OsMAの設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「OsMA」(MACDオシレータ)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

OsMAはMACDを加工したオシレーターです。

TICを導入していない人はコチラ↓
 
関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

OsMAの入手方法と基本パラメータ設定


(OsMAを表示したところ。MACDのオシレータという意味)
見た目はつまらなさそうなオシレータですが、わかりやすくておすすめです。

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など

チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「OsMA」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) OsMA(MACDオシレーター)
入手場所 TICに標準装備
種類 オシレータ系(MACDはトレンド系)
英語表記 Moving Average of Oschillator
表示させる方法 メニューから選択

基本パラメータ設定

メニューをもう一度出して、「OsMA」の名前の上をクリックするとParametersというのがあって設定できます。
特に変える必要はありません。

Short period 12
Long period 26
Signal period 9
Displacement 0
Apply to Close

OsMAの意味、特徴、計算式


MACDをもっと深掘りして分析しようという感じのオシレータです。
MACDには、主に使う「MACDライン」と「シグナルライン」のほかに棒グラフのような「ヒストグラム」があります。
で、OsMAはヒストグラムと同じです。

OsMAとは

国内FXなどのチャートでは「MACDライン」「シグナルライン」「ヒストグラム」の3つが表示されています。
しかし、MT4や一部のチャートシステムでは「ヒストグラム」がないことがあります。
(おまけに、MT4ではシグナルラインをなぜか棒グラフみたいに表示するためとても紛らわしいです)

TICのMACDは3つすべて表示できるのですが、ヒストグラムの部分だけをOsMAとして独立して表示できます。

OsMAは「MACDライン」と「シグナルライン」の差で、売られすぎ買われすぎをみるオシレータとしても使えます。

OsMAの計算式ざっくり

OsMA = MACD-シグナル

OsMAの一般的な使い方


(一般的=FXでの使い方)

OsMAのFX売買

売られすぎ買われすぎは、普通に使えます。

OsMAが上のほうなら買われすぎ
OsMAが下のほうなら売られすぎ
OsMAが0ラインを下から上に抜けたら買い
OsMAが0ラインを上から下に抜けたら売り

また、MACDとシグナルラインのゴールデンクロスよりも早くトレンドの転換を示すといわれています。

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

実際はMACDと見比べながら使う方がいいのかもしれません。
しかし、OsMAだけ表示したほうが見間違いもなく、やりやすいかもしれないですね。

FXと同じ考えでできると思います。

OsMAでバイナリーオプションやってみた

OsMAだけでやってみましょう。
どんなにうまく行きそうでも、こういうときはデモでやります。

ドル円で1分足をみると、OsMAがダイバージェンスになっているし、もうすぐ0ラインをうわ抜けそうにも見えます。
ただし1時間足などでは下降トレンド(このときはしばらく横ばい)なので、短時間の動きと思っておいて過度な期待をしないでおきましょう。
下のチャートが1時間足です。

まだかな~とふと目をそらしたすきに3本くらい陽線が立っていました。
しかも強い反動のようで長めの陽線の連続です。バイナリーオプションの大チャンスでしたね。
いかに忍耐と集中が大切かが身に沁みます。

反発上昇の最後くらいに気付いたので、30秒の上を1回だけ買います。

危ないところです。ローソク足も十字線になりました。それまでの強い陽線にならないようです。

このときでは最後のチャンスのようでしたが、勝てました。

何時間足が使いやすい?

MACDと同じなので、何時間足でも使えます。

OsMAの総評・まとめ


右側の値ですが、0ラインは必ずあるのですが、MACDをもとにしているので、上限の値も下限の値もありません。
そこで、いつもと違う大きすぎる値になったときは、市場で異常なことが起きていたりします。

OsMAにおける専門用語解説

OsMA・・MACDのヒストグラムと同じ。MT4にはないからありがたい。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ