Trade Interceptor(トレード・インターセプター)は使えるか?ダウンロードしました

よく聞くトレード用のチャートアプリ、「Trade Interceptor」が使えるのかどうか考えましょう。スマホアプリをダウンロードしてみました。

「Trade Interceptor」とは会社は違うけどMT4みたいに使えるやつです。スマホやタブレット向きかも。

為替市場の用語集はこちら

Trade Interceptorの基本的な意味

Trade Interceptorの読み方は、「トレード・インターセプター」です。

結論からいうと、使えます。
スマホ時代のFXアプリなので、外に出かけることが多い人には特に使いやすい。
でも英語と中国語2種しか対応していないので、中級者以上向きかも。


※ほかのブログやPC用のTrade Interceptorのブログで、日本語で表示されている画像があります。
私のTrade Interceptorが古いのかと思い、アプリを更新してみましたが、英語、繁体字と簡体字の3つしか出てきませんでした。

Trade Interceptorは英語でなんていう?

似た言葉 なし(インターセプターは迎撃機という意味です。なかなか攻めてますね、いや迎え撃っているのか)
反対の言葉 なし
英語 Trade Interceptor

Trade Interceptorの会社はブローカーさん。基本情報を書いておきます


作ってるのはFXブローカーのThinkMarkets(シンクマーケット)という会社。
なんかランキングでも★4とかで良さそうです。

ちなみにThinkMarketsで本口座を作ろうと思えばできます。
英語だけど(;´Д`)
で、このブローカーで口座を作ったら、Trade InterceptorでもMT4でもトレードできます。
(デモ口座でもOK)

Trade Interceptorの話の前に、ThinkMarkets社のこともさっと載せておきます。
MT4なら作っているのはメタクオーツ社です。Trade Interceptorを作っているのはThinkMarkets社です。
そんな感じでちらっと見ておいてください。

Trade Interceptorを作ってる会社 ThinkMarkets Group
会社の場所 オーストラリア
ThinkMarkets口座のレバレッジ プロ口座は400倍、スタンダード口座は30倍
ThinkMarketsの取り扱い通貨 むちゃくちゃ多くて、チェココルナなんてのもあります
その他 プロ口座は手数料が必要で、1ロット(10万通貨)あたり5ドルくらい。
スタンダード口座は0、ほかに海外独特の料金がかかります。

分析用にTrade Interceptorのデモ口座だけ作って見ている人も多いので、このとおりにFXをしなきゃいけないということはないです。
分析用だけならチャートを見ますから、英語ばかりでもあまり気にならないですし。

Trade Interceptorをandroidスマホにインストールしてデモ口座を作る

Googleプレイで「Trade Interceptor」と検索してダウンロードすればOKです。
appleならiTunesで探してください。
あと、ここからでもダウンロードできます。このページからはandroidにもiPhoneにもなんにでもダウンロードできるようになっています。

Trade Interceptorをandroidでダウンロードしたらこんな感じになりました

ダウンロードしたら、メールアドレスを登録して「デモ口座」を作っておくと便利です。
(使いたい人は、です。MT4で充分という人はMT4で良いと思います)


メールアドレスを入力して、パスワードを決めて「demo」って書いてあるほうをタップしたら、メールが届いて同時にアプリのほうではログイン状態になっています。

「demo」という文字を選ぶ画面を残すのを忘れてすみません。
見ればわかると思うので、間違えないように「demo」口座を作ってください(;^_^A

ログインできると、レート一覧が出てくるので、好きな通貨ペアをタップすると、チャートが下のほうに表示されます。
デモトレードしたいときは、この画面で注文します。

Trade InterceptorはFXでどう使われているか

最初に書いたように、スマホやタブレットのある時代に合わせて作られているので、スマホやタブレットと特に相性が良いです。

旅をしながらFXをしているという人のブログにも紹介されていました。

MT4のスマホアプリだと、殺風景というかインジケーターも表示できないのもあるし、なんか使いにくいと思っているなら試してみる価値があるかも。

Trade Interceptorは、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

まだ海外バイナリーオプション用に試してみてないので、面白いことがわかったらまた書きます!

Trade Interceptorまとめメリットデメリット

まとめとして、簡単にいいところとイマイチなところを上げておきます。
今回はちょっとダウンロードしてみただけなので、ほんとうに簡単ですが参考にしてください。

スマホアプリのTrade Interceptorメリットデメリット

銘柄とインディケータを眺めているだけでも楽しいかも。
まだよくわかっていないので、しばらくはデモ口座を使いたいと思っています。

メリット
動きが軽い
なんか見やすい(個人の感想です)
銘柄がびっくりするほど多い
アップルなどの株価のほか、指数、仮想通貨まである
テクニカルのインディケータがびっくりするほど多くて100個はあるらしい
(私のandroid用のアプリでは表示できないみたいでした、調査中です)
操作がMT4並みに楽
時間表示はなぜか日本時間(androidだけ?)

デメリット
日本語に対応していない
レートが他のブローカーと比べて開くことがある
まだ歴史が浅いので思わぬトラブルの可能性もあるかも

Trade Interceptorに関係する専門用語解説

Trade Interceptor・・最近流行ってるらしいトレードプラットフォーム。まだ未知数だけど使えそうな予感。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ