DPO(ディトレンディドプライスオシレータ)の設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「DPO」(ディトレンディドプライスオシレータ)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

DPOはチャートのサイクルを表示してくれるインディケータです。

TICを導入していない人はコチラ↓
関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

DPOの入手方法と基本パラメータ設定


TICに標準装備です。
これもなんだかおもしろそうなインディケータです!

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「Detrended Price Oscillator」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) DPO(ディトレンディドプライスオシレータ)
入手場所 TICに標準装備
種類 サイクル系
英語表記 Detrended Price Oscillator
表示させる方法 メニューから選択

基本パラメータ設定


メニューをもう一度出して、「DPO」の名前の上をクリックすると設定できます。
特に変える必要はありません。

periodが期間(ローソク足の本数)なので、変えたいときはここを変えます。

period 14
Displacement 0
Apply to Close

この下は、ラインの色などを変えるメニューです。

DPOの動き


「0ライン」というのが真ん中あたりに引かれます。
図だと「0.000」となっているところの水平の黒いラインです。
これを中心に上に行ったり下に行ったりするのがDPOです。(薄い青い線)

DPOとは

トレンドを無視してサイクルだけを示すといわれるインディケータ
上下に動き、0ラインと交差したときに売買シグナルを出す

売買シグナルは下のFXのところで書きます。

サイクルとは

景気変動が繰り返されるということをサイクルといいます。循環ともいいます。
DPOも景気サイクルなどの長期の分析用に考えられたそうです。

DPOの計算式ざっくり

移動平均線をもとに出します。

終値-単純移動平均線の値(期間の半分÷2-1)

こちらを参考にさせていただきました。

DPOの一般的な使い方

(一般的=FXでの使い方)
0ラインを判断基準として、ほかのオシレータと似た使い方をします。

SPOの売買シグナル


0ラインを基準にして上下を見ます。
上の図では、1のときは買い、2のときは売りとなります。

・DPOが0ラインより下がっていて、下から0ラインを超えて上に上昇したときは買い
・DPOが安値を切り上げて上がっていれば、上昇トレンドが続く可能性が高い
・DPOが0ラインより上がっていて、上から0ラインを抜けて下がったときは買い
・DPOが高値を切り下げて下がっていれば、下落トレンドが続く可能性が高い

ほかにも「売られすぎ」「買われすぎ」のラインがそれぞれ下と上に出るのでそれも使えます。
この数値は銘柄や状況で変わるみたいで、RSIのように「70以上なら買われすぎ」ということがいえません。
TICは0ラインの上下にもラインを引いてくれるので、それから出たら「売られすぎ」「買われすぎ」と思えばいいと思います。
(たとえばマイナスラインより下だったのが、マイナスラインを超えて上がってきたら、売られすぎ解消だから買い、などとやります)

それから、価格の動きによって上のラインが見えないくらい上にいってしまい、0ラインと見間違えることがありますので、気を付けましょう。
(下がりすぎてマイナスのラインが消えることもあります)

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

0ラインを超えたときに海外バイナリーオプションのチャンスかもしれないと考えたので、やってみます。
ハイローオーストラリアのクイックデモです。はじめて使うインディケータで本口座は使えないです。

DPOでバイナリーオプションやってみた

オーストラリアドルが細かく動いていたので、0ラインを超えたりしてくれるかと、1分足を出してみました。

あっという間に0ラインよりも上になって慌てて上を買いましたが……


嫌な予感。

やっぱり下がった!
ここで上のほうに破れなさそうな水平レジスタンスラインがあると気づきました。
(黒く描いておきました)

敗北。

使う前に、いつもやっている水平ラインを引くとかは必要でした。

何時間足が使いやすい?

「やってみた」では1分足でした。
ほかの分析と合わせる必要がありましたが、使えると思います。
もとは長期の分析用に考えられていますけど、大丈夫そうでした。

DPOの総評・まとめ

サイクルといいつつ、トレンドが続くかどうかも見ることができるというので、新しい気分になります。
海外バイナリーオプションで、今回は失敗しましたが相場の波や流れみたいなものをイメージするのにはいいのかなと思いました。

DPOにおける専門用語解説

DPO・・サイクルといいつつも、トレンドや買われすぎなんかもわかる。

用語集も見てね。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ