ダウ理論とは? 為替・金融FX用語解説

よく聞く言葉、「ダウ理論」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。

「ダウ理論」は、チャールズ・ダウさんがまとめた相場格言みたいなやつと、テクニカルっぽい考え方の総称です。本とか難しそうですよね。

為替市場の用語集はこちら

ダウ理論の基本的な意味


(NYダウの日足チャート)

ダウ理論は、チャールズ・ダウさんの考えをまとめたものなので、全部細かく見ていくとしんどいですので、あとでサラっと整理しておきます。
それから、今も使われているアメリカの「ダウ・ジョーンズ平均株価」(NYダウ)を作ったのもチャールズ・ダウさんで、ダウ理論が元になっています。

チャールズ・ダウ
チャールズ・ダウ(Charles Henry Dow)wikipedia

ダウ理論とは

基本というか元になる考え方は、

「いろんなことは全部価格に現れるよね、だから平均価格に現れるよね」
「特にその日一日の集大成である終値って大事だよね」

というものです。
そこからどんどんサイクルだとか難しいことに進んでいきます。

ダウ・ジョーンズ平均株価(NYダウ)とは


「ダウ工業株30種平均」ともいって、30の主要な企業の株価の終値の平均です。
(ダウ理論では終値が大切らしい、正確には終値の平均を指数化したもの、、、、読まなくて良いです汗)
「ニューヨーク・ダウ」「NYダウ」「ニューヨーク平均株価」とも呼びます。

チャールズ・ダウさんの時代は、ほんとうに工業株だけで構成されていたのですが、今はこの30種の中にはappleの株も入っています。
時代とともに入れ替えされていくのです。

他に「輸送株20種平均」とか「公共株15種平均」というのもあります。チャールズ・ダウさんは重視していましたが、最近はあまり話題にならないですね。

日本でも早朝の経済ニュースでは必ず「今朝終了したニューヨーク市場でのNYダウの終値は〇〇ドルでした」って言ってますね。
世界中の相場関係者にとって重要な指数なのです。

ニューヨークの証券取引所
ヤフーでNYダウ

ダウ理論で大切とされる要素

こんなことを重視してますよ、ってことでいちおう書いておきます。
なんとなーくどんな理論か雰囲気をつかんでね。
ちなみにダウ理論は、株の相場を分析するために作られたので、日足を使っています。

とはいえダウ理論はFXでも使えますしどの時間足でも使えます。

1、平均価格
2、トレンド(長期トレンドに注目)
3、出来高
4、レンジとレンジブレイク
5、トレンドの終わりと転換

元の考え方は、日足なので長期トレンドを中心に書かれていました。
あとエリオット波動っていうのとゴッチャにされることも多いですけど、エリオット波動を作った人はエリオットさんです爆

ダウ理論の内容まとめ

チャールズ・ダウさんはいろいろなことを考えて発表した人なので、全部追いかけると大変です。
主なもので今もよく使われている考え方を下記のページなどを参考にまとめさせていただきました。
(ダウ理論)

これも日足の株価のことを分析する用です。あとでFXとバイナリーオプションの応用方法も書きますね。

理論 意味
平均価格はすべての出来事をおりこむ 売り買いした人々の行動は平均価格として最後には現れるんだよ、というので終値の平均価格を重視しようね、ということ
トレンドは3つある 1、プライマリーサイクル(1年以上の周期で20%以上の価格変動がある、長期トレンド)
2、セカンダリーサイクル(3週間~数か月の周期、プライマリーサイクルの調整)
3、マイナーサイクル(数日間の周期、セカンダリーサイクルの調整)
この3つあるよ、ということ
平均価格は2つ確認する 工業平均と鉄道平均が同時に上がってはじめて上昇トレンドという(下の注1を読んでね)
レンジが破られることがある ずっとレンジで、その後動き出すと動きも大きいよね、ということです(注2を読んでね)
トレンドは転換が決定的になるまで続く トレンドが続くか転換するかは、途中ではよくわからない。テクニカルで見て決定的だというところまで立場を変えないほうがいい、ということ

注1 鉄道の株は現代ではあまり比べられなくなりました。鉄道よりもIT関連のほうが重視されていますよね(‘ω’)ノ

注2 レンジっていうのは、チャートが横横っと横ばいの状態です。ダウ理論だと「ライン」と呼ぶのですが、レジサポラインとかと間違えそうです。
それが長いと動き出したときにドカーンってなるのは経験したことがあります。パソコンでぱぱっとチャートを見ることのできる時代よりもっと前に、チャールズ・ダウさんは気がついていたのですね。

注3 ダウ理論は日足の株価の話です。でも、FXで1分足のスキャルをするときも終値を使ったインジケータを見てる人いっぱいいますね。

ダウ理論に関係する現在の状況ーFXでどう使われているか


(ニューヨーク証券取引所のNYダウのチャート)

上の「注3」でも書いたのですが、日足で考えられたダウ理論は、FXの1分足でも基本的には通用します。

「工業平均と鉄道平均を同時にチェックするべきだ」という関係なさそうなのもありますが、これは「ドル/円とユーロ/円って、ふたつとも見ておいたほうが良いよね」ってのと同じだと思いますよ(‘ω’)

ダウ理論の全部が、FXでも使えます。
あとたぶん、テクニカル分析にハマりやすいといわれる仮想通貨のトレードにも使えると思います(想像)。

トレンド転換の見かたも「戻り高値」がどうのこうの、ってあるのでまた書きます。

ダウ理論は、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?


「いまってどんな相場かな~?雰囲気どうかな~?」と、全体像を見たいときには、上に並べたダウ理論の全部の考え方は大切だと思います。

上の図は、終値のところにラインを引いてレジサポラインのトレードをしているところ。

ダウ理論のなかでバイナリーオプションに使えるものはある?

基本、売買シグナルとしては遅いので、そのままでは使えません。
バイナリーオプションの「上」「下」の瞬間を見つけるためには、鉄道の株価を見てもしょうがないし、これが使えるんじゃないかな?

・終値を重視する

バイナリーオプションって結局、自分がやりやすい方法を見つけるというゴールに向かっていくのだけど、終値に水平ラインを引いて、それでレジサポライントレードしている人多いですよ。

ダウ理論何時間足が使いやすい?

日足で考えられたダウ理論ですが、何時間足でもこの考えを基本にしたテクニカル分析ができます。

ダウ理論まとめ

「フィボナッチの61.8に来たから上!」みたいにキレイに「今だ~」と教えてくれるものではないです。
チャールズ・ダウさんは、相場に対する基本姿勢みたいなものを伝えたかったのかな、って思います。

「戻り高値がどうのこうの」っていうトレンド転換については、今度書きます(‘ω’)ノ

ダウ理論に関係する専門用語解説

ダウ理論・・ちょっとひとことで「こういうやつだよ」って説明するの難しいですよね。でも使える。
チャールズ・ダウ・・職業は新聞記者。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ