調整(為替での調整相場)とは?

よく聞く言葉、「調整(相場)」の意味を初心者の方向けに解説しますよ。相場って上昇していても、下がっては上がって、って進んでいきますよね。

為替市場の用語集はこちら

調整(相場)の基本的な意味


(上のチャートの赤い丸は、調整相場といっていいと思います。でも、最近の下げである青い丸の中は、調整相場なのでしょうか?

「調整」というとどんな分野でもいいますが、「調整相場」のように為替市場で使うことにしぼってまとめましょう。

主に上昇トレンドの中の下落のこと。
そのまま下がっていくのではなく、また上昇トレンドに戻っていくときにいう。

とはいえ、いま下がっているのにまた上昇トレンドに戻るかどうかはわからないことも多いですね(;^_^A

調整のないような相場は、政治や金融政策が理由で一気にかけのぼるときがあります。

調整(相場)は英語でなんていう?

似た言葉 調整局面、調整過程、市場の調整、ほかに押し目、もそうかな?
反対の言葉 上昇相場、安定した相場
英語 accommodation(調整)

調整(相場)のテクニカル分析


(この上のチャートが、ドル/円の週足。2012年と2014年に、それぞれ政治と金融政策が理由でほとんど調整なしの上昇相場になりました)

調整(相場)のテクニカル分析いろいろ


(上のチャートは、移動平均線を2本、比べたもの。近づいたときが調整)


(上のチャートは、ボリンジャーバンドとオシレータ)

離れていた移動平均線が近づく、触る 長期、中期、短期の移動平均線を出している人が多いです。これの感覚が広がっているときは強い上昇トレンドです。
たまに狭まると「調整」といわれます。
ボリンジャーバンドが狭くなる ボリンジャーバンドの理屈は、もともとは移動平均線と同じです。
それで、上昇トレンドのときは広がっていますが、調整が来ると狭くなります。
オシレータが下がる RSI、ストキャスティクス、などのオシレータは、上昇トレンドのときは上にあります。
それが短い間だけ、すこし下に下がると調整のときが多いです。
そのまま下がってしまうようなら、買いをストップしたほうがいいことがあります。
ローソク足が陰線 日足などで、それまで陽線が続いていたのに、陰線が出ると調整ですが、それが何本続くかはわかりません。
よく日足で3本以上続いたら危ないという人もいます。
(為替は急なニュースで)

それじゃどうなれば下がり始めなのか、ってことが気になります。
調整だと思ってどんどん買っていたら下がってしまった、という失敗を防ぎたいですよね。しかし。

下がり始めのときは、オシレータが下がっていったりするのでなんとなくわかりますが、完璧に予想する方法はありません。

普通に見ていて、「上がりすぎてるな」、という感覚が意外と当たっていたりしますが、毎日チャートをみていないと感覚も鈍って当たらなくなります。

※ボリンジャーバンドは、調整のとき以外でも狭くなるので気を付けましょう。

調整(相場)に関係する現在の状況ーFXでどう使われているか

調整相場では、買いをしていた人はじっとがまんするか、つなぎみたいなことをしています。
また、買い増しといって、少し安くなったのでポジションを増やしてもっと上がったら儲けようと考える人もいます。

両建てとつなぎ売り

調整(相場)メカニズム

相場にはそれじたいが調整機能を持っているといわれます。

そういえば、ある品物の需要と供給を考えてみるとそうかもしれませんね。
どんなに欲しかった品物も、もう持っているのにまちにたくさん売れ残っていればうんざりします。そして値が下がります。

為替もそうなので、人気が一時的に落ちて調整相場になることはあります。

調整(相場)は、海外バイナリーオプションにどう関係するか?使い方は?


(バイナリーオプションで使えそうなところ。調整のところを狙うので、下を買うことになる。
ただし、実際にやろうとすると、自分なりの得意なテクニカル分析や銘柄などがはっきりしていないと失敗の連続になる。
デモで練習するといいです)

バイナリーオプションでは、テクニカル分析をしていて上昇トレンドだと思ったら、行き過ぎたところの反転を狙うことが多いです。

上昇トレンドの調整を狙うってことなので「下」を買います。

短い間だけ思い通りの方向に行ってくれればいいので、やりやすい戦略としてみんなやるみたいですね。

調整(相場)とダウ理論、エリオット波動論

ダウ理論とかエリオット波動論は、上昇トレンドの波のことを説明しています。

これで調整相場かどうかをみるという考え方もあります。
エリオット波動のbは調整だよね、っていうやつですね。

深堀したい方は過去記事もみてくださいね(‘ω’)ノ

ダウ理論
エリオット波動論

調整(相場)まとめ

ふつうは上昇トレンドがあれば、調整ってあるものです。
その調整のタイミングをつかんでスキャルピングをするFXの上手な人もいますよね。
この感覚が鋭い人は、バイナリーオプションも上手そうですが、どちらかの得意な人は見たことがありますが、両方華麗にこなす人は、まだ見たことがありません。

いるのかな?

また、下落トレンドの調整は「戻り」などといいます。
考え方はすべて上昇トレンドと反対に考えれば大丈夫です。

調整(相場)に関係する専門用語解説

調整(相場)・・上昇トレンドのとちゅうで下がる相場。
上昇トレンド・・上がり続けている相場。

海外のバイナリーオプション業者、どこで始めたらよいのか分かりませんよね?

口コミを調べてもイマイチなんだか・・

ここでは私が実際に使った出金経験なども踏まえて初心者向けにランキング化したものです。 

メルマガ配信などがきちんとされていて毎日スタッフさんが身近に感じる・キャンペーンなどが頻繁でサイトが動いている・活性化しているような点も重要ですし(これは実際に登録しないと分からない事ですよね) 

ハイローオーストラリアのように絶対的な信頼を得ている会社の大きさのようなものも重要ですね。 個人的にはハイローのチャートシステムよりも、細かい動きの方が好きなのでそれも考慮に入れています(。・ω・)ノ゙

おすすめのバイナリーオプションランキングです。

1位

244pt

UP

TRADE200

他には無い、ペイアウト率200%の取引「リターン200」で話題の海外バイナリーオプション業者。

2位

889pt

UP

ハイローオーストラリア

倍率2倍!途中売却や出金面で評判高い!

3位

450pt

UP




ソニックオプション

ソニックオプション(sonicoption)は新しく業界へ参入した海外業者になります。

4位

355pt

UP

The Binary

出金条件が低く、初めてのバイナリー挑戦者に人気の業者。
サポート対応も早いので、安心した取引ができることも人気の一つでしょう。

4位

701pt

UP

JETOPTION

きゃべつが使ってるサイトです。 出金の経験もありオススメ度高し


by.海外バイナリーオプションランキング委員会作成。

コメントを残す

サブコンテンツ

バイナリーオプション業者ランキング

業者ランキング

1位 TRADE200
他にはない取引「リターン200」が話題の業者。
2位 ハイローオーストラリア
倍率2倍!途中売却など評判高い!
3位 ソニックオプション
おすすめのサイト!
4位 TheBinary
出金最速の安心業者で今注目!
5位 JETOPTION
キャベツが今使っている業者さんです。
6位 Binary30
旧GMOクリック証券と同じシステムを採用。

バイナリーオプション関連Twitter

このページの先頭へ