フラクタルズ(Fractals)の設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「フラクタルズ」(Fractals)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

フラクタルズは買われすぎとかをみるオシレーターです。

TICを導入していない人はコチラ↓

関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

フラクタルズの入手方法と基本パラメータ設定


(TICで表示したフラクタルズ。小さい三角のようなのがそう)

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「Fractals」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) フラクタルズ(フラクタル)
入手場所 TICに標準装備
種類 トレンド系
英語表記 (Fractals)
表示させる方法 メニューから選択

フラクタルズに似たインディケータで、スイングHLポイントというのもあります。

基本パラメータ設定


メニューをもう一度出して、「Fractals」の名前の上をクリックすると設定できます。
特に変える必要はありません。

period 2
Displacement 0

フラクタルズの動き

フラクタルズは、

ローソク足の2本前と2本後の高値よりも高いときに変な三角を描きます。
ローソク足の2本前と2本後の安値よりも安いときに変な三角を描きます。

文字で書くとわかりにくいですが、上の図で「両隣の2本よりも高い」とあるところに描かれているのがわかると思います。
なので、フラクタルズを描くローソク足の2本先が決まらなければ描かれません。

フラクタルズとは

フラクタルズはトレンド判断のめやすになる

注意点があります。2本後のローソク足が決まると、やっと描かれるので、以下のようなことになります。

フラクタルズは、トレンド反転を示すわけではない

※スイングHLポイントという、似たやつはこの「2本」のところが3本だったり4本だったりします。
なので、TICのパラメータの「period」の数字を変更すればスイングHLポイントとして使えます。

フラクタルズの計算式

計算式というか、描かれるルールは、上の「フラクタルズの動き」で書いたとおりです。

「もしnのローソク足が、n-1、n-2、n+1、n+2のローソク足よりも高ければ、フラクタルズの印をローソク足の上に描く」
みたいなことになります。そして下に描くフラクタルズはこの逆になります。

また、TICのフラクタルズは、終値ではなくローソク足の高値か安値(ヒゲができていたら、その先端)に描かれます。

フラクタルズの一般的な使い方


(一般的=FXでの使い方)

初心者でもトレンドラインが簡単に引ける


(フラクタルズをつないで引いてみたトレンドライン。短すぎたりして使えそうもないのは消していい)

フラクタルズの三角を始点にして、トレンドラインが簡単に引けます。
特に初心者で引き方がわからないときに練習用にもなるので便利です。
もちろん、FXトレードのためにサポートラインやレジスタンスラインとして利用することもできます。

フラクタルズを使うとトレンドラインを引きやすい

トレンドラインを使ってFXをする


トレンドラインを簡単に引けるので、トレンドフォロー戦略のときに使えます。
たとえば、上の2本を使うとすると、こうなります。

1のトレンドラインをうわ抜けて上昇しているので、しっかりした上昇トレンドだと判断。
2のサポートラインから離れていくので、上昇トレンドは力強く継続する可能性があると判断。

で、買いをやるほうがいいと考えます。(100%当たるわけではありません)

(ほかに、作った人が同じインディケータであるアリゲーターという移動平均線と一緒に使ってトレンドを判断する方法もあります)

フラクタルズで海外バイナリーオプションやってみた

変な三角だけでは、どう使っていいかわからないですが、適当にトレンドラインを引いてやってみればバイナリーオプションでも使えそうです。

フラクタルズでクイックデモやってみた

短期の海外バイナリーオプションでは、トレンドラインは使いやすいはずなので、やってみます。
1分のバイナリーオプションをするのに、あまり古いフラクタルズは意味がないので最新のフラクタルズを使って上と下にラインを引きます。
TICはラインをきめた場所をダブルクリックすると、丸を描いてくれるのでわかりやすいですね。

トレンドは上昇トレンドです。チャートは右上に向いています。
(一番右はしの下にフラクタルズが一個ありますが、最新のローソク足が終わっていないので確定していません。無視します)
それで下のラインをうわ抜けて安定したころに「上」を買いました。

詳しく書くと、下の図の矢印のところが「上」を買ったところです。
トレンドラインを抜けて教科書どおり上昇しています。

反動で下がる前に判定時間になりました。

無事勝利です。

何時間足が使いやすい?

何時間足でも使えます。
ふつうは、長期の足と短期の足の双方にフラクタルズを出して、トレンドラインを引きます。
短期でみたトレンドだけでは判断できないときに有効です。

フラクタルズの総評・まとめ

なにもしらず、「三角のところがトレンド転換だから逆を買おう!」などと考えてしまうと、まったく使えないしろものとなってしまいます。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ