(単純)移動平均線のBOでの使い方と評価|MT4標準トレンドインディケータ

MT4のテクニカルツール、「(単純)移動平均線」の導入から使い道、BOでの使い方を解説しますよ。

MT4を導入していない人はコチラ↓
関連リンク「MT4導入方法」

(単純)移動平均線の入手方法と基本パラメータ設定


移動平均線は上の赤い線がそれです。
今回(単純)と付いているのは、単純じゃない移動平均線もあるからです。まずは「単純移動平均線」のことをわかっていればOK。

入手場所とチャートに表示させる方法

名前 単純移動平均線(Moving Average)
入手場所 MT4に標準装備
種類 トレンド系
英語表記 Moving Average
表示させる方法 「ナビゲーター」→「オシレーター」から「Moving Average」をチャート上にドラッグ

基本パラメータ設定

基本的にはこの表のようにパラメータ設定しておきます。

例えば、25日の場合は、以下のような設定。

期間 25
表示移動 0
移動平均の種別 Simple
適用価格 Close(終値を使う)
スタイル ダブルクリックして、好きな色、線の形と太さを選びます

(単純)移動平均線のパラメータで他によく使われるのは、5と75と200です。
よく使われるやつを太字にしてまとめておきましょう~。

・5
・25
・75
・200

バイナリーオプション的に有効なのは?


きゃべつは、75日と200日移動平均線を使って取り引きする事が多いです(´・ω・`) 上の図だと緑のが75日移動平均線。

緑の線で支えられているのが分かりますかね? こういう場面はかなり多いです。

ちなみに、これは何分足の話なの?と思うでしょうが、どの分足でも共通です。1時間足で私はいつもチェックしています

20日が黄色ので、これは取り引きでは使わないけど、一応基本的なので入れておくって感じですね。みんなも見てると思うので。

日数が増えれば増える程、抵抗の強さは増します。

ちなみに、私は全部の時間軸にすべて表示させていますが、

こんなふうに、設定ウィンドウの「表示選択」タブを開き、「すべての時間足に表示」のチェックを外してから「日足」のところにチェックを入れれば、その移動平均線は日足だけに表示されます。

ゴールデンクロスやデッドクロス分析とは?


さて、FXで使われる基本的な移動平均線の使い方をまずは紹介しておきます。

それは、ローソク足と移動平均線との位置関係でGC(ゴールデンクロス)DC(デッドクロス)を狙え!

というものです。

ゴールデンクロスというのは上の画像右下を見てください。 移動平均線に対して、ローソク足が上にクロスしていっていますよね?

デッドクロスは、逆に移動平均線に対してローソク足が下にクロスしています。

FXでは、このクロスを目印として取り引きを開始するのです!

何でかは分かりませんが、クロスしたらその方向にしばらく継続しがち って事なんでしょうかね(´・ω・`)

順張りは2種類あります

GCとDCをとらえる方法がこれ。天底の後、しばらくしたらGCやDCが確定するので、そこから順張りを狙うということです。
ここでは、1本の移動平均線とローソク足の関係です。

(もちろん「25本線と75本線がGC、DC」という使い方もできますよ!)

・【上】移動平均線が下降後、横ばいか上昇しつつある場面で、ローソク足が移動平均線を上抜ける
・【下】移動平均線が上昇後、横ばいか下降しつつある場面で、ローソク足が移動平均線を下抜ける

あと、トレンドが出ているときの押し目と戻りを狙うにはこんなコツがあります。

・【上】上昇トレンドのとき、一時的にローソク足が下がり、移動平均線に触れるか下抜けてしまったら押し目になる
・【下】下降トレンドのとき、一時的にローソク足が上がり、移動平均線に触れるか上抜けてしまったら戻りになる

特に、うまく戻りと押し目を捉えられたら、バイナリーオプションのスプレッド取引に有利になります。

逆張り

・【上】移動平均線が下降しているとき、ローソク足がもっと下に行ってしまったときに反動を狙う
・【下】移動平均線が上昇しているとき、ローソク足がもっと上に行ってしまったときに反動を狙う

これは、指標トレードでもよく見かける方法です。

相場判断

ローソク足が、移動平均線の上にあれば、上昇トレンド。
ローソク足が、移動平均線の下にあれば、下降トレンド。

ただし、レンジ相場のときは、上に行ったり下に行ったりですから、移動平均線がほぼ水平ならレンジ相場と判断します。

ローソク足が移動平均線と離れすぎているときには「買われすぎ」「売られすぎ」の判断もできます。さっきの逆張り手法が使えます。

移動平均線のバイナリーオプションでの攻略法

さて、FXでの基本的な使い方が長くなりましたが、じゃあ海外バイナリーオプション(短期取引)では使えるのか?

実際、移動平均線はかなり使えるので詳しく解説しますよ(。・ω・)ノ゙


移動平均線の使い方自体もいろいろなので、まずは一番シンプルで、かつ一番バイナリーオプション短期取引に使える最強の使い方を伝授しますね。

何がシンプルって、タッチしたら跳ねると思ってればOK

って事なのです。 この取引は、以前実際に取り引きで使ったキャプチャーです。(H1というのは1時間足の事です)

きゃべつは、移動平均線を20日・75日・200日の3本を入れて色を分けています。 (改めて記事を書くために調べたら25日の方が一般的っぽいから25日に替えようっと・・今まで20日は使えないな~って思ってたけどこれで解決するかも?)

タッチしたらそのまま下に突き抜けずに跳ねるわけだから、HIGHを狙えばいいわけですよね?

ああ、近づいてきてるな・・と思ったらHIGHを買う準備をして待っているわけです。


で、タッチしたと同時にHIGHを買えば、「この線よりも下に行かない」=勝つ~~という攻略法です。

簡単でしょ? もっと精密にやりたい場合はここら辺って所に仮で平行のラインを引いておき、そのまま5分足くらいに移動。 ラインは共通で残っているので、それを目安に細かい動きを狙うとよいでしょう!

この時の実践記事はコチラ

それ以外も、過去に移動平均線を使った取り引き記録が多数あるので見るだけで勉強になると思います。
>>移動平均線を使ったバイナリーオプション攻略記事一覧

オプションタイプ別(単純)移動平均線(単独使用)の評価

(単純)移動平均線を単独で使用した場合の評価です。
(ローソク足チャートは表示する)

10点満点です。

海外バイナリーでの評価

短期取引(30秒~5分) 7.0 シグナルが遅いため、移動平均線だけの判断は辛い。使うならパラメータを3や5と短めにするなど工夫が必要
15分取引 8.0 これだけでトレンドを把握し、エントリータイミングも図れる。1分足や5分足に表示させよう
スプレッド取引 8.5 順張りが有利なスプレッド取引のときにうまく押し目や戻りを見つけられる

国内バイナリーでの評価

2時間以上のラダー 9.5 買われすぎ売られすぎの判断、GC、DC、戻りと押し目、と見られるので必ず表示させたい
2時間以上のレンジ、タッチ 8.5 トレンド把握と、買われすぎ売られすぎを見るために表示させたい

(単純)移動平均線と一緒に使いたいテクニカル

一緒に使いたいテクニカル

オシレータ どのオシレータにも相性抜群。特にバイナリーオプションで使いやすいストキャスティクスと一緒に使うと楽
トレンド 他のものは表示させず、移動平均線を複数使うのが一般的。バイナリーオプションのエントリーなら5、25、75くらいで良い。一目均衡表やボリンジャーバンドを同時に表示する人も居るが上級者向きだし見づらい
ボリューム バイナリーオプションと相性の良いA/Dが良い。難しければ「Volums」にしても見やすい

一緒に使うときのコツ


オシレータは主に「買われすぎ売られすぎ」を見せてくれるので、移動平均線で判断したものに自信を持たせてくれます。行き過ぎのときの逆張りに使いましょう。

トレンドがはっきりと発生しているときは、押し目と戻りを見極めます。しかし、そういうときはオシレータも両端には行かず、真ん中あたりで反転するので、そこを狙います。(オシレータが両端に行くのを待っていてもうまくいかない)

トレンド系のものと一緒に使って、押し目や戻りのシグナルが同じところに出れば、勝てる確率も高まります。

(単純)移動平均線をBOに使ったときの総合評価|向いているかどうか

バイナリーオプションに向くインディケータといえるかどうか

バイナリーオプションに欠かせないトレンド分析用のインディケータです!欠点は、遅行シグナルであることだけ。それも平均値を出すという性格上、仕方のないことです。特に初心者のうちは必ず1本は表示させて、トレンドを見ながら勝負しよう!

計算式を一応

この式はむちゃくちゃ簡単です。
25移動平均線なら、ローソク足25本ぶんの平均レートなだけです。
式として書くと面倒くさそうに見えてしまいますが、いちおう。

n本ぶんの(単純)移動平均線の式ですよ~。

「価格(0)」というのが一番新しいローソク足の終値のことです。覚えなくていいけど(笑)

(単純)移動平均線 価格(0)+価格(1)+ ・・・・ +価格(n-1) ÷ n

なので、今のレートとスタート地点のレートの平均を出すだけです。

意味は、この期間に市場参加者が使ったコストの平均がこのくらいだよねということです。

だから、

心理として「この移動平均線の価格より下がったら損しちゃうじゃん!」とか誰かが考えてるぞ~

と推測できます。この例では、移動平均線よりも高い値段で買った人たちが恐怖にさらされているし、ストップロスを付けられそうだ(下がったらしばらく下かも)とか想像したりして(;^_^A

総合評価

メインのトレンド分析用に使える!エントリータイミングも図れる!
相場心理を読む訓練もできる。逆張り、順張りをマスターして使いこなそう!

ここに書いてあるだけでなく、個性的な使い方をどんどん見つけてくださいね!

バイナリーオプションランキングへ

↓ブログ村に再参戦する事にしました。目標500in!※1500in以上のブログは注意(*´ェ`*) にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

2位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

3位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

4位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

1位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

One Response to “(単純)移動平均線のBOでの使い方と評価|MT4標準トレンドインディケータ”

  1. 吉澤康夫 より:

    自分の先生は 5分くらいで 900万も
    利益出しました 方法を聞きました
    プロ中のプロです 個人投資家で日本で5番位に入ります 現在50億位になりました やはり勉強しないとこのクラスにはなれませんね

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
7位 プライベートオプション
最近できた(?)、シンプルで使いやすい業者!!
7位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ