フィッシャートランスフォームの設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「フィッシャートランスフォーム」(FT)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

フィッシャートランスフォームは、トレンドや買われすぎとかをみるオシレーターです。

TICを導入していない人はコチラ↓
関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

フィッシャートランスフォームの入手方法と基本パラメータ設定


(チャートの下にあるのがフィッシャートランスフォーム。MACDに似ていますがストキャスティクスをもとにして出しています)

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「Fisher Transform」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) フィッシャートランスフォーム(フィッシャー変換式)
入手場所 TICに標準装備
種類 オシレーター系(トレンドもわかる)
英語表記 Fisher Transform(FT)
表示させる方法 メニューから選択

基本パラメータ設定


メニューをもう一度出して、「Fisher Transform」の名前の上をクリックすると設定できます。
特に変える必要はありません。

period(期間) 14
Displacement 0

periodが期間なので、20とか75とかに変えたい人はここに入力します。

下のほうはグラフの色等を変える設定ですので、好きな色に変えて見やすくできます。

フィッシャートランスフォームの動き


動きはほかのオシレーターと似ています。
チャートが上昇しているときは上がり、下落しているときは下がります。とてもわかりやすい動きです。

ダイバージェンスもあるので、予想にも使えます。
用語集はこちら

フィッシャートランスフォームとは

ストキャスティクスの何本かあるラインのうち%Kというのをもとに面倒な計算をして出したもの。
売られすぎ買われすぎのほかにトレンドも確認できる。
基本の使い方が少し変わっていて、以下のようにいわれます。

フィッシャートランスフォームが上に向かっている間は上昇トレンドと判断する
フィッシャートランスフォームが下に向かっている間は下落トレンドと判断する
上昇から下落、またはその反対の動きでトレンド転換とみなす

とてもシンプルです。

フィッシャートランスフォームの計算式

実際に自分で電卓などで出すことはほぼないと思いますので、軽くご紹介します。
ストキャスティクスの%Kの指数移動平均を出して、これにフィッシャーのZ変換ということをします。名前の由来でもあります。

式 0.5xln{(1+Value)÷(1-Value)}+βx前日のFT

βは決まった数を使います。TICでどうなっているかはわかりませんでした。
Valueというのがストキャスティクスから出した値です。
lnは自然対数というわけのわからないものです。

使い方だけ知っていればいいと思います。

フィッシャートランスフォームの一般的な使い方

(一般的=FXでの使い方)
FXでの使い方も、上のほうで書いたことと同じになりますがトレード中心にまとめてみます。

FXでのトレード方法

・フィッシャートランスフォームが上昇しているときは、買いをする
・フィッシャートランスフォームが下落しているときは、売りをする

・フィッシャートランスフォームの向きが変わった時は、売り買いの判断を変える

一般にフィッシャートランスフォームはこの使い方がよく紹介されています。
ただしTICでは真ん中に0ラインがあります。この0ラインを使う方法が見つからなかったのですが、たぶん使うことができるはずなので、チャレンジすると面白いかもしれません。

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

主にトレンドを見るので、ほんとうはほかのオシレーター系などと一緒に使いたいところです。
でもこれだけでやってみましょう。

クイックデモやってみた


上がっていれば「上」というFXの方法と同じ考えでやってみると、失敗したので、次は「売られすぎ買われすぎ」で反対のほうを買う戦略に変えます
上のチャートは、上昇をはじめています。フィッシャートランスフォームを見ると、下に行ってから上がり始めていますから「上」を買いました。

チャートも1分で、オプションも1分です。

調子よく上がってきて、勝てました。

やっぱり、売られすぎで「上」というオーソドックスな方法がやりやすいですね。
このときは、チャートの波もリズミカルに上がったり下がったりという相場だったので特に使い方と合っていました。

何時間足が使いやすい?

何時間足でも使えます。

フィッシャートランスフォームの総評・まとめ

計算式は別として、使い方は初心者にとっても一度で覚えられるような簡単なものなので、試しに使うのもいいかもです。

フィッシャートランスフォームにおける専門用語解説

フィッシャートランスフォーム・作ったのは、John F Ehlersという人です。MACDに飽きた人におすすめ?!
ダイバージェンス・・オシレーター系のインディケータとチャートが反対に向かったときは、トレンド転換の可能性が高まるという考え方。
ストキャスティクスの%K・・ストキャスティクスの基本となる数値。今の価格が高値と安値の何%のところにあるか?というのを出したやつ。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ