公定歩合とは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「公定歩合」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「公定歩合」はFXで話題の「政策金利」とは違うので注意です( ゚Д゚)正直、いまFXやバイナリーオプションをするなら、そんなに覚えなくていい言葉ですがちょっと知っておくと役に立つかも。

為替市場の用語集はこちら

公定歩合の基本的な意味


(日銀ホームページ http://www.boj.or.jp/ さいきん見やすくなった)

最初に「政策金利」とは違うと書きましたが、昔は政策金利の役割をしていたのです。
今はそういう国は、スウェーデンくらいだと思います。

中央銀行が民間の銀行にお金を貸すときの金利だよ( ;∀;)
基準金利とか呼ばれることも。

これが世の中の利息のもとになるというので、昔は重要でした。

ちなみに制度が変わったので日銀はいまは「公定歩合」という言葉を使っていません。
そしてFXで注目される「政策金利」とは違うと覚えておけば正解です。

公定歩合は英語でなんていう?


(スウェーデン国立銀行のホームページhttps://www.riksbank.se/

似た言葉 基準貸付利率(公定歩合を今はこう呼びます)
反対の言葉 なし。市中の金利は対義語にはなるかも。
英語 Official discount rate

公定歩合操作とは?

日銀は今は、「公定歩合操作」とは違う方法をやっていますが、まだ有効な国もあると思います。
以下のような意味です。

公定歩合と民間の銀行の金利が連動する。
だから、民間の金利を動かしたいときに公定歩合を上げたり下げたりする。
これが「公定歩合操作」です。
・公定歩合を上げると=引き締め=景気の拡大しすぎを抑えることができる
・公定歩合を下げると=緩和=景気の拡大を促すことができる

上げたり下げたりした結果は、今の政策金利とまったく同じです。

日銀の公定歩合の歴史


(1994年からのドル/円のチャート。トレーディングビューよりhttps://www.tradingview.com/chart/

ずーっとずっと前にすこし書いたのですが、もうすこしスッキリまとめられるようにがんばってみます。

公定歩合の歴史

「金融政策」といえば「公定歩合操作」という時代だった
1994年 金融自由化が完了。
1996年 日銀が、「公定歩合操作を金融調節に使わない」と明らかにした
2001年2月(※) 「公定歩合」という用語の使用を終える
「基準貸付利率」と呼ぶことになった
2001年2月 で、「公定歩合」が象徴だけの存在になると同時に、「政策金利」と呼ばれるのは「無担保コールレートのオーバーナイト物」という金利になった

出典:金融マーケットハンドブック

※(証券会社のサイトで2008年から公定歩合がなくなったと書いてあるところもあります。経済の歴史家にでもならないかぎり、こだわる必要もなさそうです)

現在の公定歩合の役割

意外と知られていないのが、今も政策金利に関係しているということ。

ここまで「べつに覚えなくてもいいよ~」というノリで書いてきましたが、これだけ覚えておいてください。

・公定歩合(今は基準貸付利率という)は、今の政策金利の目標である無担保コールレートの上限を決める役割を持っています。

日銀が発表する政策金利は、基準貸付利率よりも上には行かないようになっているのです。
理由はややこしいのでスルーします。

公定歩合に関係する現在の状況ーFXでどう使われているか


(ニュージーランド中央銀行のホームページhttps://www.rbnz.govt.nz/

公定歩合操作は一部の国でしかやっていないので、FXの人はほとんど注目していません。
FXでよく使う通貨は、ドル、円、ユーロ、などですが、どこも公定歩合というのはメインにしていません。

各国の政策金利は、これ


(オーストラリア中央銀行のホームページhttps://www.rba.gov.au/

いろんな国でも、公定歩合を使っていましたが、今は、政策金利はこういうのをいいます。
銀行間でやりとりする超短期の金利って国がほとんどですね。

多くは一泊という期間ですが、ユーロは一週間ものという名前のとおり、やりとりする期間が一週間です。

いちおう、ニュースとかで出てくるといけないので、一覧にしておきますが、覚える必要はないです。たぶん。

言葉もわかりにくいですよね。

日本 無担保コールレートのオーバーナイト物
(無担保コールレートとだけいう場合もあるし、深堀せずに一回わかっておけばOKです)
アメリカ フェデラル・ファンド・レート(FFレート)
イギリス オフィシャル・バンク・レート
(商業銀行に対するもので、流れは公定歩合とちょっと近いかも)
EU 一週間ものレポレート
オーストラリア キャッシュ・レート
ニュージーランド オフィシャル・キャッシュ・レート

公定歩合は、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?


(イングランド銀行のホームページhttps://www.bankofengland.co.uk/

政策金利は気になりますが、さすがに公定歩合といういわば古い言葉は、バイナリーオプションではまず使いません。

公定歩合を教えます!みたいな変なサイトがあったらスルーしましょう。なんか絶対時間がもったいない気がする。

公定歩合まとめ

日銀みたいなえらいところが、世の中の銀行に貸す金利、でした。
日銀しだいで世の中の景気が変化したのでしょうか~。

昔は株価などにも影響を与えましたが、今はその役割は「無担保コールレート」に移っています。

公定歩合に関係する専門用語解説

公定歩合・・昔はスターだった。時代は変わるものですね。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ