前日の高値と安値のラインで逆張り取引するテッパンの攻略法

今日は一番簡単で勝率の高い、前日高値のラインでLOW狙い、安値のラインでHIGH狙いの攻略法

もう、このやり方だけしかせずにじっくりやっていけば1年後には絶対プラスだよね?っていうもので結構凄い情報だと思うんだけどさほど話題にはならず(´・ω・`)

まあ、1日に一回あるかないか?っていうチャンスだからねぇ・・ しかもそれ自体が100%じゃなくてタイミング次第では負けるというね・・

でも、きゃべつは熱くならず、淡々とやってたら2.3倍くらいになっとりましたよ!

20170117a
てことでやり方を具体的に~(。・ω・)ノ゙

基本的には、最初に書いた通り、前日(月曜なら金曜日)の安値でHIGHを狙う。

1時間足とかで見てて、近づいてきたら、バイナリーオプションのページを開き金額とHIGHをセットして後は購入ボタンを押すだけの状態で待機。

20170117b
狙う段階になったら5分足とかに拡大。 1分足でもいい。

コツは、ファーストタッチを狙うという事と、ラインは目安という事。

この場合は、ファーストタッチでラインの下までいく勢いだったので丁度伸びきったあたりを狙う!

20170117c
我ながら凄いいい位置での約定フォー!! MT4の画面よりもちょっと遅れる印象なので丁度良く買えました。

HIGH狙いなので、ここで跳ねて上に行けばよいのです。 取り引きの時間は2分。 1分だとこの辺で揉み合ってるうちに負ける事があり、5分だと一度抵抗で跳ね返したのにまたライン越えをトライしにくるのに遭遇するかもしれない。 このやり方だとちょうどいいのが90秒か2分くらい。

20170117d
MT4の画面で数分後・・ラインへのタッチをきっかけに一度跳ね返されているのが分かりますね!

これはもらったでしょう~

20170117e
楽勝フォー! 少し遅れて113.620円くらいでスタートしても勝ってましたね

20170117f
その後の様子がコチラ。 結局ラインを下に抜ける結果になったわけですが、FXじゃないからそんなの関係ねー! このラインで抵抗があるという事を知っていることが大事なのです。 ちなみに「抵抗」というのは、下落している場合は、「この値に来たら買おう」と思っている人がいるとい事ですね。

安い時に買いたいわけですから、最安値はどこか?って考えた時に、心理的には前日の安値が一つの目安となるのは為替取引をしていなくても想像つくのではないでしょうか? そういう事~

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ