DMI(ディーエムアイ)の設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「DMI」の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

DMIはチャートの強弱をあわらすインディケータです。

TICを導入していない人はコチラ↓
関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

DMIの入手方法と基本パラメータ設定


(TICで表示したDMI。下のほうです)
「でぃーえむあい」と読むことが多いです。
上図のように、MT4のADXというインジケーターと一緒に表示されるものとは見え方も違いますが、基本はADXと同じ計算式で同じ使い方です。

TICのDMIは、相場の上昇パワーや下落パワーをグラフで描いたもの

MT4ではぜんぶ折れ線グラフですが、TICでは棒グラフも使っています。

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「DMI」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) DMI(でぃーえむあい)
入手場所 TICに標準装備
種類 トレンド系とオシレーター系ミックス
英語表記 Directional Movement Index
表示させる方法 メニューから選択

基本パラメータ設定


メニューをもう一度出して、「DMI」の名前の上をクリックすると設定できます。
特に変える必要はありません。

period 14
Displacement 0

この下にあるのは、色を変える設定です。それぞれ好きな色に変更して使えます。

DMIの意味など

グラフが4つ重なっているのでわかりにくいですが、チャートにトレンドがあるかどうか、トレンドが続いているかどうか、をあらわしています。

DMIは相場の強弱を見て売買を判定するためのインディケータです

DMIの各グラフの意味

Style DI+ 上昇パワーのグラフ
Style DI- 下落パワーのグラフ
Style DI DI+とDI-の乖離をあらわした棒グラフ
Style ADX トレンドの強さだけをあらわすグラフ
(上昇トレンドでも下落トレンドでも強ければ上にある)

ほかが多少乱れた動きをしても、ADXが上のほうにあれば一時的なダマシとみることもできるので、便利といえば便利です。

DMIの計算式

TICでは計算式がみつかりませんでしたが、ADXの計算方法が参考になると思います。
このマネーパートナーズさんの説明がわかりやすいです。

DMIの一般的な使い方

(一般的=FXでの使い方)
トレンドの強弱がわかりやすく出るのですが、ラインが3本と棒グラフ1つで見るものが多く、意味を覚えるのにも時間がかかります。

DMIでのFXトレード、使い方


使い方のバリエーションは数多いです。
この上の図では、トレンドが強いかどうかを判断する方法を書きました。Style DI+とADXが上にあるので「上昇トレンドがけっこう強い」となります。
ダメ押しでDIの棒がプラスで長ければ、しっかりした上昇トレンドであると判断して、買いにします。

Style DI+ 上昇トレンドのときに上に来る
ずっと上にあればトレンド継続と判断する
Style DI- 下落トレンドのときに上に来る
ずっと下にあればトレンド継続と判断する
Style DI DI+とDI-が広がると棒グラフが長くなる
下落トレンドのときは反対に広がるので、棒グラフは下に向かい、色も変わる
Style ADX トレンドが強ければずっと上にある。
FXトレードはトレンドフォロー戦略を使いやすくなる

DMIで海外バイナリーオプションやってみた

主にトレンドを見るものですが、やってみましょう。
ハイローオーストラリアのクイックデモです。

買われすぎを使ってやってみた


グレーのラインがADXです。
上のほうにあるので「上昇トレンドが継続しているよ~」ということですが、グリーンのStyle DI+が下がってクロスしたので「買われすぎがいったん終わるかも~」という判断をして「下」を買います。

一度失敗してまた買いました。見たところ嫌な予感しかないですね。

下がるという予想は当たっているようですが、ハイローの1分はタイミングが悪ければ負けてしまいます。

うまくいきませんでした。

トレンド転換の判断が速すぎたのもいけなかったようです。ADXも下がるとか、ほかの判断も合わせたほうがよかったですね。
でも、トレンドをみるものは基本バイナリーオプションでもFXでも中長期の分析向きかもしれません。

何時間足が使いやすい?

何時間足でも使えます。

DMIの総評・まとめ

ラインの意味と使い方を覚えるだけで疲れてしまいそうです。
シンプルにトレンドの強さを見るだけでもいいかもしれないと思いました。

ただしMT4の点々の見づらいやつよりは見やすいです。(個人的感想)

DMIにおける専門用語解説

DMI・・トレンドが続いていると見やすくなる。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ