HLバンド(ハイローバンド)の設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「HLバンド」(High low bands、ハイローバンド)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

HLバンドは高値と安値がわかりやすいトレンド系インディケータです。

TICを導入していない人はコチラ↓

関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

HLバンドの入手方法と基本パラメータ設定


(HLバンドは、ローソク足の上下と真ん中の3本のライン)

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「High low bands」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) HLバンド(ハイローバンド)
入手場所 TICに標準装備
種類 トレンド系
英語表記 High low bands(HL bands)
表示させる方法 メニューから選択

基本パラメータ設定


メニューをもう一度出して、「High low bands」の名前の上をクリックすると設定できます。
特に変える必要はありません。

periodが期間なので、期間を変更したい場合はこれを変えます。

period 14
Displacement 0
Apply to Close(終値)

この下のメニューではラインの色を変えることができます。

HLバンドの動き、意味

上から名前があります。
Hバンド(ハイバンド)
Mバンド(ミドルバンド)
Lバンド(ローバンド)

イメージとしてはカクカクしたボリンジャーバンドみたいな感じです。
ただし計算は簡単です。

HLバンドとは

高値と安値の範囲をラインであらわしてバンドの形にしたも
・高値であるHバンドよりもローソク足が上に行きつづけるときは、上昇トレンド
・安値であるLバンドよりもローソク足が下に行き続けるときは、下落トレンド

ふつは、ブレイクアウト戦略のときに使います。
つまりドンチアン・チャネルと同じ使い方です。

HLバンドの計算式

HLバンドは、期間の高値と安値にラインを引いているだけで、特に難しい計算式はありません。

真ん中のラインは高値と安値を足して2で割ったものです。

HLバンドの一般的な使い方

(一般的=FXでの使い方)

ふつうはブレイクアウト戦略といって、トレンドと同じ方向にトレードするのが基本です。
レンジ相場のときは、HとLのラインを利用してトレンドと逆方向にトレードすることもできます。

トレンドと同じ方向にトレードする(トレンド相場のとき)


トレンドがちゃんとあるときに使います。

HLバンドのHバンドの上に長めのローソク足が出れば、強い上昇トレンドと判断して買いをします。
売りはこの反対です。

手仕舞いタイミングは、ローソク足がMバンドよりも下になったときなどに設定すればよいでしょう。

トレンドと逆の方向にトレードする(レンジ相場のとき)


トレンドがなくて、レンジ相場のときに使います。

ローソク足がHバンドに触って下がれば売り
ローソク足がLバンドに触って上がれば買い

というようにします。上の図のように幅もせまく失敗しやすいことが多そうですが、いちおうFXでもこういう使い方はあります。

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

海外バイナリーオプションではレンジ相場の使い方ができそうですが、どうでしょうか。

HLバンドでバイナリーオプションやってみた

ハイローアクティベータオーストラリアのクイックデモです。
ユーロ円の1分足を見ています。ちょっと上昇ぎみですが、過去を見ているとHバンドのほうに当たっては下がっているようです。
何度かこれが繰り返されれば「下」でいいかもしれません。

この前に1分のバイナリーオプションをしました。よかったみたいです。
次に「30秒のバイナリーオプションのほうがいいかな?」ともう一度エントリー。「下」です。

最初の1分は偶然の勝利という感じでした。
でも、次の30秒は「Hラインに触って下がれば下を買う」で良いようですね。

何度か「下」でよかったのですが、とうとうチャートは上昇しはじめました。

ブレイクアウトでバイナリーオプションをやると、勝率が下がったのはドンチアン・チャネルのときに経験しているので、これで終了にします。

何時間足が使いやすい?

何時間足でも使えます。
トレンドのあるときは、長期。
レンジ相場のときは、短期。
という使い分けもできそうです。

HLバンドの総評・まとめ

難しい計算もせずに、高値と安値を描いてくれるなら自分でトレンドラインを引かなくていいので楽です。

HLバンドにおける専門用語解説

HLバンド・・ボリンジャーバンドとかと違い、ただ高値と安値を描いている。難しいインディケータを使いたいというプライドを捨てれば使いやすい。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ