BB MACDの設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「BB MACD」(びーびー まっくでー)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

BB MACDは色で売買シグナルを教えてくれるインディケータです。

TICを導入していない人はコチラ↓
関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

BB MACDの入手方法と基本パラメータ設定


(BBMACDを表示させたところ。下の窓に出て、ラインと点々の組みあわせです)

TICに標準装備です。PC用です。

入手場所とチャートに表示させる方法


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「BB MACD」を選んで、最後に右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) BB MACD(ボリンジャーバンドマックディ)
入手場所 TICに標準装備
種類 トレンド系
英語表記 Bollinger Band Moving Average Convergence Divergence
表示させる方法 メニューから選択

MACD系はチャートの下側に表示されますが、教科書的にはトレンド系のインディケータです。(覚える必要はないかも)

基本パラメータ設定


メニューをもう一度出して、「BB MACD」の名前の上をクリックすると設定できます。
特に変える必要はありません。

(Short PeriodとLong Periodというのが、MACDを描くもとになる移動平均線の値です。わかる人はここを変更しても良いです)
MACDとは

Short Period 12
Long Period 26
k-times 2.00
Signal Period 9
Displacement 0
Apply to Close

BB MACDの動き


(ふつうのMACDも出してみました。一番下がふつうのMACDです)

よく使われているMACDをもとに、取引シグナルを出してくれるというスグレモノなインディケータです。
(取引シグナルというのは、ここでエントリーだよと教えてくれるサインのこと)

BB MACDとは

MACDにボリンジャーバンドをつけて、かつ取引シグナルを出してくれる、TIC標準のインディケータ。
TICの画面では、元になるMACDは描かれていないようです。
主な取引シグナルは、点々の色の変化で、色が変わるとトレンドが変わります。

BB MACDが描かれる過程、動き

取引シグナルの点々が、TICでどう計算して出されているか、こちらもはっきりとはわかりませんでした。
ここでは、取引シグナルが描かれる過程を書いておきます。

1、チャートの移動平均線の離れ具合をもとにMACDを計算。
2、このMACDをもとにボリンジャーバンドを描く。
3、できたボリンジャーバンドをもとに点々を描く。
4、トレンドが変わったら点々の色を変える。

BB MACDの一般的な使い方

(一般的=FXでの使い方)
取引シグナルを出してくれるので、そのとおりに売買します。
(こういうのは絶対ではないですが、出してくれるのはありがたいですね)

BB MACDのシグナルの使い方

とても簡単です。
トレンドが変わると色が変わるので、単にトレンドを知るためにも使えますが、以下のようにシグナルを使います。

点々が赤いときは売り。
点々が青いときは買い。
上下のボリンジャーバンドっぽいラインは、ふつうのボリンジャーバンドと同じように見ます。
(幅が広がったときには、強いトレンドが発生しているって感じで)

点々の色はパラメータ変更の下のほうで変更できます。

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

FXでは、トレンドを教えてくれるので便利ですが、海外バイナリーオプションでは「ここで上」というシグナルが出るわけではありません。
トレンドを確認するために使うとか、そんなところになります。

BB MACDでバイナリーオプションやってみた


バイナリーオプション用のシグナルが出るのではないですが、点々を見てバイナリーオプションのクイックデモをやってみます。
「何個も青い点が続いていたのに、赤い点が出た」ときに下、というようにやってみます。
上のユーロ円のチャートでは、赤い点が出たので、「下」をやってみたのですが、次の点が青になってしまいました。

とりあえずやってみましょう。
1分足のチャートを見てturboの1分のバイナリーオプション(デモ)です。

ダメそうに見えますが…。

チャートだとよくわかりませんが、だんだんと下落して偶然勝てました。

点々の色とも合っていないので、BB MACDで勝てたとは言い切れませんでした。

何時間足が使いやすい?

何時間足でもOKです。
1分足でも見やすかったです。

BB MACDの総評・まとめ

海外バイナリーでそのまま使うのは難しいかもしれないですが、補助として使うならよさそうです。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ