MFI(マネーフローインデックス)の設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「MFI」(Money Flow Index)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

MFIはRSIのように買われすぎとかをみるオシレーターです。

TICを導入していない人はコチラ↓

関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

MFIの入手方法と基本パラメータ設定


(チャートの下に表示されるマネーフローインデックス。MFIと表示されます)

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「Money Flow Index」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) MFI(特になし)
入手場所 TICに標準装備
種類 オシレータ系
英語表記 Money Flow Index
表示させる方法 メニューから選択

基本パラメータ設定


メニューをもう一度出して、「Money Flow Index」の名前の上をクリックするとParametersというのがあって設定できます。
特に変える必要はありません。

period 14
Displacement 0

※下のほうで色を変えることができます。

MFIの意味、特徴、計算式

RSIやストキャスティクスにとても良く似ています。
これらの計算に出来高(FXだと価格更新回数)をとちゅうでかけてあります。

MFIとは

出来高と価格の変動をミックスしたオシレータということになります。
使い方もRSIやストキャスティクスそっくりなので、覚えやすいです。

出来高の概念が入っているので、相場の変動をより正確にとらえられるという考え方です。

MFIの計算式

ストキャスティクスに一工夫というイメージです。
それで出来高の要素がオシレータに加わるという感じです。

MFI = 100 – {100÷[1+(PMF÷NMF)]}

かっこの使い方が違ってたらすみません(笑)

TP=(高値+安値+終値)÷3
MF=TP×出来高(FXでは株のような出来高がないので、価格を更新した回数を使うことが多いです)
PMF=前日比でTPが上昇したn日のMFの合計
NMF=前日比でTPが下落または±0だったn日のMFの合計

nというのは、パラメータ(period)の数です。日となっていますが、日足でなくても一緒です。

MFIの一般的な使い方

(一般的=FXでの使い方)
ストキャスティクスなどと同じ使い方で、売られすぎ買われすぎを見ることができます。

MFIのFX売買

・MFIが20より下なら売られすぎ→ トレンドが上昇する可能性
・MFIが80より上なら買われすぎ→ トレンドが下落する可能性

それから、ダイバージェンスも使えます。

チャートが上昇しているのにMFIが下落していたら、下落トレンドになる可能性
チャートが下落しているのにMFIが上昇していたら、上昇トレンドになる可能性

※TICでは、20と80のラインが30と70に変わったりします。
詳しいことがわかりませんでしたが、その通貨ペアや期間にふさわしいラインの位置を割り出しているのかもしれません。
それでも、結構使えそうです。下の「やってみた」を参考にしてください。

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

オシレータとして普通に使えます。

MFIでハイローオーストラリアやってみた

売られすぎ買われすぎが海外バイナリーオプションと相性がよさそうです。
ユーロドルの1分足のMFIが、70よりも上に行っているのでまあまあチャンスということにして、下を買う予定にします。

70より下に行きそうなので、3分の下を買ってみました。

さっと下落したので、1分でもよかったなと思いながら判定時間を待ちます。

うまくいきました。
こういうオシレータは安定感があって使いやすいですね。ダマシには注意ですが。

何時間足が使いやすい?

何時間足でも使えます。

MFIの総評・まとめ

RSIなどと同じ感覚で使えるので、それまで不満がある人は一度使ってみてもいいかもしれません。

MFIにおける専門用語解説

出来高・・株式のばあい、誰が何株買ったということでその金額もはっきりしています。
しかし、FXは世界中からの注文がダラダラ入り続けるのでこのような金額は出ません。

そこでMT4などでは、「ティック更新回数」「価格更新回数」などといって、通貨ペアの値が変わったとき(取引が約定するたびに)一回と数えてそれを使っています。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ