MI(マス・インデックス)の設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「MI」(Mass index、マス・インデックス)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

MIはトレンド転換を見るインディケータです。

TICを導入していない人はコチラ↓

関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

MIの入手方法と基本パラメータ設定


下にあるのがMIです。

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「Mass index」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) Mass index(特になし)
入手場所 TICに標準装備
種類 オシレータ系
英語表記 Mass index
表示させる方法 メニューから選択

高値と安値を使っているところからオシレータ系と書いておきました。
でも高値と安値のEMIを出すのでトレンド系にも見えますね。

基本パラメータ設定

メニューをもう一度出して、「Mass index」の名前の上をクリックするとParametersというのがあって設定できます。
特に変える必要はありません。

作者の人によるとperiod(パラメータのこと)「25にしてください」だそうです。
そこで、MT4用のインディケータなどでもほとんどが最初から25になっていて、TICでもそうなっています。

period 25
Displacement 0

下のほうでは、色を変えることができます。
上昇と下落も色を分けることができますが、MIでは下落も上昇もトレンドが強ければ上に行ってしまうので慣れないと逆に使いにくいです。

MIの意味、特徴、計算式

移動平均線のうち人気のある指数平滑移動平均線(EMA)の考えと高値安値を組み合わせて作られています。

MIとは

値幅指数平滑移動平均というのがあって、これは高値と安値の差のEMAです。
これとふつうのEMAとの関係を出したものがMIです。

トレンドよりもシグナルを出すことを目的としていて、価格の変動が大きいほど上に行く
トレンドの転換点を教えてくれる(リバーサル・バルジ)

MIの計算式ざっくり

高値安値が元になっているっていうのをわかっていればいいと思います。


上の式は日本のサイトで見つけて書き写しました。(どこか忘れてしまいました)
ウィキペディアの図はお借りすることができるので載せてみます。

高値安値のEMAを普通のEMAx高値安値のEMAで割った数値を積み重ねていく、という意味の計算式です。

ウィキペディアにもマスインデックスの説明があります(英語)

MIの一般的な使い方

(一般的=FXでの使い方)
リバーサル・バルジという使い方が基本です。

MIのFX売買

MIが27よりも上に行ってから下がって、26よりも下に行ったらトレンドが転換する可能性が高い
(これがリバーサルバルジ、Reversal bulgeといわれるものです)
で、このときにそれまでのトレンドと反対に売買する

※上昇トレンドも下落トレンドも一緒です。

※26ではなく、26.5を使う人もいます。
※チャートには、21~23までしか表示されなかったりしますが、出るときはちゃんと27が出るのでそういうときにはチャンスです。

作った人は逆張り指標として紹介したそうです。また、MIそのものにはトレンドを予測することはできず、ほかのインディケータのダマシ回避に使うと言っています。
 

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

ここは正直に、作者のいうとおりリバーサル・バルジを使ってみます。

MIでハイローオーストラリアやってみた

ドル円の5分足で、ちょうど27の上から下に向かっていたので、ゆっくりと下がると想定して15分で下を買いました。
26というのが表示されないので、だいたいのところで判断しました。

あまりよくない場所で入りましたが、15分もあるからと気長に待ちます。

15分後、とても堅実な下落でびっくりしましたが、勝てました。

ハイローオーストラリアのデモ画面は、しばらくすると成績が消えてしまいます。
他の作業をしていてうっかり残すのを忘れてしまいました。
でもこのチャートでもちゃんと下がっていますね。

このときは運よくきれいなトレンドのうねりができていて、15分のバイナリーオプションと相性もよくてうまくいきました。
本口座ならもっとほかのインディケータと合わせて使った方がいいでしょう。作者もそれをすすめていますし。

また、はじめてのインディケータなので、いつもここではクイックデモでやっていますが、デモの使い過ぎは本口座での勘がにぶくなるので気を付けましょう。

何時間足が使いやすい?

何時間足でも使えます。
日足や週足でトレンド転換を予想するときも頼りになりそうなインディケータです。

MIの総評・まとめ

27から26に下がるなど、はじめてだと覚えにくいように思えます。
でも20より下とか80より上とかよく考えたら人気インディケータも覚えることがたくさんあるので、気に入ったら27という数字を覚えて使ってもいいのではないでしょうか。
(得意なインディケータと一緒に)

MIにおける専門用語解説

リバーサル・バルジ・・名前がカッコいい気もするけど、27だけ覚えていればなんとかなる。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ