ストップ高ストップ安とは? 為替・金融FX用語解説

よくきく言葉、「ストップ高ストップ安」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「ストップ高ストップ安」って為替と米株ではいわなくて、日本株だけの話ですけど。

為替市場の用語集はこちら

ストップ高ストップ安の基本的な意味


次々と知らない言葉がでてきますが、なんとかします。
これはあくまでも日本の株式取引の場合ですよ(‘ω’)ノ

英語でdaily limit riseだそうです。ここより

前日終値に対して値幅制限いっぱいまで株価が上がること(ストップ安は値幅制限いっぱいまで下がること)

いきなりとんでもなく株の値段が上がったり下がったりすると、個人投資家が大損してしまうので、そこそこのところで値段が止まるように決められているのです。投資家に不測の大きな損害や混乱を招かないように、ってよく書いてありますね。

で、これはその日1日で解除されます。翌日はその日の値幅制限いっぱいまで大丈夫ってこと。

前日終値とは

これはFXでもいちおうありますね。ニューヨーク時間が終わると、とりあえずは1日の終値が出ます。

さてさて日本の株式市場は、午前9時~午後3時までやってるので、終わりの午後3時の価格が終値です。
前の日の終値のことを「前日終値」といいます。

FXは世界中のどこかの国で24時間取引されているので、間があいてないけど、株は前日の夕方から朝まで何が起こるかわかりません。
「〇〇社がむちゃくちゃ儲かってるらしいぞ!」というニュースがその間に流れたら、朝から〇〇社の株を買う人が殺到します。

午前9時前から注文は入れられるし、そういうときは持っている人も売らないですから、株価は上がる一方です。

株もいちおう売りも買いもできるので、上がりすぎても下がりすぎても、損する人が出るんですけど。

で、大損する人がでないための値幅制限の基準になるのが、前日終値なのです。

値幅制限とは

個人投資家が大損しないように、日本の証券取引所で決まっているルール。
決まった価格になったら、ストップ高あるいはストップ安になるので、それ以上は値動きがないですよということ。
だからストップ高ストップ安以上に損はしないというわけです。

株価に対して値幅制限が最初から決まってますよ。
一覧をぜんぶ書き写すと、長くなりすぎるので一部だけまとめます。

「100円未満の株価のやつ(90円とか)なら、値幅制限は30円だよ」ということです。
ストップ安でもストップ高でも同じ値を使います。

基準値段(前日の終値) 値幅制限
100円未満 30円
100円以上200円未満 50円
200円以上500円未満 80円
(細かく決まってるけどとばします)
1000円以上1500円未満 300円

で、5千万円以上の株価ってところまで、値幅制限が決まってます。(ちなみに5千万円の場合、1千万)
5千万円の株って聞いたことないけど……決めといたほうがいいんだろうな、やっぱり……。

値幅制限の細かいことはここを見てね

ストップ高ストップ安とは

というわけで、知らない言葉がいっぱい出てきましたが、そういう決まった価格まで行ったら値段が止まっちゃうということです。
でも、取引自体はストップしないので、注文は膨らんでいきます。
それに、1日で株の価値がゼロということはないけど、連日ストップ安ってことにでもなれば、最後には紙屑(というか電子の世界のゴミw)になってしまいます。

あと、値幅制限の表のみかたですけど、上も下も同じです。
前日終値が100円未満の株の値幅制限は30円ですから、こんなふうになりますよ↓

・前日終値が90円だったら、90+30で、120円でストップ高
・前日終値が90円だったら、90-30で、60円がストップ安

計算はシンプルなのね。

ストップ高ストップ安とFXとの関係


(上のチャートは、書いてるときにストップ高になった投資信託。最近また原油が高いので、その価格に連動する投資信託が人気出てます)
ヤフーファイナンスより

最近だと、武田薬品がアイルランドだかの製薬会社を買収するとかいって、株価が動いたけどストップ高まではいってないみたい。
ていうより年初来高値になってた爆

で、FXだとこの話題は欧州の会社を買う用に調達するポンドが動くんじゃないかってなってました。

なので、ポンドが上がるっていうアナリストの人もいたけど、いうほど上がらなかった記憶があります。わけわからんタイミングでちょっと上がったけど。
(買収するためのお金を両替したり、支払ったり、っていうタイミングは誰にもわからないので、これで予想するのは無理があるのかも)

予想通りあまりFXとは関係なかった。
海外FX業者で日本株ができるところがあるので、それ使ってる人には関係あるかも。

ストップ高ストップ安とアルゴリズム

ストップ高を予想するアルゴリズムなんてのも出てきてるみたいですね。
よほどのマニアじゃないと見ない気がするけど。

ストップ高ストップ安は、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?


日本の株の取引きをしない人には、ほとんど関係ないし、バイナリーオプションにもぜんぜん関係ないと思います。
でも、武田薬品みたいに日本の株のニュースが為替に影響あるので、こういうことも知ってて損はないのかな。

バイナリーオプションでも株ができるのもあるし。

ストップ高ストップ安のバイナリーオプションでの使い方

バイナリーオプションで日本株を買うことができる場合は、ストップ高ストップ安は使えるかも。

・もし「上」を買おうとした株がストップ高だったら、それ以上上がらない。買うのをやめれば損をしなくて済む
・「下」のときはその反対。
・ストップ高になった株の現物は買えないが、連動する指数銘柄(〇〇株CFDとか書いてある)なら上がるので、「上」を買ってみる
・「下」はその反対。

ストップ高ストップ安の株が何関連かは気になる

「原油関連の〇〇石油株式会社がストップ高になった!」
みたいなニュースを聞いたら、産油国のカナダとかの為替が上がるかもしれない、ってのはあるかも。

ストップ高ストップ安まとめ

人気株がストップ高だとか、不正問題でストップ安だとか、ニュースでいいますね。
よく聞く言葉だし、知ってればそれなりに何かの役に立ちそうです。

ストップ高ストップ安に関係する専門用語解説

ストップ高・・買い注文がありすぎて、値幅制限いっぱいまで値上がりした状態
ストップ安・・ストップ高の反対

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ