レートチェックとは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「レートチェック」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「レートチェック」は日銀が、国内の銀行に電話などで「今の為替水準はいくらだい?」とたずねること。
「レートチェック」が行われると、一般に円安(ドル/円が下がる)になる。

え?それだけ?

いったいなぜそんなことになるのでしょうか。

為替市場の用語集はこちらへどうぞ
「レートチェック」は為替介入にも関係があります。為替介入についてはこちらを読んでくださいね!

レートチェックの基本的な意味

偉い日銀様からのチェックを受けるというのがポイントです。

日銀が、一般の銀行に「いくらだい?」とチェックを入れるということは、つまり「今の水準は気に入らないんだよね」と伝えているのと一緒なのです。

日銀がレートチェックをするのは、いうまでもなく「対円のドル」のレートです。バイナリーオプションのUSDJPYと同じです。

そして、銀行のみなさんはレートチェックがあると警戒するのだそうです。

別にレートチェックされた銀行の人が、叱られているのではないのですけど……。

日銀がレートチェックをする目的は「市場へのけん制」

なんでこんな恐ろしい(笑)ことをするのかというと、為替介入と同じような効果を狙ってのことです。

また、本当に為替介入の前段階のこともあり、レートチェックだけの段階では真相はわかりません。
それでも、為替市場を動かすだけの力を持っています。

為替介入は、実際に資金を為替市場に投入しなくてはなりません。予算が必要です。

しかし、レートチェックはただ電話をするだけです。

これが「市場へのけん制」として働きます。

けん制としての強力さは、この順になります。

レートチェック
口先介入

「口先介入」とは、政府のなかでも財務大臣のような偉い人が、為替に関する発言をして市場に影響を与えることです。口先介入でも弱いぞと判断されたときに、行われるのがレートチェックなのだそうです。

イメージと違うなと思ったのは、私だけでしょうか。

レートチェックの効果

民間の銀行が日銀からの電話を受ける、レートチェック。

レートチェックされた銀行は「日銀が介入の準備をしているのかもしれない」ということで、動きを取ります。

日銀が介入するとすれば、当然円売りですから、銀行は「ドル買い」をします。これで、実際に介入がなくても「対円のドル価格」が上昇するのです。

レートチェックはどんなときに行われる?

外国為替市場で、特にドル/円のレートが上下に激しく動いたとき(ボラティリティが高まるといいます)に、行われます。

特に、円高になると日本の経済に悪影響を与えるので、円高方向に激しく動いたときです。「口先介入では不十分だ」という判断がされたときに日本銀行の担当者が民間銀行の為替ディーラーに電話をするといわれています。

また、本当に為替介入をする前の段階として行われることもあります。

レートチェックがあると為替市場では介入の緊張感が高まる


すでに外国為替市場が、急に円高に向かっているなど不安感があるところに、日銀のレートチェックがあれば、民間の銀行の間には緊張感が高まります。

レートチェックのおかげで、民間の銀行は一方的な偏った取引をしないので、経済全体を守る働きもしています。

レートチェックは、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

海外バイナリーオプションで、ドル/円をトレードしているときはいちおうニュースくらいは知っておいたほうがいいかもしれません。

ただしレートチェックが行われたからすぐに「上」「下」という買い方はできません。

日銀がレートチェックをする前には、すでに何回も「円高になりすぎている!」というニュースをテレビでもインターネットでも、伝えているはずです。

特に日本のFX業者のYouTubeの番組など、1日1回くらい配信されるものでも充分、レートチェックの可能性を話してくれますから、わかりやすいです。

この判断方法なら、初心者にもできそうですね(‘ω’)ノ

バイナリーオプションをする時間に気を付ける


レートチェックのありそうな時期にバイナリーオプションをするなら、レートチェックのありそうな東京時間をさけてドル/円のトレードをするように気を付ければ良いでしょう。

日銀が動きそうな時間は、株式市場の時間よりも幅広いです。気を付ける時間は、これです。

平日 午前7:00~午後4:00 くらいまで

しかし、かならずしもこの時間ピッタリを過ぎれば安心ということではないので、前後1~2時間もいちおう気を付けておいたほうが良いです。

レートチェックと時間足の関係

レートチェックの噂が広まると、今は自動売買のシステムも働いて一気に円安(ドル/円が上がる)になります。

1分足でドカッと上がってしまうので、チャートを見てからトレードというのも難しいと思います。

調整も含みながら、しばらくの間は上がり続けるので、ちょっと落ち着いてから好きな時間足とテクニカルを使っていつもどおりの分析をして「上」を狙うのは、できそうですけど。

レートチェックまとめ

レートチェックは、直接はバイナリーオプションの利益につながりません。

でも、意味だけ知っておけばいざという時慌てなくて済むかもしれないですね(‘ω’)ノ

あと、今回は円高を警戒してのレートチェックをお話しましたが、政治状況が変わると円安のときにもレートチェックや為替介入があるなんて時代がくるかもしれません。こういうこともどこかの業者の動画で言ってくれるので、定期的に見ておくと良いですよ(‘ω’)ノ

週に1回だけですが敏腕ディーラーの志摩力男さんが出ているマネックステレビなんていいかもです。
他の動画はほとんどが株の話なのですけど。
マネックステレビ

レートチェックに関係する専門用語解説

レートチェック・・日本銀行が民間銀行に対して、現在の為替レートの水準を聞くことをいいます。
為替介入・・各国の中央銀行が、資金を使って為替市場を動かすこと
円高・・ドルに対して円が高くなる。FXチャートではドル/円が下がる。日本は輸出企業が多いので、円高になるとそのぶん利益が減る。
円安・・ドルに対して円が安くなる。FXチャートではドル/円が上がる。日本は輸出企業が多いので、円安になるとそのぶん利益が増える。

用語集も見てね。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ