トリプル指数移動平均線とは?(Triple Exponential Moving Average)設定と使い方(攻略法)

MT4とMT5のインジケータ、トリプル指数移動平均線(Triple Exponential Moving Average)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。

トリプル指数移動平均線は移動平均線の進化したやつです。

MT4を導入していない人はコチラ↓
関連リンク「MT4導入方法」
MT5ダウンロードページはここ↓
MT5ダウンロードページ

え、インジケータってなに?っていう人はこちら
用語集はこちら

トリプル指数移動平均線の入手方法と基本パラメータ設定


Patrick Mulloyさんが作りました。
ダブル指数移動平均線と同じ人ですね。ただ、ダブル指数移動平均線と一緒に使うのは単なるEMAでした。
名前の雰囲気から「トリプル指数移動平均線とダブル指数移動平均線を一緒に使う」気もしますが、違うようです。

ややこしい!

それから~(´・ω・`)
TRIXのことを前書きましたけど、これMT5のサイトには「3重指数移動平均」(トリプル指数移動平均)って訳してあるんですよね。「線」がないだけです。TRIXはTRIXって呼んだほうが良いですね。みんなそう呼んでるし。

TRIXは「オシレータのほう」です。
図の下のほうに出ているのがTRIXですよ(^^)/

ダブル指数移動平均線
TRIX

入手場所とチャートに表示させる方法

MT5には標準装備。表示させる方法は「ナビゲーター」→「インジケータ」→「トレンド系」からチャート上にドラッグ。
MT4にはないので、abysseで見つけたいのですが、これだけのやつがないみたいです。


これが、abysseの画面。
abysseの使い方は、「MT4にないRCIを導入する方法と設定 初心者向けガイド」にあります。

名前(英語) TEMA、トリプル指数移動平均線(Triple Exponential Moving Average)
入手場所 MT5に標準装備
MT4用の良いのが見つからないです。すみません。
種類 トレンド系
英語表記 Triple Exponential Moving Average
表示させる方法 MT4 abysseにもなさそう。
MT5「ナビゲーター」→「インジケータ」→「トレンド系」からチャート上にドラッグ

基本パラメータ設定


MT5の標準の設定でOKです。

期間 14
シフト 0
適用価格 Close
スタイル 好きな色と太さにしよう!

シフトっていうのは、右とか左とかに水平移動するってことで、数字を入れるとアリゲーターみたいになります。

アリゲーターの使い方

トリプル指数移動平均線の意味


意味を書く前に、図で似たようなやつを比べたので見てください。

上から、

TEMA トリプル指数移動平均線(今日の主役)
DEMA ダブル指数移動平均線(こうして並べると中途半端な気も爆)
EMA 指数平滑移動平均線(シンプルなやつ)

もう何が何だか。ローソク足というかチャートにくっついている順ですね。
計算はほんとうは違うのですが、イメージとしてはこうです。

とにかくEMAを元にして、どんどんいろいろやっているという程度に理解しておけば、使える、たぶん。

TEMA トリプル指数移動平均線=なんかもう敏感さを3倍にしてビビッと動く
DEMA ダブル指数移動平均線=なんかもう敏感さを2倍にしてそこそこ動く
EMA 指数平滑移動平均線=基本真面目なやつで普通に動く

EMAも、移動平均線の仲間としては機敏に動くほうですが、もっと機敏に動かそうとして、2倍、3倍、っぽい計算をしていったということです。

トリプル指数移動平均線とは

もうこれも読まなくて良いです(;^_^A
とにかく、3回がんばったんだからすごいダマシが少なくて敏感だからよろしくね、ってことです。

TEMA トリプル指数移動平均線とは、EMAのダマシを克服して値動きに対し敏感にしたDEMAのダマシを克服して値動きに対して敏感にしたやつ

とりあえずこれであってるのではないでしょうか。なんか「バカっていうやつがバカだぞ!」「バカっていうやつがバカっていうやつがバカなんだぞ!!!」みたいになってきました。

ただし、ダマシが少なくて値動きに対して敏感というなら、海外バイナリーオプションでは使えそうなので期待してますけど。

トリプル指数移動平均線の計算式貼りつけ

今回も貼り付けですみません。

え~っと、やっていることは、「ダブル指数移動平均線」(DEMA)の「エラー」をなくしてから「指数平滑移動平均線」(EMA)の計算を3回やってます。もう考えなくて良いけど(´・ω・`)

とりあえずエラーをなくすといっても、価格と「ダブル指数移動平均線」の差を出しているだけ(引き算しているだけ)みたいだし。

この計算はMT5公式にあります

トリプル指数移動平均線の一般的な使い方

(一般的=FXでの使い方)
元はEMAとDEMAの良さを取り入れているものなので、ほかの移動平均線と同じように使えます。しかもダマシが少なく使いやすい、はず。

普通の移動平均線と同じ使い方です

こんな使い方をします。移動平均線と同じです。

・ゴールデンクロス、デッドクロスを見て売買する
・トリプル移動平均線の上に価格(ローソク足)があるときは上昇トレンド
・トリプル移動平均線の下に価格(ローソク足)があるときは下落トレンド

移動平均線の使い方も読んでね
ゴールデンクロス、デッドクロスとは

トリプル指数移動平均線で海外バイナリーオプションやってみた

ちょっと不安なんでズルしてTRIXもみながらにします。

海外バイナリーオプションやってみた


ドル/円の5分足がなんとなく、デッドクロスっぽいので、これで「下」でいいんじゃないかな。「15分のバイナリーオプション」です。
クイックデモです。

TRIXが下すぎて「売られすぎ」なのは気になる。


15分経ちました。
「売られすぎ」を無視したのがいけなかったのか、負け。

でも、チャートをよく見るとちゃんとデッドクロスのあと、ローソク足は下がっているので、FXでなら良かったかもです。

それから、敏感にしたやつっていってるのに長いバイナリーオプションにしなくても良かったなと後で思いました(´・ω・`)

で、後で1分をやってみたらサラっと勝てました。
ゴールデンクロスで「上」です。

移動平均線って、レジサポラインみたいなときもあるし、跳ね返る動きを狙うというのもできそうです。

何時間足が使いやすい?

元々は移動平均線だし、何時間足でも何分足でも使えます。
バイナリーオプションでは短期というか1分足がビンビンハマる気はする。

トリプル指数移動平均線の総評・まとめ

移動平均線を普段使っている人で、試しに使いやすいかどうかやってみるのもいいかもしれません。

トリプル指数移動平均線における専門用語解説

トリプル指数移動平均線・・EMAの計算をして出た数値にまたEMAの計算をして、、、って3回やったやつ。途中でちょっと細工もする。
ダブル指数移動平均線・・トリプルのやつのEMAの計算が1個減って、2回になってるやつ。
トリプル指数移動平均・・TRIX(トリックス)のこと。トリックスはトリックスとして覚えるしかない!

用語集も見てね。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ