LRIの設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「LRI」(リニアリグレッションインターセプト、linear regression intercept)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

LRIはトレンド系インディケータです。

TICを導入していない人はコチラ↓

関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

LRIの入手方法と基本パラメータ設定


移動平均線のようなラインがLRIです。
LRFはチャートにぴったりくっつくように動きますが、こちらはずれた形になっています。
しかも、実際の値動きよりも遅れて動くので、一目均衡表の遅行線にと似た動きともいえます。

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「linear regression intercept(LRI)」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) LRI(線形回帰切辺、リニアリグレッションインターセプト)
入手場所 TICに標準装備
種類 トレンド系
英語表記 linear regression intercept
表示させる方法 メニューから選択

基本パラメータ設定

メニューをもう一度出して、「linear regression intercept」の名前の上をクリックすると設定できます。
特に変える必要はありません。

period 14
Displacement 0
Apply to Close

ラインの色の変更方法


LRIもLRFと同じように、上昇と下落の色が変えられます。
とても便利でトレンド分析がしやすいので変えておきましょう。

Parametersの下のStyle LRIのところで色などを変えることができます。

Color Uptrend 上昇時の色。上の図では変更なしで青になっています。
Color Uptrend 下落時の色です。ピンクにしてみました。
Size ラインの太さ。最初は1になっています。2にしてみました。

LRIとは


(このインディケータのもとになる線形回帰の考え方を図にしたもの。統計の分析方法の一種。
ある調査結果を点グラフにしたときに、どの点とも近い直線を描くように計算する方法)

LRFのダマシを減らすように工夫された線形回帰のラインです。

LRIとは

LRFのところで説明したように、チャートに記録されたどの価格とも近くなるようにラインを描くものですが、それを改良して前にずれる形になっています。

価格に対して敏感すぎるLRFに対して、位置をずらすなどの操作により売買のタイミング、シグナルをより正確に出そうとしたものです。

LRIの計算?

LRFとほぼ同じ計算や位置をずらす計算をしています。
複雑で、説明に何百文字も使いそうですのでこれで計算については終わります。

深く調べたい方は海外のサイトになりますが、計算式と説明がここにあります。

LRIの一般的な使い方


(上のチャートには比較のためにLRFも出しています。細くてチャートにくっついているのがそうです)

LRIでのFX売買

LRFとほぼ同じ考えができます。

トレンドを判断するのと、交差によって売買のタイミングをとらえる方法です。

LRFだと、ローソク足とラインはしょっちゅう細かく交差するので、判断するのに慣れが必要ですが、LRIはトレンドが強くなってから交差するのでダマシも減ります。
しかし動きは遅いので、敏感にチャンスを捉えるには不向きです。長期の売買で使った方がよさそうです。
ただし個人の意見なので、頭のいい方はいろいろと工夫して使ってみてください。

ローソク足がLRFより上にある=上昇トレンド
ローソク足がLRFより下にある=下落トレンド

※トレンドが発生しているとき、とちゅうでLRIの色が短期間だけ変わるときがあります。
こういうときは買い増し、売り増しのチャンスになります。
トレンドがいつ終わるかは難しいところですが、やはりLRIの色の変化か、ローソク足との交差で判断するのが無難でしょう。

終値が線形回帰ラインを上に抜けたら買いシグナル
終値が線形回帰ラインを下に抜けたら売りシグナル

LRIは海外バイナリーオプションに使えるか

LRFと同じように使えると思うのですが、チャートから離れているのでゆっくりとしたトレンド分析しかできません。

レンジ相場みたいなときには、ずれているというよりもローソク足とLRIが反対に動くようにも見えます。
そこで、レンジ相場のときに離れすぎたら戻るだろうという戦略にしてみます。

LRIでバイナリーオプションやってみた

1分足のチャートで、30秒~1分のバイナリーオプションをします。
レンジ相場だったのに少し下がり始めていたのですが、とりあえずこの後にLRIがすごく離れたら、「上」を買ってみます。

陽線が出始めてすぐに「上」を買ったら次のローソク足が下がり始めてしまいました。

負けてしまいました。
その前には「触ったら反対を買う」をやってみたのですが、こちらもうまくいきませんでした。

ずっと横ばいできれいにレンジ相場になっているときなら、もしかして勝てたかもしれません。
しかし元々そのために作られたインディケータでもないので、積極的に使う気にはなれないですね汗。

やはり長期のFXトレードで使うほうがよさそうです。

何時間足が使いやすい?

何時間足でも使えます。
ただしバイナリーオプション用にと1分足にしても、同じようにずれるので売買ポイントが掴めないまま終わってしまいます。

LRIの総評・まとめ

長期のトレンドが見やすい。
レンジ相場のときLRFはローソク足とからまってよくわからない状態になるので、そういうとき用にLRFと一緒に表示させて使うのもいいかもしれません。

LRIにおける専門用語解説

LRI・・LRFが前にずれた形をしたライン
LRF・・ローソク足にくっついているライン

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ