RVI(相対活力指数)の設定の仕方と使い方(トレード・インターセプターPC)

トレードインターセプター(Trade Interceptor)のインディケータ、「RVI」(あーるぶいあい)の導入から使い方、FXでの一般的な使い方とBOでの使い方を解説しますよ。(ここでは長いので「トレードインターセプター」をTICって書きますね)

RVIはストキャスティクスをちょっとアレンジしたオシレーターです。

TICを導入していない人はコチラ↓

関連リンク「TIC導入方法」

え、インディケータってなに?っていう人はこちら

RVIの入手方法と基本パラメータ設定


(チャートの下に表示されます。0ラインの上下を行ったり来たりしていますが、たまに上や下のどちらかに行きっぱなしになります)

入手場所とチャートに表示させる方法、英語表記など


チャートの下の「N」みたいな雷みたいなマークをクリック、「Add Indicator」をクリック、一覧が出るので「Relative Vigor Index」を選んで右下の「Add」をクリックすると出せます。

名前(別名) RVI(アールブイアイ、相対活力指数)
入手場所 TICに標準装備
種類 オシレーター系
英語表記 Relative Vigor Index
表示させる方法 メニューから選択

基本パラメータ設定

メニューをもう一度出して、「Relative Vigor Index」の名前の上をクリックするとParametersというのがあって設定できます。
特に変える必要はありません。

期間(period)は、いろいろなオシレーターで14のことが多いですが、こちらは10になっています。

period 10
Displacement 0

RVIの意味、特徴、計算式


(ストキャスティクスと比べています。下がストキャスティクスで、RVIよりも敏感に動きますがそのぶんダマシの可能性も高まります)

MT5の説明

RVIとは

ストキャスティクスをちょっとアレンジしたもので、使い方はストキャスティクスやRSIと同じです。
ストキャスティクスなどと違うのは、ラインが2本あることで、これがクロスすると移動平均線のゴールデンクロスのようになり、売買シグナルとして使えます。

RVIの計算式ざっくり

RVI=(終値-始値)÷(高値-安値)

「始値」のところを赤くしましたが、ストキャスティクスだとここが「安値」になります。
基本の違いはそこになります。
また、(高値-安値)ということは、最大の値動き幅になので、それに対してローソク足の本体の幅がどのくらいになるか?を出しています。

RVIの2本目のライン=1本目の4期間の加重移動平均線

RVIには2本のラインがありますが、1本目を出した後、その加重移動平均線を出すと2本目になります。
ただし期間は10ではなく4になります。

RVIの一般的な使い方

(一般的=FXでの使い方)
ほかのオシレーターと同じように使うほか、2本の移動平均線のように使えます。

RVIのFX売買

・赤のライン(1本目)を緑のライン(2本目)が上から下に突き抜けたら、売り
・赤のラインを緑のラインが下から上に突き抜けたら、買い

また、上や下に行きすぎれば売られすぎ買われすぎになりますが、めやすになる数値で頼れるものがないため、はっきりとどこからということができません。
TICでは、細かい設定は有料になるので、無料で使う場合はぱっとみの雰囲気で見るしかなさそうです。

海外バイナリーオプション短期取引での攻略法

2本のラインの交差があったときに海外バイナリーオプションをやってみましょう。
使い慣れないインディケータのテストなのでクイックデモを使います。

RVIで海外バイナリーオプションやってみた

ふつうの移動平均線ほどではないですが、2本のラインの交差というのはチャートがしっかり反転しないとなかなか出ません。
そうすると、バイナリーオプションを買うタイミングが遅れます。
はっきりと交差(クロス)してから、ちゃんと思った方向に行って勝てるまで5分くらいは待った方がいいのかなと判断しました。
なので、5分のバイナリーオプションにします。

この長い陰線が完成すると、RVIの交差もはっきりします。

いちおう買ってみましょう。「下」です。

残念ながら思い切り上昇。

負けです。5分だろうとなんだろうと、安定した下落ではなかったようです。

何時間足が使いやすい?

何時間足でも使えます。

・ストキャスティクスではチクチクした動きがダマシになるという考えが一般的ですが、これを逆手にとって逆へエントリーするサインだと考える人もいます。
ただしそうとう短時間で敏感にトレードしなくてはならないので、できる人だけに限られます。
そう考えると、滑らかな動きのRVIは誰にでも使えるといえます。
半面、滑らかすぎて敏感さがないので、バイナリーオプションではどうかなと疑問ですね。

RVIを短い足で使うときは、ほかのテクニカル分析も一緒に使うほうが良いですね(組み合わせるのは好きなもので良い)。

RVIの総評・まとめ

特に細かい設定のできない無料版のTICだと、ほんとうにざっくりとしか見られないので、掘り下げたい人には不向きかもしれません。

RVIにおける専門用語解説

ゴールデンクロス・・下のほうで移動平均線などの2本の線が交差すること。
下から上に抜けると買いサイン(買いシグナル)になるといわれます。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ