スリッページとは?

よく聞く言葉、「スリッページ」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「スリッページ」は「すべる」ともいってFXをやる人に嫌われていますが、さて?

為替市場の用語集はこちら

スリッページの基本的な意味

トレーダーが売り買いの注文を入れて、約定するときにそのとおりの価格でできなかったときにいいます。
よく「すべる」といわれ嫌われます。

普通はトレーダーに不利なほうにスリッページするからです。
英語ではslippageです。

スリッページとは

為替も他の銘柄と同じように、売りたい人の価格と買いたい人の価格がいつも一致するとは限りません。
特に最近はAIが取引に参加しているので、ものすごい速さで価格が動いています。

そんななか、スリッページが起きるのは当たり前かもしれませんけど、トレーダーには嫌われます。

スリッページは、こんなふうに説明されます。

スリッページとは、注文した価格と実際に約定した価格との差のことをいいます。

約定というのは、取引が成立したことをいいます。
値動きが早くて荒すぎて、トレードシステムが間に合わなかったというか、そんな感じかな?

スリッページが発生しやすいときとは?

・値動きの激しいとき
・流動性がないとき
・チャートのヒゲが多くてなんかザクザクした感じのとき

というわけで、こんなときにスリッページが発生しやすいです。しかも大きく。
もう少しいうと、要人発言のとき、指標発表のとき、です。
他に、年末年始やニューヨーク市場の休場の日みたいに市場参加者が少なそうなときも危ないです。
また、メキシコペソ、トルコリラ、南アランドなどの新興国通貨は流動性が少なく、値動きが荒いのでスリッページが発生しやすいです。

それから、東京市場、欧州市場、ニューヨーク市場のはじまる時間と終わる時間は値動きがはげしくなることがあります。

スリッページとスプレッドの違い

はじめてFXをやろうとして、ネットで調べると似たような言葉なので混乱しますね。
為替取引(FX)では、下のような意味になります。

スリッページ=注文とずれた価格で約定してしまうこと
スプレッド=BID(業者が買い取ってくれる価格)ASK(業者が売ってくれる価格)の差

スリッページは、トレーダーの注文と業者の約定価格の差なのに対し、スプレッドは業者があらかじめ提供している売り買いの価格です。
どっちにしても「高く売って安く買い取る」ことには変わりないと考えて良いんじゃないかな!

それから、後で書く「許容スリッページ」との関係も書いておきます。

スプレッドの広い通貨ペアは、許容スリッページ設定も広めにしよう!

FXの許容スリッページ設定のおかげで、やりやすくなった

昔、法改正前の国内FXはえげつなくて、平気で200pipsくらいわざとすべらせていたのだそうです。
その後、レバレッジ規制とかいろいろあって、このごろ(これ書いてるの2018年)では、ほとんどの国内業者が「許容スリッページ設定」ができるようになりました。

でその「許容スリッページ設定」なんですけど、ざっくりいうと「これ以上すべるの嫌だからね!」という範囲を設定できますよ、ということです。

国内FXの許容スリッページ設定やりかた

国内FX業者の広告によく「すべらない!」とかありますけど、100%絶対すべらないってあり得ないと思います。
でも、すべるのが嫌なのはどのトレーダーも同じなので、それぞれ創意工夫をしています。

特に許容スリッページを設定できるようになったのは良いです!

やり方は業者によって違いますが、だいたい以下のかんじです。

国内FX業者の注文画面って、だいたいこんな感じなんですけど、この画面の中に「許容スリッページ」「許容スリっプ」っていうメニューがありますが、そこで設定できます。

やりかたは、pips単位で好きな数値を入れるだけ。
1pipsだけならすべっていいと思うなら、「1」と入力しておきます。

入力方法はそれぞれ違いますが、どの業者もすぐわかります。
業者の最初の設定では、10pipsとか20pipsとか大きめ(?)になっています。

上の絵は、ヒロセ通商さんの注文画面を見本にして簡単にしました。で、きゃべつはヒロセ通商さんで許容スリッページを入力するとき「ぐわー!1pipsしか許さんーーーー!」って1pipsにしてみたこともありますが、ドル/円やユーロ/ドルみたいに流動性があって経済指標の時間でもなければ、結構約定してくれます。一度やってみてください笑

スキャルピングの人なんて、10pipsとか無理ですもんね。


ちなみにヒロセ通商さんのスマホアプリでの入力画面です。
ここは、なんかスーパーのバイトのときに値札をつけるやつみたいにくるくる回して数値を入力する方式。

許容スリッページおすすめ設定

この上に、きゃべつがヒロセ通商さんで許容スリッページを設定したことを書きました。
経験として、1pipsでも約定するときはすることがわかりました。

ただし、すべらず損をしないための許容スリッページ設定なのに、デメリットもあります。
1pipsにしておいたら、値動きが激しかったので約定しなかった、とか。

絶対約定してほしかったら、許容スリッページ設定は大きめにすべきですよね(;^_^A

で、トレーダーのブログとかを探しまくったのですが、国内も海外もどっちのFX業者も、以下のような人が多かったです。

スキャルピングの人 0~0.2pips
普通の人で普通の値動きのとき(経済指標のないときとか) 0.3pips前後
ぜったい約定させたいとき 5pips以上

調べると、きゃべつが狭いつもりで設定した1pipsってそんな小さくなかったのですね。
逆に最初に業者のアプリに表示される30pipsとかって、なんでそんなでかいんでしょう(;^_^A

MT4とMT5の許容スリッページ設定のやりかた


海外FX業者では、MT4やMT5でトレードできるところは、それで設定できます。

上の図はMT4の設定方法です。
上のメニューの「ツール」から「オプション」「取引」を選んで好きな数値を入力します。
MT5も、やりかたはそんな違わないのでやってみてくださいね!

この場合、一度設定したら、その後はすべてのトレードの許容スリッページが同じになります。

この図がMT5の設定画面。英語が書いてあるだけで、やりかたは同じ。

ちなみに海外FX業者で独自のシステムを持つ業者(MT4じゃないってこと)は、できないところもけっこうあります。

FXのスリッページが嫌ならNDD業者を使うかくりっく365を使う

スワップやスリッページがどうしても嫌なら、NDD業者か国内のくりっく365口座を使うことになります。
いちおう、両方ともインターバンクに直接、顧客の注文を流すので提示価格への不信感はなくなります。

でも、何度もいうけどインターバンクだって値が荒れるときはあるから完全に防ぐことはできないです。

NDD、インターバンクとかの用語を説明するとごちゃごちゃになるので、用語集をどうぞ。
為替市場の用語集はこちら

スリッページは、海外バイナリーオプションにもあるのか?


海外バイナリーオプションにも国内バイナリーオプションにも、スリッページは、あります。
完全にインターバンクの価格を提供しているとしても、そのインターバンクで急な値動きがないとは限らないですし。

以前、海外バイナリーオプションが流行しはじめた頃は、「わざとすべらせているのでは?」と思える業者もありましたが、この頃はそんな業者は消えてしまいました。今は、日本人にも使いやすい業者がたくさん残っているなという印象です。

バイナリーオプションのスリッページ経験

FXですべりやすいときと同じようなときに、判定時間になって「あれ?これ勝ってない?」と思ったことはあります。

ただしハイローオーストラリアは、すごい値動きがあるときに「値動きがありすぎて買えませんでした」というエラーになることがあります。まあすべるよりはましかなと思いますので、良いシステムなんじゃないかな?

スリッページまとめ

海外バイナリーオプションのスリッページは、指標発表とかのときだけ気を付けていればまあまあ大丈夫な気がする。
そんなにひどい目にあった経験は、いまのところないです。

スリッページに関係する専門用語解説

スリッページ・・すべるってこと。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ