LRSlope(リニア・リグレッション・スロープ)の設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「LRSlope」(linear regression slope、リニア・リグレッション・スロープ
)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

LRSlopeは、オシレーター系ですがトレンドの強さもわかるインディケータです。
また、やたら素直にダイバージェンスが出るので面白いです。(そのぶんダマシが多い可能性も)

TICを導入していない人はコチラ↓

関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

LRSlopeの入手方法と基本パラメータ設定


(LRSlopeは下のところに表示されます)

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「linear regression slope
」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) LRSlope(特になし)
入手場所 TICに標準装備
種類 いちおうオシレータ系
英語表記 linear regression slope(リニア・リグレッション・スロープ)
表示させる方法 メニューから選択

基本パラメータ設定

メニューをもう一度出して、「linear regression slope」の名前の上をクリックするとParametersというのがあって設定できます。
特に変える必要はありません。

period 14
Displacement 0
Apply to Close

この下のところの「Color Uptrend」などで色や太さを変えることができます。
上昇と下落の色を変えると見やすいです。

LRSlopeの意味、特徴、計算式


ほかのリニア・リグレッション仲間と同じ図ですが、線形回帰といいます。これがこの仲間の出発点になる考え方です。
価格に一番近いところに線を引こうとしています。

このLRSlopeのLRまでが線形回帰という意味で、Slopeは傾斜という意味です。

LRSlopeとは

線形回帰にもっと計算を加えるほかの仲間と比べ、これは移動平均線を使います。
細かいことは計算のところで書くとして、以下のようなことがいえます。

オシレータ系としても使えます。
トレンドと同じ上下の動きをします。
特にダイバージェンスがさらっと出るので見やすいです。

LRSlopeの計算式?

一般に使われるLRSlopeは、単純移動平均線に対して線形回帰の傾きを足すということをします。
こちらも複雑ですので、深掘りしたい方だけリンク先を見てください。

基本の計算(エクセル)
MT4で使うものを世界中の人が作って公開しています。詳しく知りたい人、MT4でも使ってみたい人はどうぞ。見た目はMACDのようになっています。

LRSlopeの一般的な使い方

(一般的=FXでの使い方)

上の図では、上昇と下落の色を変えてみました。
ちょっと夏の虫みたいな組み合わせになってしまいましたが、これを使ってみましょう。

LRSlopeのFX売買

売られすぎ買われすぎも一応見れます。
それよりもトレンドの強弱を見たり、ダイバージェンスを見たりすると便利です。

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

海外バイナリーオプションのように数分でのトレードには、トレンド系のインディケータはそのままだと使いにくいです。
ダイバージェンスや強弱を見ながらいちおう使ってみましょう。

LRSlopeで海外バイナリーオプションやってみた

LRFも一緒に出しています。

ユーロドルの1分足で、ちいさいダイバージェンスがあったので赤い線を引きました。
上昇トレンドが終わりそうだと判断しました。

海外バイナリーオプションのチャートは大きく拡大されていて、見た目がすごい動きでも0.5pipsしか動いていないときがあります。
しかも数分間の判定時間だと、そのくらいの値動きでも逆転するのは無理なので、ハイローオーストラリアのチャートではできるだけ上がったところで下を買うことにしました。

一度、大きく下がってからすぐに上がりました。
これはベアトラップとかブルトラップとかいうのかもしれません。次に上がったときに下を買います。

勝てました。
このトレードでは、ダイバージェンスの直後の下げのときには出遅れて買えませんでした。
すぐに上昇しましたが、最近でもダイバージェンスを作るくらいの弱い相場だと判断して、下を買ってみたのでした。

こういうときも1分足だけでなく1時間足などのトレンドも確認しておかないと、すぐに1分足のトレンドが変わった時にパニックになりそうです。
上位の足(1分足なら15分足とか1時間足、日足などの長い時間の足のこと)のトレンドに戻る習性があるからです。

何時間足が使いやすい?

どの足でも使えます。
上に少し書きましたが、上位の足も同じLRSlopeを表示させてトレード前に見ておくようにしましょう。

LRSlopeの総評・まとめ

RSIでダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンスが有名になりました。

RSIのダイバージェンスよりも見やすい波が出るので、ちょっと使ってみようかなと思いました。

LRSlopeにおける専門用語解説

ダイバージェンス・・チャートとオシレーター系のインディケータの向きが違うこと。相場が反転する前兆といわれるが、ダマシも多い。
ヒドゥンダイバージェンスは最近の流行の手法。ダイバージェンスは上昇トレンドならチャートの上にラインを引いて分析するが、ヒドゥンダイバージェンスは下側にラインを引く。そのラインにダイバージェンスができたらヒドゥンダイバージェンス。意味は「トレンドが続く」。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ