配当落ち・権利落ちとは? 金融用語解説

よく聞く言葉、株式用語の「配当落ち・権利落ち」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「配当落ち・権利落ち」とは株式の用語です。
配当金などを受け取れなくなった状態をいいます。

金融市場の用語集はこちら

配当落ち・権利落ちの基本的な意味

配当落ち・権利落ちの読み方は、「はいとうおち・けんりおち」です。

配当落ち・権利落ちの意味

配当落ち:配当金を取得できなくなった状態のこと。

株式を持っていると配当金というのがもらえることがあります。(貯金でいえば利子みたいなもの)
その配当金をもらえる権利を与えられる日が決まっています。
その日の翌日のことを配当落ち(日)といいます。

権利落ち:配当や株主優待を取得できなくなった状態のこと。

株式の中には、株主優待といって株主に向けてプレゼントを送ってくれるものがあります。
これは日本の株式独特のものですが、配当と同じでもらえる権利を与えられる日が決まっています。
その翌日が、権利落ち(日)です。

「権利」という言い方がなんにでも通じるので株主優待のときも配当落ちのときも、どちらも権利落ちということがあります。

配当落ち・権利落ちは英語でなんていう?

似た言葉 権利確定日あたりでしょうか。
でも権利確定日に株を買うと遅いです。
あとで書きます。
反対の言葉 権利付最終日は、もらえる日です
英語 Ex-Dividend
またはdividend off(米国で使われるそうです)※

※ 株主優待の権利落ちというのは英語ではないので、配当落ちという英語になります。

英語の意味が書いてあるようです。参考までに。

配当落ち・権利落ちのスケジュールとみられるところ


(損していても貰うと嬉しい株主優待)

配当落ち・権利落ちのスケジュール

このスケジュールが結構ややこしいですが、一度わかるとそう難しいこともないです。

下の表は例なので、本当ではありません。
まずは見かたです。見かたは配当落ちも権利落ちも同じです。

表には「権利落ち日」と書いておきますね(;’∀’)

(だいたいの株は同じような日になるのですが、銘柄によってはスケジュールが違います。株をやっている人はしっかり確認してくださいね)

12月23日(日) 12月24日(月) 12月25日(火) 12月26日(水) 12月27日(木) 12月28日(金)
権利付最終日 権利落ち日 権利確定日
表の見かた 
権利付最終日に株を持っていれば、株主優待や配当金を受け取れます。
権利落ち日には売っても大丈夫です。

権利落ち日や権利確定日に株を買っても何ももらえません。

配当落ち・権利落ちのスケジュールがみられるところ

証券会社の口座があればログインしたりして見ることができます。
また、証券会社がメルマガを送って知らせてくれることもあります。
そうでない場合は、以下のサイトなんてどうでしょうか。

株初心者向け楽しい株主優待&配当

配当落ち・権利落ちはFXに関係あるか?


普通、配当落ち・権利落ちをすると株価は下がります。
「株主優待と配当貰ったからもう売っちゃえ」というわけです。
反対にこのときに「押し目買いだ!」とやる人もいますが。

ではFXに関係するのでしょうか?

配当落ち・権利落ちとFXの関係

相当大きな時価総額(株数x株価)のものなら、売られたということは円が回収されたともいえるので、為替にも多少は影響あるはずです。
しかし、配当落ち・権利落ちの日に円があがったというのは聞いたことがないです。

為替は国際的な貿易のときに影響を受けるので、あまり関係なさそうです。

未来のことはわからないので、いつかよほど話題になるような株主優待があれば、その株を買うためにお金持ちが米国債を手放したなんてことが出てきてドルを動かすかもしれませんが……。

配当落ち・権利落ちは、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?


(シャイアー・ジャパンのホームページhttps://www.shire.co.jp/

FXにはあまり関係なさそうでした。
海外バイナリーオプションはもっと関係なさそうです。

ただし、海外の大きな企業を買収した企業があると「為替が動くのでは」と噂されますから、いちおう見ておいてもいいのかも。
日本株すべてがFXと無関係というわけでもなさそうです。
(武田薬品がシャイアーという企業を買収する話とか)

シャイアーという会社は珍しい病気に特化した製薬会社で、英国が本拠地みたいですからポンドの話題でよく出ます。でも、いつ両替をするかなど全然わからないので、ポンドが変な動きをしたらバイナリーオプションをいったん休むとか、そういう対策しかできないかもしれません。

うーん。パッとしない結論でした~。

配当落ち・権利落ちまとめ

為替とはあまり関係ないとはいえ、FXの人は株も同時にやる人が多いです。
一日間違うと優待や配当金がもらえないのは悲しいので、株に挑戦したくなったら思い出してください(‘ω’)

配当落ち・権利落ちに関係する専門用語解説

配当落ち・権利落ち・・この日に株を買ってももう遅い!

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ