ISM指数とは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「ISM指数」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「ISM指数」はISM景気指数とも呼ばれていて、アンケート調査で景気のよしあしを判別する経済指標です。

為替市場の用語集はこちら

ISM指数の基本的な意味


(全米供給管理協会のホームページ、なんか丸っこい四角のところにそれらしいことが書いてある気がする)

ISMというのは「全米供給管理協会」(Institute for Supply Management)というところが出している経済指標です。

ISMが発表する。
ISM指数(ISM景気指数)は、企業の購買担当者にアンケートして、景気がいいかどうかっていうやつ!
よしあしの判断は、50を超えたかどうか。50を超えていたほうが景気がよい
・製造業
・非製造業(サービス業とか)

昔は製造業だけだったし名前も違っていました。
ISMってなったのも2001年から。やっと非製造業もやるようになったのです。

覚えにくいISM指数のPMIとマークイットのPMI


ISM景気指数も「ISMのPMI」と書いてあるところがあります。
マークイット社のPMIのように企業の「購買担当者」にアンケートを取るので、PMIという呼び方は同じですが、調査機関が違います。

めちゃくちゃややこしいし、使い方も意味も違うので、ここでかたをつけさせていただきますよ(`・ω・´)

PMIは「購買担当者指数」
ISMは「協会の名前」で、ここでもPMIを調べるけど、調査範囲は全米で広いから、民間企業を絞り込んでみたいときはちょっと違ってくる。
マークイット社は、英国の企業だから調べ方は似ていても、雰囲気は違うよね。

民間企業の事が知りたいなら、マークイットPMIのほうが良い。
それに各国の比較もしやすい。なぜなのかは……マークイットPMIの記事も読んでね。

ISMのホームページ

ISM指数は英語で?

似た言葉 PMI。同じ意味で書かれてるときもあるのでややこしい。
シカゴとかマークイットとかいろいろあって困る。
日本だと日銀短観によく似てます
反対の言葉 なし
英語 ISM® Report On Business®(ISMのところでコピペしてみました)

ISM指数の発表時期、機関

発表機関 全米供給管理協会(Institute for Supply Management)
調査方法 製造業300社以上の購買担当者にアンケート調査
(非製造業のときは、ちゃんと非製造業にアンケートするよ)
発表日時 製造業は毎月翌月、第1営業日
非製造業は毎月翌月、第3営業日
調査内容 各企業の受注や生産、価格など10項目(新規受注、生産、雇用、入荷遅延、在庫)

アンケートは「良くなっている」、「同じ」、「悪くなっている」の三択。

いろんなISM指数というかPMIの違いをいちおう

まとめているほうもめんどくさくなってきたけど、これ見ておくとあとでスッキリすると思うから、みんなのためにがんばってまとめるよ……( ノД`)

よく使うやつだけで、ここまで書いたことと重なるところもあるけど一覧にします。

ISMのPMI 全米を調べるし、月で一番最初の営業日に発表されるから注目される
シカゴPMI シカゴ購買部協会がアンケートを取る。シカゴ地区だけのPMI。全米に比べると注目度が下がる
マークイットPMI 英国のマークイット社が世界中の国を調べるPMI。民間企業中心。それなりに使い道がある

ISM指数はFXでどう使われているか

前の月のアンケート結果が、月の最初に発表されるのは速報性の高い指標ってことで注目されます。
「先月どうだったかな?今月はどうトレードしようかな?」
と考えるトレーダーにとって大切です。
つまり、長期のファンダメンタルズを見るトレーダー向けという感じでしょうか。

雇用統計みたいに指標発表の瞬間にトレードする話はあまり聞いたことがないです。

ISM指数が発表された時のドル/円の様子


(2018年9月4日発表のISM製造業指数。
みえにくいけど、青い縦線のところです。

日本だと23時で、その前にはアメリカの利上げが終わるかもというニュースなどで売られていました。このときはすごくISMが良かったので、発表のときはポーンと買われたのです)

ISM指数は、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?

上のFXのところで紹介した、9月4日はすごく良い数値でした。
それで、チャートのように動いたのですが、普通は結果が出てからトレードしていると出遅れて失敗します。

9月4日のチャートなら、上がりきったところを見て「下」を買うなどの工夫が必要です。

ISM指数まとめ

アメリカの経済指標だけ考えるなら、ISMは国の景気全体を見るのですごく大切です。
知っておいたほうが良いタイプの経済指標。

ISM指数に関係する専門用語解説

ISM指数・・政府っぽい雰囲気を持った景気調査。アナリストも結構見てる。
マークイットのPMIの記事も読んでね

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ