バイナリーオプションでのプロフィットファクターの出し方と生かし方

よくFXで聞く「プロフィットファクター」ですが勝率よりもわかりやすくトレード成績を理解できるものです。
バイナリーオプションでもプロフィットファクターを出すと役に立ちます。

ここには、
プロフィットファクターがなぜ大切なのか
プロフィットファクターの出し方【保存版】
出したプロフィットファクターを今後のトレードに生かす方法
について書いてあります。

プロフィットファクターがなぜ大切なのか

自己のトレードを振り返るために、勝率だけでなくプロフィットファクターが必要です。
なぜでしょうか。

勝率の欠点

前に勝率の計算方法を書きました。
勝率の計算方法

すべてのトレードのうち勝ったトレードは何%だったかを知るためのものでした。
しかしそれぞれのトレードの際、ペイアウト率が違っていたり購入金額(掛け金)が違っていたりすれば勝率が高くても利益がマイナスということがありえます。

逆に勝率が低くても1回の掛け金が莫大だったおかげて一気に口座がプラスになるということもあるわけです。

そうなると勝率をチェックするだけでは、自分のトレードを振り返るためには材料不足ということになります。

プロフィットファクターが補ってくれること、メリット

プロフィットファクターは、勝った負けたではなく、利益と損失に注目した数値です。

なので、バイナリーオプションの本来の目的「利益を増やす」ことに直接つながります。
自分のトレードの反省をするときも目的を達成できたかどうかわかりやすいです。

あと、計算がすごく簡単なのがメリットです(笑)

プロフィットファクターの出し方


FXでいうプロフィットファクターと同じです。
上の図はジェット・オプションのログイン後の画面です。
SHORTなどそれぞれの取引履歴を出してプロフィットファクターの計算をします。
ちょっと面倒ですがメリットがあるので、がんばりましょう。

プロフィットファクターの計算式と意味

プロフィットファクター=総利益÷総損失

意味は、利益と損失を比べただけです。

1以上なら良い(利益のほうが大きい)、1よりも小さい数値になっていたら悪いということになります。

自分のバイナリーオプション口座の「取引履歴」から知りたい期間の利益か損失を出して計算していかないといけないので、面倒です。
しかし月に1回くらいでいいのでやりましょう。

総利益と総損失の出し方がわかりにくいので例をあげます。

【例】実際の取引履歴から総利益と総損失を出す


上のハイローオーストラリアの5回ぶんの取引履歴には転売もあるので、ちょうどいい例になりそうです。
赤い四角のところを使って計算します。

それぞれのトレードごとに利益または損失を出してから、全部足してプロフィットファクターを出します。
ペイアウト額から購入金額をひくと利益になりますが、損失のときなどは以下のようになります。

勝った時 ペイアウト額-購入金額=利益
負けた時 購入金額=損失
転売のあったとき ペイアウト額(転売の金額)-購入金額=損失または利益

※負けた時はほんとうは【ペイアウト額(0円)-購入金額=損失(マイナスになります)】という計算になるのですが、
あとでプロフィットファクターの計算をしたいので答えがプラスになるようにしてあります。
転売のあったときは、購入金額よりペイアウトが小さいときは損失、大きいときは利益にして計算します。

番号 ペイアウト 購入金額 計算 損益
4,000 2,000 4,000-2,000 利益2,000
204 2,000 204-2,000 損失1,796
2,000 1,000 2,000-1,000 利益1,000
858 1,000 858-1,000 損失142
0 1,000 (0-1,000) 損失1,000

で、

総利益 2,000+1,000=3,000
総損失 1,796+142+1,000=2,938

となります。

この例の5回のトレードのプロフィットファクターは
総利益 3,000円÷総損失 2,938円=約1.021
でした。

ギリギリで利益はプラスにできました!という結果です。
ちなみにこの5回の勝率は2÷5×100で、40%です。

勝率が低くてもいろいろで最後にはプラスになったわけです。
(この場合は的確に転売をして逃げたり、自信のあるトレードのときは投資金額を倍にした、などだったようです)

出したプロフィットファクターを今後のトレードに生かすには

例のところでも少し書きましたが、トレードのときに思惑と違っていたら素早く転売をするなどの行動でプロフィットファクターを高めることができます。
いつもトレードのときに何を考えて何をしたか記録しておいて、あとでプロフィットファクターを見ると「次もやるといいこと」「もうやってはいけないこと」がわかります。

プロフィットファクターと自分の手法を比べることで、もっと勝てる手法にすることができる

具体的に書き始めると長くなるのでそれはまたの機会にします。
でも、たとえばプロフィットファクターが良かったときに使ったテクニカルはいいぞとかそういうことがわかれば次につなげることができます。

結論とおまけ情報

もし上の例のトレーダーが「勝率が悪いから自分はもうダメだ」と思っていたとします。
でも、プロフィットファクターを出したことによって「転売がうまくできた!これからもやっていこう」「投資金額を倍にしたときは得意なチャート形状だった。もっと極めよう」などと思うことができます。

面倒ですがいろいろな期間で出してみるのをおすすめします。

MT4だと簡単にプロフィットファクターや勝率が出ます


FXのシステムなのですが、MT4での成績は下のメニューの「口座履歴」を右クリックして「レポートを保存」を選ぶと勝率もプロフィットファクターも計算して出してくれます。
上の例は、デモをやってみて出した結果です。
見慣れると便利なので、余計な話題になってしまいましたがおまけで書いておきました。

MT4は無料で入手できます。やり方はこちら 
その他の用語集はこちら

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ