PP(ピボットポイント)の設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「PP」()の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

PPは買われすぎとかをみるオシレーターです。

TICを導入していない人はコチラ↓

関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

PPの入手方法と基本パラメータ設定


(チャートにラインが引かれて、右側に価格を表示されます。これがピボットポイントです)

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「Pivot Points」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) PP(ピボットポイント、リアクション・トレンド・システム)
入手場所 TICに標準装備
種類 特に分類されてないですがオシレーター系のように使います
英語表記 Pivot Points
表示させる方法 メニューから選択

基本パラメータ設定


メニューをもう一度出して、「Pivot Points」の名前の上をクリックするとParametersというのがあって設定できます。
特に変える必要はありません。

Timescale 1day
Fit in chart「Formula」 (H+L+C)/3
Fit in chart「Calculation Method」 Classic

※Timescaleは、日足(1day)、週足(1week)、月足(1month)、が選べます。ふつうは日足です。
※下のほうは色を変えることができます

PPの意味、特徴、計算式

PPは、損切りや手仕舞いの位置を教えてくれます

・中心になる価格がピボットポイント(ピボットプライス)です
・上下に2つずつある価格がレジスタンスやサポートになります。

PPとは

前日の値動きから、当日の値動きの範囲を想定しましょうというものです

上から以下のラインが並んでいて、サポートやレジスタンスラインとして使えます。中心となるのは、ピボットポイントです。

ハイ・ブレイクアウト
R2(レジスタンス2)
R1(レジスタンス1)
ピボットポイント
S1(サポート1)
S2(サポート2)
ロー・ブレイクアウト

Rは普通のレジスタンスと同じ意味で、Sはサポートと同じ意味です。
もう最高にここを破ったらブレイクアウトだよね、というのでハイとローのブレイクアウトの値も出ています。

それぞれに近づくと抵抗があると考えます。
なので、使い方はオシレーターみたいに「R1に近づいたら買われすぎ」「R2に近づいたらもっと買われすぎ」のような感覚です。

※S1、R1、は違う呼び方をするところもあります。上にあればレジスタンスで下にあればサポートの意味は変わりません。

ブレイクアウトとは

PPの計算式ざっくり

長くなってしまうので、中心になるピボットポイントだけ書いて、あとはよさそうなURLを貼るので、追求したい方はこちらをお願いいたします。
前日の価格を使います。

ピボットポイント=(高値+安値+終値)÷3

ピボットポイントの計算(マネーパートナーズ)

PPの一般的な使い方

(一般的=FXでの使い方)
日足の終値や高値安値を計算して出すものですが、数時間で終わるデイトレードにも向いているといわれます。

PPのFX売買

これももとは先物取引のために考え出されました。
FXでもよく使われています。

ロスカット(損切り)や指値注文の目安に使います。

ハイ・ブレイクアウトを売りのロスカットにする
R2で売り
R1で売り
S1で買い
S2で買い
ロー・ブレイクアウトを買いのロスカットにする

※1にするか2にするかは、難しいです。テストをして実際に有効なほうを使うのが本当だと思いますが、最近のドル円のようにあまり値動きがないようならS1、R1を使うのがいいのかなと思います。
※ハイ・ブレイクアウトは買いの手仕舞いに、ロー・ブレイクアウトは売りの手仕舞いにも使えます。

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

前日の価格を使っているとはいえ、当日の1分足などでもその価格に近づくと跳ね返されたりするので、けっこう使えるはずです。
「PPに近づいたら跳ね返される、かも」という前提でやってみます。

PPでバイナリーオプションやってみた


オーストラリアドルの1分足が、ピボットポイントに近いので、S1かR1に近づいたら反対に行くという予想で、待ちました。
S1に向かっていますが、しっかり触らないので、近づいているときに待ちきれずに上を買ってみました。

下がり始めています。

1分足になるとこんなふうにぺちゃんこになってしまうので、見づらいですね。
とにかく値動きも少なく、おまけに下がっているようです。

やはり負けです。これはデモトレードです。

もう少しチャートが見やすいと良いですね。
縦の幅を最大にしてもこんな感じです。

何時間足が使いやすい?


上の図は、10分足です。
これならなんとか見れます。
何時間足でも使えるのですが、この10分足以上でないととても見づらいです。
海外バイナリーオプションでは、1時間、2時間取引もあるのでそれに使うとか、ピボットポイントを記録してMT4かなにかで見るとかそういう使い方がいいかもしれません。

PPの総評・まとめ

フィボナッチのように意識されるような価格になることが多いので、覚えておいて損はないかも。

PPにおける専門用語解説

PP・・トレンドラインを引くのが苦手な人にもいいかもしれません。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ