザ合意の後に起こったこと(ルーブル合意まで)

プラザ合意でドルは安くなりましたが、協力した他の国は大変でした。
そこで1987年2月には、G7(G5にカナダとイタリアをプラス)が過度なドル安の進行を防止するためにパリでルーブル合意を成立させました。
このルーブル合意は各国の姿勢がバラバラだったのであまり効果がなかったといわれています。

日本のバブルはそれでも止まらずに、1989年から1990年にかけて山一証券の破たんに象徴されるバブル崩壊が起き、不動産や株かが暴落しました。

プラザ合意とFXの関係

基軸通貨でもあり、為替市場でいちばん流動性のあるドルの価値を変えたのですから、プラザ合意はFXにとても関係しています
アナリストさんもよく「プラザ合意から円高になって……」とかよく言っています。

プラザ合意とFX

為替に大きく関係するとはいえ、30年以上前の出来事です。
スキャルピングやデイトレードにはほとんど関係しません。

もしかしたら、プラザ合意前のポジションを持っている機関投資家がいるのかもしれませんが、私たちにはわからないことです。
ファンダメンタルズの知識として基本だけ知っていればいいと思います。

ただし政治家やどこかの中央銀行の人が「プラザ合意みたいなことをするよ~」とか言いだしたら、そこの通貨が動くのでしっかりヘッドラインを見たほうがいいです。

プラザ合意は、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

FXでも長期のファンダメンタルズに関係あるだけですから、短期の海外バイナリーオプションもあまり関係しないといえます。

プラザ合意まとめ


経済、為替の近代史では有名な出来事。日本にとっては本格的な円高時代のスタートということで、重要視されています。

主要国が協調介入をすることは、めったにないことで為替も大きく長期にわたって動くので今後もしニュースで見たら要注意。

プラザ合意に関係する専門用語解説

プラザ合意・・アメリカ合衆国が言いだして為替について話し合われた会議で決まったこと。これで一気にドル安(円高)になった。
ルーブル合意・・プラザ合意の行き過ぎをなんとかするために話合われた結果の合意内容。あまり効果的でなかったといわれる。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ